長友佑都ガラタサライ退団次の所属はどこワールドカップはどうなる? 

スポーツ

2020年6月30日に、長友佑都が、トルコのガラタサライとの契約満了を迎え、退団しました。7月2日に、最後のチームトレーニングに参加し、監督やチームメイトと別れを告げました。

長友佑都(ながともゆうと)は、1986年9月12日生まれで、愛媛県西条市出身です。小学校1年生からサッカーを始めました。西条市立北中学校からサッカーの強豪校・東福岡高校へ進学しました。

長友佑都が小学3年生のときに、両親が離婚し、母親のりえさんに育てられました。サッカーの強豪校・東福岡高校へ進学を希望していましたが、市立で学費がかかるので、母親に長い間、言い出せませんでした。

母親のりえさんは、女一人で3人の子供を育て、子供にやりたいことをさせるという考えでした。母親は、快く、長友佑都を東福岡高校へ進学させました。母親のおかげで、今日の日本を代表するサイドバックの長友佑都が誕生しました。

明治大学政治経済学部へ入学し、2008年の在学中に、FC東京と正式にプロ契約を結びました。長友佑都は、「女手一つで自分を含む3兄弟を育てる母に経済的に早く楽をさせたかった」と言っています。

2010年の南アフリカワールドカップに、左サイドバックで出場しました。2010年7月14日に、ワールドカップでの活躍が評価され、ACチェナーゼにレンタル移籍しました。2011年1月31日に2億円でチェナーゼへ完全移籍し、インテルミラノへレンタルが決定しました。

2018年1月31日に、トルコ・スュペルリガのガラタサライSKへ期限付き移籍しました。長友佑都は、ガラタサライで、トルコ・シュペルリガ連覇に貢献しました。今シーズンは、評価を落とし、外国人枠の問題もあり、リーグ戦の登録メンバーから外れていました。2020年6月30日にクラブとの契約が満了を迎えました。

次ぎに、長友佑都ガラタサライ退団に理由について調査しました。

長友佑都ガラタサライ退団の理由は?

長友佑都は、2020年のシーズン後半戦から、外国人枠の問題から、登録メンバーから外れて、出場機会のない状態が続いていました。

7月2日に、チーム練習に参加し、練習前にチームメート、スタッフ全員の前であいさつし、感激して涙を流しました。長友佑都は、TWITTERで、「私の心は一生(チームカラーの)黄と赤、ここで起こった全てにありがとう」と感謝しています。ファンから「本当にありがとう、あなたと家族に幸運を」「サムライがいなくなるのは寂しい」などと感謝されています。

ガラタサライのテリム監督は、長友佑都について「フットボールだけではなく多くの面で、ガラタサライに大きな功績を残した。私はとても満足している。クラブも私も彼のことを忘れない」と言っています。

長友佑都のガラタサライ退団の理由は、「登録メンバーから外れて出場機会のない」ことと「ガラタサライとの契約が6月30日に切れた」ことです。

次に、長友佑都の次の所属先、今後について調べました。

長友佑都次の所属先は?今後は?ワールドカップ目指すのか?

2020年7月4日に、トルコの空港で、テレビ局「TRT」の取材に応じた長友佑都が、今後について聞かれ、「マネージャーと話し合いをする予定」、「いい状態なので、プレーを続けたいと思っている」、「まだどこのチームでプレーするかは決まっていない」と話しました。

2020年7月5日に、イタリアメディア「トウットスポルト」が、べネヴェントが、長友へのオファーを検討していると報じました。べネヴェントは、今季セリエBを制覇し、来期にセリエAに昇格するチームです。

べネヴェントは、セリエA挑戦が決まり、元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチやフランス代表FWロイク・レミーなど、積極的な補強をしています。正式なオファーがあれば、長友佑都は、べネヴェントが所属先になりそうです。

トルコメディア「Ajansspor」が、6月7日に、サウジアラビア1部リーグのアル・ナスルが長友佑都の獲得を検討していると報じました。アル・ナスルも。候補に上がってくると言われています。

長友佑都自身は、ヨーロッパへ行った2010年7月に、FC東京へ、いつか必ず戻ってきたいと言っていました。2020年のゴールデンウイークに、FC東京が開催した「青赤STAY HOME週間」で、イスタンブールからリモート出演しました。

そのときに、長友佑都は、「僕もFC東京への思いというのはすごく強いから、もちろんプレーしたいですよ。ただ、これは僕の思いだけで成立するものじゃないので」と言っていました。FC東京でプレイしたい気持ちはあります。新型コロナ感染症のため試合が無く、クラブの収入が激減していて、年俸の点からも、所属先にFC東京は無いと思います。

長友佑都は、南アフリカ、ブラジル、ロシアと3大会連続で、FIFAワールドカップ代表に選ばれました。次回の2022FIFAワールドカップは、カタールで開催されます。長友佑都は、カタールのワールドカップに出場することを目標にしていることを公言しています。

まとめ

長友佑都は、2017年1月29日に、タレントの平愛梨(たいら・あいり)さんと結婚しました。二人の馴れ初めは、お笑いタレントの三瓶さんと3人の食事会でした。

意気投合した二人は、イタリアと日本で遠距離恋愛し、2016年2月に、愛梨さんがイタリアへ行ったときに、プロポーズしました。2018年2月に第1子の長男が誕生し、2019年8月に第2子の次男が誕生しました。

TWITTERで平愛梨さんが、トルコ生活について書いていました。

今回は、オファー検討中の報道しかなく、所属先は決定はしていません。各社の報道内容から推測して、長友佑都の次の所属先は、まもなく決定すると思います。

新所属チームでの、長友佑都選手の活躍を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました