UMMM脱退続出、理由は? YouTuberはなぜ脱退を選ぶの?

ニュース

人気のYouTuberの大半がこれまで所属していたUMMM株式会社。実は最近、このUMMMを脱退するYouTuberが急増しています。

しかも、脱退する人たちの中にはチャンネル登録者を数十万、数百万人規模で抱えるトップYouTuberも含まれています。

人気YouTuber脱退の裏側には一体どんな理由があるのでしょうか。そして、これまでYouTuberの活動を基点にビジネスを拡大してきたUMMMの今後はどうなっていくのか、気になるところです。

今回の記事ではUMMM脱退急増の裏側に迫りたいと思います。

脱退したYouTuberはだれ?なぜ脱退した?

UMMMから、数多くの人気YouTuberが脱退しています。脱退したYouTuberの一例を見ていきましょう。

チャンネル登録者が100万人を超える規模のYouTuberでは、「ヴァンゆん」「木下ゆうか」「関根理紗」「エミリン」「すしらーめんりく」などがすでにUMMMを脱退しています。

このほかにも、チャンネル登録者が数十万人規模の人気YouTuberたちが相次いで脱退を決定しています。さらに、この流れは2020年になってから加速しています。今後も人気YouTuberたちの脱退が増えることが予想されます。

なぜ、ここまで多くのYouTuberたちがUMMMを脱退してしまうのでしょうか。UMMMからの脱退が増える要因をいくつかの視点から推測していきたいと思います。

まず一番大きな要因となっているのは、高額なマネージメント料です。UMMMでは所属するYouTuberが売り上げた金額のうち、20%がマネージメント料として発生する仕組みをとっています。

例えば、月間で500万円の売上をUMMM在籍のクリエイターが記録した場合には、その内の20%にあたる100万円がUMMMへ配分されることになります。

売上の小さいうちにはそこまで気にならない金額かもしれませんが、チャンネル規模が拡大し、大きな売上が出せるようになると次第にそのマネージメント料の大きさを痛感することになります。チャンネル登録者が多い人気YouTuberがUMMMを脱退する理由には、この20%のマネージメント料が関係していることは間違いありません。

次に脱退の理由として考えられることは、実力をつけてきた人気YouTuberはUMMMのサポートが必要なくなるという点です。UMMMが行うサポートには、企業案件の獲得、YouTuber同士での交流イベントの実施、定期的なカウンセリングなどが含まれます。

駆け出しの頃であれば、当然企業や他のYouTuberたちと繋がりを持てる機会は貴重です。

しかし、実績が出せるようになってくると、正直このあたりのサポートは自分でこなすか、もしくは事務所の力が無くても成立してしまうケースが多くなります。売上規模が拡大したYouTuberはマネジメント料の20%の負担が大きくなる一方で、サポート面での必要性を感じなくなってしまい、結果脱退という流れになってしまうのです。

UMMMは今後どうなる??

それでは、今後のUMMMはどうなっていくのでしょうか?元UMMMに所属していたYouTuber、おのだまーしーさんは動画で下記のように話しています。

「UMMMはこれまでのマネジメント料20%の契約形態以外に、新しい契約の形を作ろうとしている」「マネジメント料の安い契約を確立できた場合には、これまでの20%分の収入源が大きく落ち込むので、会社の売上に大きく響くのではないだろうか」

やはりUMMMサイドも人気YouTuberたちの相次ぐ脱退を受けて、新しい契約形態を模索しているようです。

ですが、おのだまーしーさんが指摘しているように、これまでの20%のマネジメント料が減少することはUMMMにとっては大きな痛手となります。そのため、いきなりマネジメント料の大幅カットは考えにくいです。

20%のマネジメント料での契約は継続しつつ、企業案件獲得ごとの発生報酬契約など織り交ぜながら進めていくのではないでしょうか。

いずれにしても、UMMMからの人気YouTuber離れが加速している以上、何かしらの策は講じる必要が出てきそうです。

UMMM の新たな動きとして、2020年4月末に吉本興業と業務資本契約を締結することを発表しています。お笑い芸人を多数抱える吉本興業と提携することで、コラボ企画などのバリエーションが増え、視聴者をさらに取り組んでいくことを狙いとしています。

今後こうしたコラボ企画を通した実績があがれば、それがUMMMに所属するメリットにもなり、新たなクリエイターたちが流れ込むかもしれません。

脱退を減らすためには、高いマネジメント料を取ったとしても事務所にいた方が良いと感じさせるだけのメリットを提供する必要があります。

多くのYouTuberを抱えているUMMMだからこそ蓄積できる、チャンネルを伸ばすためのノウハウなどを確立し、それを事務所に所属するクリエイターたちに指導することができれば、さらなるUMMMへの需要が生まれるかもしれません。

今後、いかに事務所に残る強い理由を構築できるかが、UMMMが生き残っていくポイントになりそうです。

まとめ

今回の記事では、UMMMの現状と人気YouTuberたちの脱退の理由について迫っていきました。在籍YouTuberの売上が収入の柱となっているUMMMにとって、今後どのように事務所に残るメリットを掲示し脱退を減らせるかが、ひとつのポイントとなりそうです。

もしくは、新しい展開をUMMMは考えているのかもしれません。盛り上がりをみせるYouTube業界でどのような立ち回りをみせるかに注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました