ZOC戦慄かなの卒業のわけは?メンバー間で潰し合い他に理由が?

女性芸能人

アイドルグループ・ZOCのメンバー、戦慄かなのさんが今月8日に突然卒業を発表しました。この突然の卒業に対し、戦慄かなのさん本人がツイッターに投稿した内容がファンの間で物議を醸しています。

メンバー間で告発?潰し合い!?そもそもZOCってどんなグループ??ZOCについて、そして戦慄かなのさんの卒業についてまとめてみました!

そもそもZOC、戦慄かなのとはなに?

ZOCとは、歌手の大森靖子さんを中心として2018年に結成されたアイドルグループです。大森さんと、大森さんが選考委員を務める講談社のオーディション・ミスiDの出身者を中心に、7人組として活動を始めました。

「ZOC」というグループ名は、ウォー・シミュレーションゲームやシミュレーションロールプレイングゲームで用いられるゲーム用語を由来としています。これは“Zone of Control”の略であり、日本語で“支配領域”という意味があります。

これに、「孤独を孤立させない」という意味を持たせ、このグループ名におけるZOCの意味合いとしては、「孤立しない崇高な孤独が共生する場所」と定義されています。

これまでの女性アイドルの可愛らしい、幼いイメージを一蹴するような曲の歌詞や、喫煙シーンのあるMVなどが話題を呼び、熱狂的なファンも多いグループです。

このZOCのオリジナルメンバーの1人である戦慄かなのさんは、1998年生まれの21歳。
幼少期より母親からネグレクトを受け、中学生の時には自殺を図りました。高校生時代にはJKビジネスに関与し、少年院へ送検され、矯正教育を受ける、といった壮絶な過去の持ち主です。

2018年のミスiDで少年院時代の体験談を披露。これが評価され「サバイバル賞」を受賞し、その後2018年9月にZOCのメンバーとして活動を始めました。この翌月の10月には、妹で、同じくミスiD出身の頓知気さきなさんとセルフプロデュースアイドル「femme fatale」の活動も開始しています。

2018年10月には人気バラエティ番組「アウト・デラックス」へ出演し話題に。アイドル活動以外に、2019年には育児放棄や児童虐待を考えるNPO法人「bae」を設立し、代表としても積極的に活動しています。

バラエティでの活躍も目立っており、これからのさらなる活躍に期待が集まっていましたが、今月8日、突然の卒業が発表されました。

ZOCからの卒業理由は?メンバー内で潰し合い?

卒業が発表された7月8日に「ご報告」として、戦慄さん本人のコメントが発表されています。ここで戦慄さんは卒業理由について「自分自身が思い描く近い将来の夢を実現するため」としています。

一部報道では、戦慄さんの薬物使用が囁かれており、この薬物使用が卒業の要因では?ともいわれていました。

しかし、その真相は大きく違っていたようです。戦慄さんは11日の夜、自身のツイッターアカウントで卒業は本意ではなかったと主張。さらに、自身の薬物使用についても否定したのです。

事の発端は大森靖子さんのインスタグラム。大森さんは9日、インスタグラムに現役メンバー5人でのライブの様子を投稿しました。メンバーそれぞれが自分の名前を名乗るシーンで、大森さんが戦慄さんを含む卒業・脱退したメンバーの名前をあげたのです。

この行動に対し、戦慄さんは「自分が追い出したのにそっちが美しく見えるように都合よく名前使われる 人格破綻しすぎて頭おかしいよ」とツイートし、卒業が合意の上でのものではなかった事を主張しました。

この後、同じくZOCメンバーの西井万理那さんが反発。「追い出した!? 大丈夫かな またキマってんのかな」などと、戦慄さんの薬物使用を肯定する旨の内容のツイートをしました。

これに対し戦慄さんは薬物検査報告書の画像とともに、薬物使用を否定する内容のツイートをし反論。

ここにさらにメンバーの巫まろさんが「みんな信じるものを間違えないで」などと、騒動に対すると思われるツイートをし、ファンは混乱。事態は泥沼化しています。

戦慄さんはこの日以降も、ツイッター等を通して卒業についてや、自身の今後の活動について言及。

「femme fatale」として、アイドル活動はやめずに続けていくことを宣言しています。
この他にも「早くダンス留学したい」などとツイートし、今後の活動への意欲も示していました。

まとめ

人気バラエティ番組「アウト・デラックス」に「アウト軍団」として出演したり、NPO法人の代表を務めたりと、グループの知名度にも大きく貢献していた戦慄かなのさん。

YouTubeの更新などのグループ活動も好評な中での卒業。そしてメンバー間での泥沼の煽り合いに、ショックを受けたファンの方も多かったようです。
一連のツイートについては削除されていますが、ファンの間ではいまだに物議を醸しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました