長濱ねる復帰平手友梨奈の影響?欅坂卒業後の活動復帰理由今後の予定を調査

女性芸能人

長濱ねるが7月にドキュメンタリー番組の「セブンルール」の新キャストに抜擢され、約1年ぶりとなる芸能活動への復帰を果たしました。

自身のHPでの公式サイトとツイッターアカウントを開設し、今後本格的な活動が予想されています。長濱は19年の7月をもって欅坂46を卒業するとともに、芸能界から姿を消していました。

欅坂46の卒業イベントにおいても、今後ファンの前に現れる日は来ない可能性も含めて発言していた分、今回の芸能界復帰は話題を集めています。今回は、そんな長濱ねるの芸能界復帰と活動休止中の状況について深掘りしていきます。

長濱ねる復帰の理由は?アイドル卒業後何してた?

長濱ねるが芸能界に復帰した理由は一体何なのでしょうか?

復帰理由について言及する前に、1年間にわたる長期離脱の理由について触れておきます。長濱ねるは欅坂46を卒業後は通信大学に入り、学問や芸術の分野に時間を使っていました。

元々知的好奇心が旺盛だったこともあり、アイドルという立場から離れて勉強したいという欲求が強かったのでしょう。そこから芸能界に復帰した際に、長濱は自身の公式サイトでの挨拶文で「将来の目標がやっと輪郭を帯びてきた」という旨のコメントも出しています。

こうした発表からも長濱の中で気持ちの整理がつき、芸能活動再開の気持ちが固まったのかもしれません。

また、別の角度から芸能界復帰の理由を考えると、元欅坂46のメンバー時代に一緒だった平手友梨奈の存在が影響している可能性があります。グループ在籍当時から長濱と平手の仲の良さはファンの間でも知られていました。

平手は長濱よりも年下ではあるものの、欅坂時代から互いに相談しあう関係性だったようです。

長濱が今回の芸能界復帰時に所属した事務所はSeed & Flowerという合同会社です。
これは、現在平手が所属している事務所であり、長濱がこの事務所を再出発の場として選んだのには平手の存在があったのではないかと噂されています。

実はこのSeed & Flowerは長濱が欅坂46を卒業した当時は、個人での事務所所属が許可されていませんでした。

長濱が卒業後に、平手がグループ初の個人単位での事務所所属の道を開き、それに続くようにして長濱が事務所に入っています。長濱が芸能活動を再開させるにあたって、信頼できる平手の近くにいられることの安心感を最優先したのかもしれません。

欅坂卒業後の1年間の空白を経て、再始動した長濱ねるの活躍に今後注目が集まるところです。

長濱ねるの今後の活動内容は??

今後、長濱はバラエティー番組やクイズ番組などに出演していく可能性が高いと考えられていますが、本人の口からは女優業に対する関心の声も聞かれており、タレントから女優業までマルチに芸能界で活躍していくことが期待されています。

長濱が欅坂46を卒業する前にはNHKドラマ「かんざらしに恋して」に出演していました。ドラマ撮影クランプアップ時の挨拶で長濱は、「演技のお仕事がすごく楽しいなって思えたし、もっともっと挑戦したいなって思えたので、チームの皆さん全員にもう一度お仕事でお会いできるように頑張っていきます」というコメントを残している。

元々好奇心が旺盛な長濱にとっては、アイドルとは違った視点を持てる女優の仕事は魅力的に感じたのかもしれません。既に公式サイトもリニューアルされており、活動スタートの準備は万端といった様子です。

この公式サイトのページのつくりも平手の公式ページに非常に似たテイストで、ここでもお互いのリスペクトが感じられます。長濱ねるの1年ぶりの芸能界復帰には根強いファンを始め、たくさんのサポーターからの喜びの声があり、ツイッターのトレンドランキングでも1位を獲得するほどでした。

芸能界からの需要が以前から高かっただけに、少し期間が空いた形での今回の復帰はファンとしても業界としても待ち望んでいた結果かもしれません。番組への出演数が増えていくことは間違いありませんが、どのようなスタンスで活動の場を広げていくかに注目が集まります。

同じ事務所の平手とのドラマ共演というのもファンの間では期待されているようで、実現するかは今後の2人の活躍にかかってきます。アイドルグループ卒業後に芸能活動を休止していて、戻ってきた時にこれだけ話題にのぼるケースも珍しいです。

世間の長濱ねるへの期待値の大きさが感じられます。

まとめ

今回は、長濱ねるの芸能界復帰から裏側までに関して迫っていきました。アイドルグループを卒業後に女優やタレントに転向するパターンはよくありますが、一度は芸能界での活動をやめた長濱がこれだけ世間からの注目を集めていることに、その影響力の大きさを感じさせられます。

今後、事務所の看板として活躍が期待される長濱の動向が気になるところです。

多くのファンがその活動に注目することでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました