24時間テレビ2020マラソン中止なぜ行わない他の企画はなに? 

バラエティ

今年も24時間テレビの季節がやってまいりました。ジャニーズ事務所に所属しているグループが司会を務めることも多くなりましたが、今年は複数のグループから代表一人が選ばれるという面白い方法で選出されました。

最近ではマラソンも女性芸人でリレー形式で完走するスタイルも生まれ、新しい試みが盛り込まれています。

そんな中、日本テレビ側は「今年のチャリティーマラソンを行わない」という意向を示しており、話題になっています。

今年の24時間TVマラソンなぜ行わない?

今年の24時間テレビは8月22日・23日に放送されることが決定しました。会場は両国国技館で開催されますが、前例のない状況により開催方法が変わるようです。

24時間テレビの最大の見どころとして恒例企画になったチャリティーマラソンは、「今年は実施しない」という意向を示しました。総合プロデューサーの吉無田剛氏が理由に挙げたのは「沿道応援による3密・感染リスク」でした。沿道で応援してくださる方々が集まることで“3密”を避けることが難しいため、今回は中止という判断に至りました。

吉無田氏は「これから新しい企画を作るために前向きになり、安全と安心を担保できる上でワクワクする企画を考えようと思っている」と明らかにしました。

7月6日にはもうひとつの名物として“ジャニーズ枠”の司会が発表され、Twitter上では歓喜の声が上がっています。

メインパーソナリティーにV6から井ノ原快彦さん(44)、NEWSから増田貴久さん(34)、Kis-My-Ft2から北山宏光さん(34)、ジャニーズWESTから重岡大毅さん(27)、King&Princeから岸優太さん(24)の5人が選出されました。北山さん・重岡さん・岸さんは24時間テレビ初参加となるので楽しみなファンも多いようです。

今年は対面募金を実施せず、キャッシュレスにて募金を受け付けることも決定しました。くわえて“無観客”での開催となるため、初めてだらけの24時間テレビになることは間違いありません。

公道を使用してのチャリティーマラソンは今年は実施されませんが、井ノ原さんは「密にならないように何かチャレンジできることがあればしたい」と新しい形で挑戦できることを模索しているようです。

両国国技館で開催される理由について「安全面を考えた時にスペースが広く換気が良い点から日本テレビのスタジオを使うよりは国技館の方が安心できる」とし、昨年両国国技館を初めて使用したこともあり“国技館に宿るパワーを借りたい”という2つの理由から両国国技館での開催に至ったということです。

今年の24時間TVはどんな企画をだれがやるの?

今年の24時間テレビはこれまで放送された回を振り返る放送になるようです。通常の放送であれば43回目の放送となりますが“新しい日常での1回目”という決意をもとに「新たな24時間テレビを届けていく」ということです。

今年のテーマは「動く」。医療従事者への感謝の気持ちや支援を考え、賛否両論はあるが“今年こそ放送するべき”との判断から新しい形で放送されます。昨今の感染再流行の懸念もあるため、現在は臨機応変に対応できる企画を根本から練り直している段階だということです。

メインパーソナリティーのオファーは昨年末からされており、当初は2020年8月は東京五輪が終わった直後でパラリンピックを控えた時期の放送と想定されていました。しかし東京五輪・パラリンピックが延期になり放送を含めたすべての状況が一転してしまいました。

吉無田氏は、5人の起用理由として

「直前にリアルなものがある中でリアルなものを誠実に伝えられるメンバー」

「最初は戸惑うことばかりでしたが、結果的にこの5人を起用してよかった」

「等身大でリアルな言葉を持っている安心感があり、笑顔を届けるオーラがある」

「このご時世にいろんな形でメッセージを伝える事ができる5人なのでは」

「ぱっと見ただけで“愛される5人だ”と感じて各グループからオファーすることを決めた」

と語り、番組の放送に関わるメインパーソナリティーについてコメントしました。

井ノ原さんは「できないことも多々ある中、敢えてやらずに別のことをやるのも“動く”というテーマに沿っている」と前向きに話しました。

マラソンの代案について「ランニングマシーンでやったらどう?」とTOKIOの国分太一さんから言われたそうで、羽鳥慎一アナに意見を求めたところ、「国分さんの言うことは聞かなくていい。その場が盛り上がるかどうかしか考えていないので趣旨が違う」と諭されたということです。

マラソンや対面募金などは行われず会場にも入れないので少し寂しいですが、視聴者が楽しめる企画を練っており今までにない司会構成なので見る価値は充分ありますね。

まとめ

これまでは障がいを抱える方や被災された方にスポットをあてる企画が多くありましたが、今回は過去の放送回のまとめを含めた放送になるのでどんな番組構成になるのか予測がつきません。

選出された司会進行のジャニーズメンバーは笑顔が可愛くて子犬のように愛らしい印象があるメンバーばかりなので、ジャニーズにあまり興味がなかった方もこの放送を機に興味を持つかもしれません。

新しい試みにあふれた2020年の24時間テレビ、視聴してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました