NAVERまとめ終了いつまで?終了後似たサービスは使えるか?

ニュース

NAVERまとめが9月30日をもってサービスを終了します。NAVERまとめは2009年から11年間にわたって運営されてきたまとめサイトで、これまで多くのユーザーに利用されてきたサービスです。

長年使われてきたサービスであっただけに突然の終了に対する反響は大きいです。今回はそんな日本最大級のまとめサイトの終了にともない、いつまでNAVERまとめが利用できるのかという点から今後代替できるサービスがあるのかということも踏まえて情報を整理していきます。

NAVERまとめ終了いつまで使える?

まずは、NAVERまとめ終了にともない、いつまでサービスが利用できるのかという部分です。サービスの完全利用停止までの流れは段階的に分かれており、2020年7月31日にNAVERまとめ内での新規アカウント登録を停止。9月30にはサービスの利用が終了いたします。

9月30日以降では、過去の記事をダウンロードする機能「まとめ記事ダウンロード機能」が提供され、11月30日には同機能の利用も終了する予定です。記事に対して発生する報酬管理の面では、11月上旬には最終的な報酬金額が確定し、翌年2021年2月16日には支払い申請機能の利用も終了する予定です。

この一連の流れをまとめると、記事を書くサービス提供自体は今年9月いっぱいまで、報酬を受け取る申請は来年2月をもっての終了ということになります。NAVERまとめはLINE傘下にあたるネクストライブラリが運営してきました。

特定のテーマやトピックスに対して、ユーザーが情報を収集・整理していきNAVERまとめ内のコンテンツとしてアップロードしていく形式のサービスとして人気を集めていました。LINEからのサービス終了の説明としては「同サービスの将来的な成長や会社の事業展開の方向性を考えた上での判断」という内容になっています。

LINEからの発表ではあくまで事業展開の方向性をサービス終了の主な理由として説明していますが、8月の月間ユニークブラウザ数(サイトの閲覧数)は約4,800万回となっており、多くの人に活用されていたことがわかります。

LINEとしては、今後検索事業への参入を進める予定とのことで、NAVERまとめを通して蓄積されたノウハウは、この検索事業で活かしていくとの方針を出しています。

一方で世間的な見方としては、近年の著作権への問題意識の高まりなどが、NAVERまとめサービス展開の継続を難しくした要因なのではないかという見方もあり、今後NAVERまとめのサービス利用が終了することになると、一般ユーザーが利用する別のまとめサービスが存在するのかという点も気になるところです。

NAVERまとめ 他の似たサービスはあるの?使えるの?

現時点では、NAVERまとめが日本国内においては圧倒的なネームバリューを獲得していたため、他の類似サービスでメジャーなものはそこまで多くはありません。そんな中でも、今後サービスを閲覧もしくは利用したいという方向けに、NAVERまとめ以外の類似サービスをいくつかご紹介します。

まずは、FC2, Inc.がサービスを展開する「FC2」です。2013年から運営がスタートしており、NAVERまとめ同様に総合的なジャンルを扱うまとめサイトとなります。同社はまとめサイトのほかに、「FC2ブログ」「FC2動画」などのサービスも同時展開しており、キュレーションサイトとして幅広い展開をみせています。

その他には、「MERY」という女性向けのまとめ情報サービスサイトが存在します。運営は株式会社MERYが行っていますが、以前は株式会社DeNAが運営母体となっていました。

2016年にDeNAが運営するキュレーションメディアの展開が著作権の観点から問題視されたことにより、一度はメディア内の記事を非公開にしています。

しかし、DeNAが2017年に小学館とメディア事業の展開において提携を結び、共同出資にて株式会社MERYを設立しています。MERYは女性に人気の記事を集めており、2019年時点で月間ユーザー数が440万人以上、月間PV数1億4000万回を超える人気メディアです。

しかし、NAVERまとめと異なり一般ユーザーからの記事投稿は現在できない仕様となっており、あくまで閲覧専用としての利用となってしまいます。NAVERまとめのように記事投稿もできて、かつまとめサイトとしてのキュレーション要素を併せもっているサービスは現状完璧に類似するものは存在しないようです。

もし記事を自身で執筆していきたいという場合にはブログ投稿型のサービスを利用する形をとるしかありません。

今後、著作権や各種企業やメディア側の権利の問題をクリアして、NAVERまとめのようなサービスが誕生するかは注目されるところです。

まとめ

今回は、NAVERまとめ終了にともなう、残りのサービス利用可能期間や今後の代替サービスについて書いてきました。現状ではNAVERまとめとまったく同じ機能をそなえるサービスは日本国内には見つかりませんでした。

企業側が利益を追求しながらサービスを展開していくとなると、権利の問題をクリアしながら進めていく必要があるため、類似した新サービスの登場はまだまだ先になるかもしれません。

ですが、情報がまとめられているサイトの需要は現在でも一定数あることは間違いないので、今後新サービスの登場には期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました