マイナポイント活用法は?得する方法や子どもの分を調査

ニュース

2019年10月1日に消費税が10%に増税したことを受け、景気の悪化を緩和させる為に“キャッシュレス還元”という対策が取られていました。対象店舗でクレジットカードや電子マネー決済で支払うと最大5%が還元されるシステムになっていましたが、2020年6月末をもって終了することになりました。

キャッシュレス還元が終わった後はどんなシステムになるのか、またマイナポイントはどのくらいお得に使えるのかを調べました。

マイナポイントとは?なにがお得になるの?

マイナポイントとはキャッシュレス決済を通して獲得できるポイントのことです。国から消費者へ直接付与されるものではなく、PayPay等のキャッシュレス決済を使うことで付与されるポイントになっています。

増税直後はキャッシュレス還元が組まれていましたが、今後はキャッシュレス決済を利用している消費者を対象に、2020年9月から2021年3月末までの約7か月間、「マイナポイント」が付与されることになりました。

マイナポイントの還元対象となる決済事業は2020年2月に総務省から発表があり、現在分かっているだけで「PayPay」「メルペイ」を始めとした複数の決済事業が発表されています。

マイナポイントを貰うには申請が必須で、マイナンバーカード・マイキーID・使っている決済事業のセキュリティコードが必要になります。

マイナンバーカードはプラスチックで出来ているカードの事で、紙で出来た通知カードとは異なります。マイキーIDはマイナポイントの付与を受けるにあたって必要なIDになります。

マイナポイントの付与率は25%なので、2万円のお買い物をした際の負担額は1万5000円になります。

得をする使い方は“チャージでポイント還元を受ける方法”が良いとされているので、上手に使って積極的にポイント還元の恩恵を受けましょう。消費税増税と共に開始したキャッシュレス還元のサービスとは別物なので、間違えないように下調べをしっかりとしていきましょう。

また、マイナポイントとは別に「自治体ポイント」なるものが存在します。

どちらのポイントも国が付与することになっていますが、ポイントの使用方法に違いがあります。「自治体ポイント」は名前の通りで、地元のお店などにしか使えないため使う場面が少なく、大手チェーン店などでは使えません。

「マイナポイント」は国が主体となっているので、決済サービスの残高と同じ扱いになります。そのためキャッシュレス決済が対応しているすべての店舗・施設での使用が可能になります。

実際に使用可能になるのは9月からですが、早めに申請して準備しておきましょう。

子どものポイントは?

ここで気になるのは子供のマイナポイントの予約・申し込み方法です。マイナポイントの付与に対する年齢制限は無く、小さい子供も対象に入っているので最大5000円相当のマイナポイントが貰えます。

15歳未満の未成年者の予約・申し込みの手続きは親が行い、子供分のマイナポイントを受けることができます。4人家族の場合、ポイントの恩恵は5000円×4人分となるので家族がいればいるほどお得に使えるシステムになっています。

子供への付与はありがたいことですが、マイナポイントにはデメリットが存在するのも事実です。家族全員分のマイナポイントを1つのキャッシュレス決済サービスに合算付与することができないので、親とは異なる決済事業を選択しなければなりません。

別のキャッシュレス決済に登録して還元先を変えなければならないため、手続きが面倒になってしまいます。

プリペイドカードや前払いシステムの電子マネー(nanacoや楽天Edyなど)を持たせることで、キャッシュレス決済に登録できない年齢の子供でもマイナポイントを受け取ることが出来るのでおすすめです。

マイナポイントの申請は簡単ですが、マイナンバーカードが必須になるのでお手元に無い場合はマイナンバーカードの作成からになります。申請から受け取りまでに最短1か月以上の時間がかかるので、持っていない方は早めにマイナンバーカードの作成をしましょう。

ちなみにマイキーIDを使う際、パスワードを3回連続で間違えると不正防止の為ロックがかかってしまいます。

ここで使うパスワードはマイナンバーカードを受け取った時に自身で設定した暗証番号(数字4桁)なので、うっかり忘れてしまわないよう注意が必要です。

ロックを解除する際はお住まいの市区町村窓口にて行うことになるので、設定した暗証番号はしっかり覚えておきましょう。

小さな子供がいる家庭は食費や勉強代にとてもお金がかかるので、1人あたり最大5000円のポイントはゲットしておきたいですね。

まとめ

マイキーIDはスマホアプリやパソコンを使って自宅からでも発行することが出来るので、早めの準備をおすすめします。

マイナポイントの申し込み開始日は7月1日、ポイント事業の開始は9月1日となっています。7月1日~8月31日にチャージや支払いを行ってもマイナポイントは付与されませんので、申請後は9月1日まで使わずに持っていましょう。

キャッシュレス決済に登録していない方は、マイナポイントを機にキャッシュレス決済に触れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました