ディズニー映画ムーラン公開無期限延期理由は?ほかのディズニー映画はどうなる?

映画

ディズニー映画「ムーラン」の公開が延期となり、多くのディズニーファンはため息をもらす形となりました。

つい先日までは8月に公開する予定でしたが、さらに無期限の公開延期という発表が出されています。今後ムーランの公開日はどうなってしまうのかという点、そしてその他のディズニー映画の公開日に与える影響などを徹底解説していきます。

実写映画ムーラン公開無期限延期の理由は?

映画「ムーラン」の公開無期延期の理由についてですが、コロナウイルス感染拡大が大きく影響しています。米メディアによると、映画館の営業再開の見通しが立てられていない状態のようです。

新作映画は既に完成し公開できる状態にあっても、お客さんを動員できる状況にないため多くの映画が公開延期となっています。

「ムーラン」もこの延期対象となり、無期限での公開延期が発表されました。当初は今年3月に公開になる予定となっていましたが、全世界的なコロナウイルス拡大により、公開延期が繰り返されていました。度重なる延期を乗り越え、ついに8月21日に公開が予定されていましたが、残念なことに今回の結果となってしまったようです。

くわえて、無期限での延期という発表になっているため、それだけ今後の公開予定が不透明であることが見受けられます。ディズニー広報部の発表によると、

「世界的な衛生危機下で公開予定を確定することができないことが明らかになった。ムーランを世界各地で公開するための有効な方策を検討するため、公開計画を一時停止する」

という形で述べています。

公開エリアが世界規模となるディズニーだからこそ、現在の全世界的な感染症流行は大きな痛手となっている様子です。映画「ムーラン」日本版公式サイトでは7月3日時点で、9月4日の公開が発表されていました。

しかし、現在では公開日が伏せられ、「近日公開」という表記に変わっているためやはり米国の無期限延期を受けて日本公開も遅れる形となりそうです。

日本でのこれまでの公開延期の発表を遡ると、4月17日→5月22日→9月4日という流れできているため、早くても10月以降での公開となりそうです。状況次第では今年中の公開も難しくなるかもしれません。今後の発表が待たれるところです。

ほかのディズニー映画の公開はどうなる?

今回のムーラン公開延期を受けて、他のディズニー映画にも影響が出てくるのでしょうか?現時点でわかっているのは、来年以降での公開が予定されていた「スター・ウォーズ」や「アバター」シリーズの新作公開が1年延期となることがわかっています。

制作途中の映画に関しても撮影が進められる状態でないため、ディズニーからの公式発表では、

「世界的なコロナ禍の中で、映画公開に関して確実なことは何も決めることができない」

と述べられています。

ワーナー・ブラザースにおいても8月に公開を予定していたクリストファー・ノーラン監督の「テネット」の公開延期を発表しています。未だ拡大を続けるコロナウイルスの影響は映画業界にも大きな打撃を与える形となりました。

8月21日に日本公開が決定となったディズニー映画「2分の1の魔法」においても、本来は3月に公開を予定していたのが、ここまでずれ込んでしまっています。

この状態では基本的にディズニー映画において、全てのタイトルが大幅な延期を余儀無くされることは覚悟しておいた方がよさそうです。映画ムーランは1998年にアメリカで長編アニメーション映画として公開となっており、長きに渡って愛されてきた作品でした。

そんなムーランが今回実写化するということもあり、多くのディズニーファンからは注目を集めていました。映画の製作準備は2016年から進められており、ディズニーは世界中の大陸から演技・技術・英語力・容姿を兼ね備えた中国人女優を探していました。

主演女優リウ・イーフェイを抜擢するまでには約1,000人もの候補者を選考してきたようです。

それだけ入念に製作準備が進められてきた本作品ですが、惜しくも感染症の影響で世に出るのはいつになるのかわからない状況となってしまいました。

まとめ

今回は、ディズニー映画「ムーラン」の公開延期について迫ってきました。

中国人を主演に据えてのディズニー実写映画に全世界の期待が集まっていますが、その公開の日はまだ先になってしまいそうです。これまでの延期の期間を考えても年内には公開になる見込みだと予想されますが、映画館の営業が再開されない状態が続けば、さらなる延期も考えられます。

多くのディズニー映画ファンが待ち望んでいるなか、公開日ばかりが遠のきます。今後の最新情報をチェックしていきたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました