水曜どうでしょう新作どんな内容になるの?過去には何やってた?

バラエティ

北海道テレビ放送(HTB)で制作された大人気深夜番組「水曜どうでしょう」の最新作が制作・放送されることが発表されました。2002年にレギュラー放送が終了したのちは、“一生どうでしょうします”宣言をして、不定期での新作放送が繰り返されてきました。

新作発表のたびに大きな話題となっている同番組ですが、今回の最新作はどのような内容になっているのでしょうか。新作の詳細、そして過去にやっていた内容などをまとめました。

水曜どうでしょう新作どんな内容?

北海道テレビ放送(HTB)が今月5日、人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」の最新作を10月28日より北海道ローカルで放送することを発表しました。5日、番組ホームページで番組開始当初からカメラを担当している嬉野ディレクターが「本日の日記」を更新。

ここで今年秋に新作が公開されることが発表されました。この日記によると、今年の最新作は2018年に収録された7年ぶりの海外旅企画。

さらに今回は当初からのレギュラー出演者の鈴井貴之さん、大泉洋さん、藤村忠寿ディレクター、そして嬉野雅道ディレクターの“どうでしょう班”4人だけの旅となっており、同行スタッフなしの4人だけの旅は、なんと12年ぶりのことだといいます。

前作である「北海道で家、建てます」が2019年12月から2020年春にかけて放送されており、それまでは数年に一度の新作公開となっていたため、今回の1年足らずというスパンの早さに、SNS上では視聴者から喜びの声が多く挙がっています。

「北海道で家、建てます」内で、出演者、およびディレクターが『もう一つの新作がある』ということは話していましたが、具体的な内容や放送時期については明らかになっておらず、最新作発表にはこの当時から期待が寄せられていました。

最新作の内容は、先にも書いたように「海外旅企画」となっており、どうでしょう班4人での海外ロケの様子が収録されます。嬉野ディレクターのコメントによると、旅をしたのが今から2年前の2018年であることから、「自分たちがどんな旅をしてきたのか、もはや誰も覚えてはいない」ということで、内容の詳細は未だ明らかになっていません。

しかし、「大泉洋は前作の『北海道で家、建てます』も手ごたえのないロケだったが『あの旅はもっと手ごたえがなかった』と振り返ります」と大泉さんがロケのの手応えについて言及していることや「番組開始から24年経った今でも、水曜どうでしょうは、4人だけで旅をすると、やっぱりどこか懐かしい、いつか見た水曜どうでしょうの風景になるんだなあと、今回の最新作を見て、あなたは感じるのかもしれません」と嬉野ディレクターがコメントしていることから、番組開始からの4人の空気感や“水曜どうでしょうらしさ”が存分に楽しめる内容が期待できそうです。

水曜どうでしょう過去には何やってた?

「水曜どうでしょう」は1996年10月にレギュラー放送を開始。当初はレギュラー出演者の鈴井貴之さん、大泉洋さんと、ディレクターの藤村忠寿さんと嬉野雅道さんの4人で、過酷なロケに挑む、という内容でした。

前身番組「モザイクな夜V3」で行っていた企画をメインに、出演者や企画を固定せずに放送されていました。

しかし、鈴井さん大泉さんの旅企画が特に人気となったことから、1997年後半以降は、企画が旅企画のみとなりました。

『低予算・低姿勢・低カロリー』をモットーに制作される同番組は、低予算であることを逆手に取り、それまでのテレビ旅番組では異例である、夜行バスを移動に使用したり、レンタカーを利用したりと、コスト削減を行なってきています。

道中でのタレントとスタッフの喧嘩や、移動の座席を巡る口論、さらに愚痴を零している様子などを、カットせずにそのまま放送するスタイルが「面白い!」と話題になり、現在もその包み隠さないスタイルが人気となっています。

従来の旅番組とは異なり、食事や観光を楽しむ様子そのものよりも、愚痴や喧嘩、さらに、「やらせ」を行う様子までもがそのまま放送されています。

前回放送された「北海道で家、建てます」は、11週に渡って、オール道内ロケで鈴井さんの住む赤平市にツリーハウス「レイクサイド どうでしょうハウス」を建てよう、という企画です。

一つの企画に長期に渡って挑戦・放送するという試みは、番組史上初のことでした。なんと番組はツリーハウスが完成せずに終了するという、まさに水曜どうでしょうらしい、「つめの甘い」企画となっています。さらにこのツリーハウス、雪の重みで崩壊してしまう、という衝撃の結末を迎えています。

まとめ

毎回行き当たりばったりで、出演者の素の表情や発言が魅力となっている「水曜どうでしょう」今回もタレント、スタッフ同士の掛け合いや、他の番組では見られない衝撃的な結末に期待が集まっています。

放送開始から24年が経ち、レギュラー放送終了から18年が経った「水曜どうでしょう」ですが、各地の地方局で再放送が今もされているほか、DVDも発売されています。
さらに、Netflixで海外にも配信されるなど、その人気は留まることを知りません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました