運動に関するダイエットってどれだけ種類があるの?

ダイエット

食べる量を減らすか、代謝を上げて摂取したカロリーを消費するかすれば、多くの人は痩せることが出来ます。アウトプットを増やすには、身体を動かす、運動をすることが必要です。運動をするダイエットはどのようなものがあるのでしょうか。

運動に関するダイエットはどんなのがある?

運動に関するダイエットは、大きく分けて3つあります。実際に身体を動かすして行うもの、ダイエット器具を使うもの、その他のどちらにも属さないダイエットの3つです。運動系のダイエット法はどんなものがあるのか、こちらも並べてみました。

運動をするダイエット30選

自分の身体を動かすことからダイエットですので、これまで運動をやってこなかった人や、苦手意識がある人にはハードルが高いものもあります。身体を動かすことによりダイエットだけでなく、心も健康になると提唱する方もいます。運動をするダイエットは時代とともに新しいものが出てくるので情報を集めるのも面白いです。

  1. ウォーキングダイエット
  2. ジョギングダイエット
  3. ストレッチダイエット
  4. 筋トレダイエット
  5. ダンベルダイエット
  6. スクワットダイエット
  7. 自重トレーニングダイエット
  8. DVDダンスダイエット
  9. エアロビクス
  10. ビリーズブートキャンプ
  11. TRFダンスエクササイズ
  12. 水泳ダイエット
  13. スポーツジム
  14. ヨガダイエット
  15. エステダイエット
  16. 加圧トレーニング
  17. HIITトレーニングダイエット
  18. EMSトレーニング
  19. 暗闇フィットネス
  20. ボクササイズ
  21. アクアビクス
  22. エアリアルヨガ
  23. クロスフィット
  24. フィールサイクル
  25. サーフフィット
  26. ジャンピングフィットネス
  27. アクアスピニング
  28. ボルダリング
  29. VRサイクル
  30. ドラムエクササイズ

器具を使うダイエット16選

器具を使うダイエットは、テレビ通販で爆売れしたことがものが多くあります。値段も手ごろなので、楽をして痩せたい、何かしながらついでに痩せるといった要望に合うのでしょう。成功者の体験記は、とても購買欲を刺激されますが、粗大ごみになるケースも多そうですね。

  1. 縄跳びダイエット
  2. バランスボールダイエット
  3. ダイエット器具
  4. EMSマシンダイエット
  5. サウナスーツダイエット
  6. 加圧シャツダイエット
  7. ゴムチューブダイエット
  8. 踏み台昇降ダイエット
  9. スライドボードダイエット
  10. トランポリンダイエット
  11. 振動マシン
  12. ツイストボード
  13. ステッパー
  14. シェイプアップベルト
  15. ランニングマシン
  16. フラフープ

その他15選

運動、器具にも属さないダイエット法です。身体の状態をニュートラルにすることで代謝があがった結果、ダイエットになったというものが多いです。体調不良や、体のゆがみが気になる人が選ぶことの多いダイエット法ですね。

  1. 部分痩せダイエット
  2. 半身浴ダイエット
  3. ドローインダイエット
  4. 吐くダイエット
  5. サランラップダイエット
  6. テーピングダイエット
  7. 体幹リセットダイエット
  8. 肩甲骨ダイエット
  9. 骨盤ダイエット
  10. 潜在意識ダイエット
  11. 耳つぼダイエット
  12. 足つぼダイエット
  13. リンパダイエット
  14. ダイエットスリッパ
  15. ふくらはぎ伸ばしダイエット

まとめ

言い方を替えただけのダイエットもありますが、こんなにダイエット法ってあるんですね!ただただ驚きです。

最新の運動系のダイエットは細分化されすぎてて、何が何だか分からない部分もありますが、テレビなどで見かける頻度が高くなり、若い女性の中心に流行っているだと感じます。海外には、より新しいタイプのジムが新設されてるとの報道もあります。

いろいろなダイエットがありますが、ダイエットに効果があるのは消費するカロリーを増やすことです。運動系ダイエットは、消費カロリーを増やすものが多いです。

自宅で出来ない、器具が必要、お金がかかるなどダイエットに消極的な人からは、否定的な声が聞こえそうです。しかし、自分に投資して、やらなければいけない環境を整えることは、ダイエット成功の近道かもしれませんね。

運動系のダイエットは食事系のダイエットと違い、見た目が変化することで、周りからも評価も高くなることにより、やる気が継続し、外的要因でダイエットが成功する人が多いのでしょう。

運動系のダイエットだけでなく、食事系のダイエットも織り交ぜながら両方の良いところを併せるとより効果的にダイエットをしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました