MIU404第7話伊吹志摩メロンパン配達待ってたロケ地ドラマ感想?

ドラマ

2020年6月26日TBSテレビ系列の金曜ドラマで放送している「MIU404」。

綾野剛と星野源によるW主演のドラマです。キャッチコピーは、「タイムリミットは24時間だれよりも早く犯人にたどりつけ。」です。機動捜査隊が24時間というタイムリミットをもって事件解決を目指していきます。

「MIU404」は、動画配信サービス「Paravi」で
第1話から最新話まで全話配信中。
今すぐ お試し登録
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。

MIU404 第7話の公式あらすじ

トランクルーム内に男性の遺体があると通報があり、初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)。現場で2人が目にしたのは、トランクルームの中で猫砂の山に埋まり、微笑むような穏やかな顔をしている死体。一見、自殺のように見える状況だが、ただの自殺とは思えない2人は、他のトランクルームの利用者であるジュリ(りょう)と、家出少女のスゥ(原菜乃華)とモア(長見玲亜)の聴取を行うことに。さらに、トランクルームに違法に住んでいる男・倉田(塚本晋也)の証言で、死亡した男についてある事実が分かる。

一方、結婚が決まった長男の両家顔合わせに出席するため会場に向かっていた陣馬(橋本じゅん)は、その道中で偶然にも指名手配犯と遭遇し、急遽後を追うことに…!?

引用:MIU404 公式

MIU404 第7話に使われたロケ地・撮影場所

加瀬のレンタルボックス 神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目13番

梨本健の遺体が発見されたトランクルーム

東日本橋交差点 東京都中央東日本橋1丁目1番

謎の男が怪しい取引の電話をしていて、出前太郎の飛田の自転車と衝突しそうになった横断歩道

神田川にかかる左衛門橋の上 東京都千代田区東神田2丁目8番

伊吹藍と志摩一未が勤務中にメロンパンの配達を待っていたところ

プラネアールが管理するみずほ台ハウススタジオ 埼玉県富士見市針ケ谷1丁目11番

陣馬耕平が息子の婚約者との顔合わせの準備をしている家

KAMAKURA PUBLIC GOLF 神奈川県鎌倉市今泉5丁目1003番組

九重世人がお父さんや、警察のお偉いさんたちとゴルフをしていたゴルフ場

三郷中央駅前の交差点 埼玉県三郷市中央1丁目10番

息子の婚約者との顔合わせに向かう途中の信号待ちで、指名手配犯の大熊邦彦を見つけ、後を追おうとしたら、家族に車から降ろされた道路

理容マツヤマ 神奈川県横浜市中野毛町1丁目49番

陣馬耕平と大熊邦彦が攻防していた理髮店

柳原通り 東京都中央区日本橋馬喰町2丁目5番

走り過ぎて倒れた耕平を伊吹藍と志摩未が見つけた道路

喫茶ロマン 東京都新宿区高田馬場2丁目18番

YouTuberと成川岳があっていた喫茶店

首都高速6号向島線の高架下 東京都中央区日本橋浜町2丁目59番

陣馬耕平、伊吹藍、志摩一未が大熊邦彦を攻防の末捕まえた場所

割烹 田中家 神奈川県横浜市神奈川区台町11番

息子の婚約者との顔合わせに遅れて行った陣馬耕平を温かく迎えてくれた家族のいた料亭

MIU404 第7話撮影協力(エンドロール)

① 株式会社 加瀬倉庫
② 加瀬のロケ班
③ 株式会社東和エンジニアリング
④ KAMAKURA PUBLIC GOLF
⑤ 理容 マツヤマ
⑥ 田中家
⑦ 喫茶ロマン

関連記事は、こちら ↓   ↓   ↓

ずん飯尾役者で活躍MIU404出演アンナチュラル同じ役どんな役か?
現在TBS系列で放送されている連続ドラマ『MIU404』(毎週金曜 22:00~)の第8話にお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹さんがゲスト出演することがわかりました。 2018年1月に放送されていた『アンナチュラル』では、不自然死究明研究所...
MIU404第5話伊吹志摩店員に扮したコンビニロケ地ドラマ感想?
2020年6月26日TBSテレビ系列の金曜ドラマで放送している「MIU404」。 綾野剛と星野源によるW主演のドラマです。キャッチコピーは、「タイムリミットは24時間だれよりも早く犯人にたどりつけ。」です。機動捜査隊が24時間というタ...
MIU404第6話伊吹志摩バーベキューや走行のロケ地ドラマ感想?
2020年6月26日TBSテレビ系列の金曜ドラマで放送している「MIU404」。 綾野剛と星野源によるW主演のドラマです。キャッチコピーは、「タイムリミットは24時間だれよりも早く犯人にたどりつけ。」です。機動捜査隊が24時間というタ...

MIU404 第7話の感想

今回は自分耕平がメインの回だったと思います。

息子の婚約者との顔合わせの日に、指名手配犯を見かけたら追いかけてしまうのは刑事だからなのでしょうね。警察の鏡とも言えるその行動に称賛しました。ですが、家族にとったら、厄介だと思います。家族旅行中に車から追い出されることもあったとありましたし、それだけでないこともあったのだろうなと、想像できました。

なのに、事件を解決してから向かった料亭で、責めることもせず、温かく迎えていた家族愛に感動しました。また、陣馬耕平が婚約者家族に言った、『俺とは違って息子は家族思いです。俺は何も教えていないが、息子が自ら考え得たことです。』のセリフは、自分を美化せずに息子を立てられる最高の父親だと感じました。よかったです。

陣馬耕平と伊吹藍、志摩一未が大熊邦彦を捕まえようとしているシーンは、シリアスなはずなのに、なぜか笑ってしまいました。綾野剛と星野源はかっこよかったのですが、橋本じゅんは体当たりで犯人に攻めていて、頑張っているのですが、二人との差がありすぎました。

また、りょうが演じた弁護士の、家出少女に向けた『悪い大人もいるけど、そうでない大人もいる』は、ずっしりと心に響くものがありました。

今回は心に響くメッセージが多く、教訓にしていくべきことの多かった回でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました