Hulu作品ヒロシマナガサキ75年前の真実公開決定いつから何で観れる?あらすじは?

映画

2020年8月2日から、Huluが、ドキュメンタリー映画「ヒロシマ・ナガサキ75年前の真実」を日米同時公開することを発表しました。

「ヒロシマ・ナガサキ75年前の真実」は、Huluを運営するHJホールディング株式会社とグローバルメディア企業A+E Networksが運営するヒストリーチャンネルが共同製作しました。

映画製作は、イギリスの有力製作会社October Filmsにより、広島と長崎への原爆投下75年目の2020年に向けて行われました。日本と米国の両方を、当事国でないイギリスのOcttober Filmsの視点で製作しています。

次ぎに、ヒロシマナガサキ75年前の真実について何で観れるか調査しました。

「見出し1」
ヒロシマナガサキ75年前の真実はいつから何で観れる?

このドクメンタりーは、ヒロシマナガサキに原爆投下された75年前の記録から、音声を最新技術でクリアにして、映像はデジタルリマスターでカラー化して、原爆が与えた被害を客観的に記録しています。

原爆投下時の日本の状況を撮影したモノクロ映像や、アメリカの撮影した被爆地の映像やアメリカの原爆研究者の映像も含んでいます。

「ヒロシマナガサキ75年前の真実」は、日本では、2020年8月2日0:00から、Huluが独占放送します。日本とアメリカを含む26以上の国と地域で放送予定です。

「ヒロシマナガサキ75年前の真実」の公開について、Hulu常務取締役/チーフ・コンテンツ・オフィサーの長澤一史氏は、「広島・長崎への原爆投下という人類史上最も悲劇的ともいえる出来事から75年という節目を迎えました。October Filmsが製作する、投下された原爆の実態と真実を描くドキュメンタリーに強い興味を持った」と、共同製作に参画した理由について話しています。

さらに、長澤一史さんは「世界中のひとりでも多くの方に、この作品をご覧いただき、原爆のもたらした現実について関心を持っていただくきっかけになることを強く願っています」と、Huluでの鑑賞を勧めています。

次に、ヒロシマナガサキ75年前の真実どんな話について調べました。

「見出し2」
ヒロシマナガサキ75年前の真実どんな話?

「ヒロシマナガサキ75年前の真実」のあらすじを紹介します。

本作品は、Huluオリジナルです。広島と長崎へ原爆投下されてから、2020年で75年になりました。ドキュメンタリー分野でエミー賞をはじめ、多数の受賞実績のあるイギリスの製作会社October Filmsの製作した映画です。

監督は、ドキュメンタリー作家のジェイムス・エルスキンが担当しました。ジェイムス・エルスキンは、英国生まれで、オックスフォード大学で法律を学びました。脚本家・映画監督に転身し、2004年にサイコスリラー「EMR」で、レインダンス映画祭審査員賞を受賞しました。スポーツや社会政治問題をテーマにしたドキュメンタリー作品を得意としています。

本作の監督のジェイムス・エルスキンは、過去作品として、2015年に「パンターニ~海賊と呼ばれたサイクリスト~」、2019年に「氷上の王、ジョン・カリー」などのドキュメンタリー作品を監督しています。

2015年の「パンターニ」は、ツールドフランスなどを制覇したパンターニは、ドーピングスキャンダルで英雄の座を失いました。不遇の死を迎えたマルコ・パンターニの真実を描いたドキュメンタリーです。

2019年の「氷上の王」は、オリンピック金メダリストの英国人スケーターのジョン・カリーを扱った作品です。同性愛者であり、晩年にAIDSと戦ったジョン・カリー本人、家族、友人などへのインタビューから真実に迫ったドキュメンタリーです。

「ヒロシマナガサキ75年前の真実」の内容は、原爆を生み出したマンハッタン計画の研究者の焦燥や葛藤を、記録したアメリカの実録映像もおさめています。

さらに、原爆を投下される前の日本の日常風景、原爆投下直後の広島と長崎の記録映像と被爆者の肉声をおさめています。

日本と米国の両方の視点を、一本の映画に入れることにより、ヒロシマナガサキに原爆投下された当時の日米の状況を客観的に知ることができます。

日本と米国と利害関係の無い、第三国のイギリスの監督により編集されています。75年前の状況を客観的に知ることができるように、原爆を開発した研究者、投下した軍人、被爆した住民の音声が、納められた画期的な作品になっています。

映像は、最新技術を活用して、音声をクリアにし、映像をカラー化して、一部は撮影当時のモノクロ映像を利用し、原爆の投下されたリアルな状況を、第三者の視点から知ることができます。

エンディング曲に、タンゴ歌手・冴木杏奈が作詞した「広島のためのタンゴ」が採用されたので話題になっています。「広島のためのタンゴ」は、広島へのあふれる思いと愛のこもった曲で、エンディング曲にふさわしい曲です。

共同製作したA+E Networksのスティーブ・マクドナルド氏は、「広島、長崎への原爆投下から75年が経ち、この歴史的なドキュメンタリーをHJホールディングスと共同製作できたことを嬉しく思います」と語っています。

Huluの長澤一史氏は、「おそらく今後、これを超えるものはなかなか企画し難いだろうと思いました」と語っています。

まとめ

原爆の被爆から75年目を迎え、この他にもドキュメンタリ―作品が作られています。アメリカに住む被爆2世の女性が、父の被爆体験をもとに作成したドキュメンタリー映画「8:15(はちじ・じゅうごふん)」も、メディアの注目を集めています。

広島市出身でアメリカ在住の被爆2世・美甘章子(みかも あきこ)さんの原作をドキュメンタリーにして、広島やニューヨークで撮影した作品です。美甘さんの父親の進示さんの実体験をもとに作られた映画の内容は、原爆の悲惨さや戦後を生き抜く苦難、それから「許す心」だと言います。

原爆投下から75年を迎え、「ヒロシマナガサキ75年前の真実」が、イギリスで作られました。原爆の被爆を、第三者の視点から正確に伝えたドキュメンタリー映画をHuluで観て、二度と悲劇が繰り返されない社会になることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました