魔法科高校の優等生完結最終第80話ネタバレ感想ドラマ化はある?

漫画

今回みなさんにご紹介するのは、月刊コミック電撃大王で連載中の『魔法科高校の優等生』です。原作は佐島勤さん、作画は森夕さん、キャラクターデザインは石田可奈さんです。

今アニメも放送されている「魔法科高校の劣等生」の違う目線の話です。魔法科高校の劣等生は色々な話が展開されていますが、その一部となっております。

さておき、以下からネタバレ等していきますね。まだ見ていないよ!という方は、書店やネットで漫画をご覧下さい。

最新第80話あらすじ?

最新話は8月号 第80話です。ラストですね。

魔法科高校の生徒たちは長かったようで、あっという間の10日間が終わり、夏のバカンスに向けて近所のモールにお買い物に来たようです。

三高とすっかり仲良くなったほのかはさっそくメッセージが届いたようです。「ふっふっ大海原の荒波で特訓している故次に会う時は成長した儂に刮目せよ~」と。海で遊んでいる様子が送られてきたようです。

ほのかたちは、送られてきた写真などをみながら、高校生になったし水着も大人っぽいのを選ぼうかな~と思いを爆ぜている時に、いきなり声をかけられます。

「魔法科高校の生徒さんですか?」ふと目をやると、お母さんと女の子がいました。「九校戦の中継を見てたこの子が憧れてしまって自分も魔法科高校を目指したいと」「あ あの 握手していただけませんか?」と、ほのかたちは快く握手をしていました。

一方深雪と達也は、支部への報告を終えた達也は深雪と合流し、歩いていると何かの視線を感じたようです。そこには小さな女の子が・・・

火事の時に助けた女の子のようです。そこで女の子に「デート中お邪魔しました」と・・・深雪はすっかりその気分になり、「デートしていただきます」と。仲良く手を組んで終わっています。

【最新第80話の感想?】

色々なことがおわり、バカンスに向けてお買い物!

夏のバカンスのために水着を買いに着たようですね。夏ですね~。高校生とは思えぬスタイルの良さ!楽しそうに遊んでいる姿はほほえましいですね。

今コロナもはやっており、遊びに行けない夏になってしまいましたね・・・。今は感染すること、感染させることを自分で防がなければなりませんね。

今年の夏は、自分の住んでいるところで夏のバカンスを楽しみたいなあと思いますね!

九校戦の後は、魔法科高校の生徒たちは有名人になったようですね!中継は色々なところで中継されているようで、白熱した戦いを中継でみれば、誰でも「魔法科高校にいきたい!」となりますよね!

私も魔法とかにすごく興味があるため、いいなあと見ていました(笑)

深雪たちのところにきた小さな女の子。よく出来ていますね。深雪のことを見て「ポー」となっている姿はかわいいですね。

でもすぐに、達也の視線に気がつき、「あ!デートの邪魔をしたんだ!」と・・・。立派ですね~(笑)そんな風に思えるのはこの年で大人な対応しているなあと感じました。

今後アニメ化、ドラマ化などの予定はあるの?

アニメ化・映画化はしているので、ドラマ化(実写化)や舞台化のほうが気になりますね。

ドラマ化(実写化)・舞台化すると気になるのはキャストの方々ですよね。

誰が誰を演じるのか・・・

ドラマ化(実写化)・舞台化する上で難しいことがありますね。魔法のシーンをどのようにするかですね。

今の技術は色々あるため、なんとかなる場合もあります。CGを使うことで実際にはないものを作り出せる時代ですからね。しかしこれと演技を合わせるのが難しくなってくると思いました。

しかし、舞台化しているものもあるため、必ずしも目に見えるようにしなければいけない訳ではないと考えます。目に見えないものは見ている皆さんの想像力やあたかもあるかのように演技できる方がいてこそな気もしますが・・・

私は漫画・アニメを実写化することは嫌いな方ではありますが、みんながそういうわけではないため、色々なシリーズがでているこの「魔法科高校の劣等生」ならびに「魔法科高校の優等生」はどれか実写化しても面白いんではないかなと思いますね。

まとめ

今回はアニメにもなっている、魔法科高校の劣等生の違う目線のお話『魔法科高校の優等生』を取り上げました。

コミック11巻は9月発売のようです。

魔法が好きな方はぜひ。また見たことがない方も、これを読んで興味を持った方は読んでみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました