映画弱虫ペダル 撮影はいつ行った?撮影ロケ地はどこ?

映画

2020年8月14日、映画『弱虫ペダル』が公開されます。『弱虫ペダル』といえば、週刊少年チャンピオンにて連載中の大人気漫画です。自転車競技を題材にしたスポーツ漫画で、その人気ぶりからこれまでに舞台化・テレビアニメ化・テレビドラマ化と様々なメディアで取り上げられています。

今年はついに待望の実写映画化ということで盛り上がっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そこで映画『弱虫ペダル』の撮影がいつ行われたのか、ロケ地はどこなのか、調べてみました。

弱虫ペダルの撮影はいつ行った?

早くから話題となっていた映画『弱虫ペダル』ですが、その撮影が開始されたのは2020年2月初旬だそうです。しかし、その後まもなく新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて撮影は中断。一時は映画公開日が遅れてしまうのではないかと心配もされました。

しかし緊急事態宣言解除後の6月より細心の注意を払いながら撮影が再開され、なんと6月19日には映画の公式サイトにてクランクアップが報告されています。映画の撮影というと長い期間をかけて行われるイメージですが、緊急事態宣言の影響もあってか短期間で行われた印象ですね。

ちなみに劇中の自転車での走行シーンはCGや合成などを使用せず、出演者の皆さんが実際に走っているのだとか。自転車競技の部活動が物語の舞台ということで、きっと大変な努力をされたことでしょう。

映画やドラマの撮影中断では、中断前と後のシーンでの出演者の容姿の変化が心配されることがあります。実際には数カ月の時間が空いたとはいえ、作品の中では時間が経過していないということもよくあり、出演者は体形や髪形などに変化がないように気を配る必要があるからです。

『弱虫ペダル』では自転車の激しい走行シーンもあるということで、出演者の方々は容姿のキープ以外にも外出自粛中の体力づくりに取り組まなければいけなかったようです。俳優さんは私たちに見えないところで様々な努力をされていらっしゃるのですね。

オタク少年でありながら自転車競技部に入部しその才能を開花させていく主人公・小野田坂道を演じた永瀬廉さん(King & Prince)は、クランクインの時に前髪を眉上までカットして撮影に臨んでいたそうですが、撮影再開時に再び同じ髪型になるようにカットしたようです。

主人公と同じ自転車競技部の部員で、最初にその素質を見抜く同級生・今泉俊輔を演じた伊藤健太郎さんと永瀬さんが激坂といわれる坂道を登るシーンでクランクアップとなったということで、最後まで体力的にも厳しい撮影となったことが伺えます。

撮影のロケ地はどこ?

さて、原作ファンの方も出演者のファンの方もその撮影ロケ地は気になるところではないでしょうか?近頃ではドラマや映画のロケ地を作品のファンの方や出演者のファンの方がまわる、ロケ地巡りなんかも流行っていますよね。

今回の映画『弱虫ペダル』は自転車競技が題材ということで様々なロードレースの場面が見どころとなっている作品でもあります。注目度の高い作品ともあって、屋外でのロケが始まるとSNS上では各地で目撃情報があがりました。

まずは主人公の通う高校のシーンですが、三重県にある暁高校で撮影されたようです。暁高校は三重県四日市市にある私立高校で、中高一貫校でもあります。暁高校の出身者には女性お笑い芸人・ニッチェの近藤くみこさんもいらっしゃるそうです。

原作では千葉県佐倉市にある県立高校が物語の舞台となっていますが、校舎が小高い山奥にあるという設定ですので緑に囲まれた暁高校はイメージにぴったりといえるでしょう。

そして注目の自転車での走行シーンですが、目撃情報からこちらは1か所ではなく数か所で撮影が行われたようです。

先述の高校のロケ地でもある三重県では伊勢市の伊勢志摩スカイラインでも出演者の方々が多く目撃されていました。

伊勢志摩スカイラインは「伊勢と鳥羽を結ぶ天空のドライブウェイ」というキャッチフレーズからも分かる通り、美しい景色を見下ろしながらドライブが楽しめる人気のコースです。しかし一点注意したいのが、こちらは通常自動車専用道路となっているため映画のように自転車での走行はできません。映画と同じ景色を見に行きたいという方は自動車または126cc以上のバイクで楽しみましょう。

もう1か所、屋外で出演者が多く目撃されたのが静岡県浜松市です。浜名湖ガーデンパークや中区の中心市街地、船明ダム湖などが撮影ロケ地として使用されました。現在浜松市中区にある浜松魅力発信館「ザ・ゲート・ハママツ」では映画『弱虫ペダル』の展示会が行われています。

ロケ地マップの製作・配布だけでなく、実際に撮影で使用した自転車や衣装の展示もされています。9月30日まで開催とのことなので、興味のある方は是非行ってみてください。

そして今、撮影が行われたのではないかと噂になっているのが千葉県です。残念ながら場所の特定はできなかったものの、クランクアップ前の6月16日に映画『弱虫ペダル』の公式Twitterが「サイクリングロード 千葉県」と書いてある看板の写真を公開しました。

千葉県は以前からサイクルツーリズムに力を入れておりサイクリングロードが複数あるため、いずれかで撮影が行われたのかもしれませんね。映画が公開されれば詳しい場所の特定もできるようになるかと思われますので、公開日を待ちましょう。

まとめ

映画『弱虫ペダル』はその熱い青春ストーリーだけでなく、フレッシュな若手の出演者が揃ったことでも話題となっています。永瀬廉さん(King & Prince)、伊藤健太郎さんをはじめ、橋本環奈さんや井上瑞稀さん(HiHi Jets/ジャニーズJr.)らも出演しています。

彼らが三重県や静岡県の美しい景色の中で繰り広げる汗と青春の本格スポーツ映画、『弱虫ペダル』の公開が待ち遠しいですね。

映画を見た後でロケ地巡りをすると更に楽しめること間違いなしなので、是非感染症対策をしっかりしたうえで楽しんでください。

原作マンガ「弱虫ペダル」をお得に読む方法

原作マンガ「弱虫ペダル」は、コミックで読むだけでなく、U-NEXTでも読むことが出来ます。

U-NEXTでは、お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。これで約1冊分無料で読むことができます。

また、月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、毎月マンガ約2冊分を無料で読むことができます。

登録はこちらから可能です。 → U-NEXT<ユーネクスト>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました