映画ピクセル登場したゲームのキャラクターは?監督はだれ? 

映画

映画ピクセルについて、登場したゲームのキャラクターや監督・キャストなどについて調査しました。

映画ピクセルは、2015年7月24日公開のハリウッド映画です。日本では、2015年9月12日に公開されました。パックマン、ドンキーコング、スペースインベーダーなどのクラシックアーケードゲームをフィーチャーしたアドベンチャー映画です。

2010年に作成された短編アニメ「ピクセル」を原作にして、実写化した映画です。2015年9月12日の日本公開では、週末の観客動員数が14万人弱、興行収入が2億円以上に上り、動員数、興行収入ともにランキング1位を獲得しました。

 

映画「ピクセル」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐクリック31日間無料お試し
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

まとめ

映画ピクセルに登場したゲームのキャラクターは

映画ピクセルのあらすじは、NASAが、1982年に、流行していたゲームの映像を収録したメッセージを地球外生命体に向けて、宇宙へ打ち上げます。「パックマン」「ギャラガ」「ドンキーコング」「インベーダーゲーム」などのアーケードゲームの映像が宇宙へ送られました。

2015年に、グアムのアンダーセン空軍基地が、謎の攻撃を受け、立方体のブロック「ピクセル」に、物質が変化します。アメリカ大統領ウイルは、「ギャラガ」のキャラクターだと気づき、子供の時のゲーム仲間のサムを呼び出します。

軍幹部は、ゲームオタクの話を聞きません。帰り道で、サムは、親友のラドラーに会い、NASAが打ち上げたメッセージを、異星人「ヴォルーラ星人」が宣戦布告と誤解して、キャラクターで攻撃してきたと知ります。

インドのタージ・マハールが、「アルカノイド」のキャラクターの攻撃により崩壊します。3本勝負の2本に負けて、後の無いアメリカ軍は、ゲームキャラクター用武器を作り、精鋭部隊にゲームスキルを教えます。

ロンドンで「センティーピード」の敵が襲来し、ゲームに精通したサムとラドラーの活躍により勝利します。ヴォルーラ星人が、次にニューヨークで決闘すると言ってきます。

アーケードゲームの世界チャンピオンのエディに協力を依頼します。彼がチートコードを使用して「ルール違反」を犯したため、星人が地球総攻撃を通告してきます。

サムが宇宙船に入り、「ドンキーコング」で司令官と戦います。ドンキーコングで、サムが勝利して、地球を救います。

登場するゲームのキャラクターは、「アルカノイド」「センティピード」「ダックハント」「パックマン」「Qパート」「ドンキーコング」「マリオ」「ペーパーボーイ」「スペースインベーダー」「ジャウスト」「フロッガー」「ロボトロン2084」「テトリス」「バーガータイム」などでした。

ピクセルの監督出演俳優は誰?過去作品は?

映画ピクセルの監督は、クリス・コロンバスです。クリス・コロンバスは、1958年9月10日生まれで、出生地は米国ペンシルベニア州スパングラ―です。イタリアとチェコ系の家系で、父親はアルミニウム工場の職員で炭鉱夫でした。クリス・コロンバスは、ニューヨーク大学で映画製作を学びました。

最初は映画の脚本を執筆し、24歳でスティーブン・スピルバークに見出されました。グレムリン(1984年)、グーニーズ(1985年)、ヤングシャーロック/ピラミッドの謎(1985年)などの脚本を手がけました。

映画監督としては、ホームアローン(1990年)、ホームアローン2(1992年)、ミセス・ダウト(1993年)、ハリーポッターと賢者の石(2001年)、ハリーポッターと秘密の部屋(2002年)などの過去作品があります。

アダム・サンドラーが、ゲームオタクのサム・ブレナーを演じました。アダム・サンドラーは、1966年9月9日生まれで、ニューヨーク州の出身です。電気技師の父親と保育士の母親の間に生まれました。ニューヨーク大学芸術コースに在籍しました。

アダム・サンドラーは、主としてコメディ作品に出演しています。アダム・サンドラーの過去作品として、素敵な人生の終わり方(2009年)、モンスターホテル(2012年)、マーダー・ミステリー(2019年)、アンカット・ダイアモンド(2019年)などがあります。

サムの幼馴染で、アメリカ大統領のウイル・クーパーを、ケヴィン・ジェームスが演じています。ケヴィン・ジェームスは、1965年4月26日生まれで、ニューヨーク州出身です。父親は保険屋で母親はカイロプラクティック関連の仕事をしていました。ニューヨーク州立大学コートランド校へ進学しました。

ケヴィン・ジェームスの過去作品は、モンスターハウス(2006年)、モンスターホテル2(2015年)、なりすましアサシン(2016年)、サンディ・ウエクスラー(2017年)などがあります。

ミッシェル・モナハンが本作のヒロインで、アメリカ軍中佐のヴァイオレット・ヴァン・パッテンを演じています。ミッシェル・モナハンは、1976年3月23日生まれで、アイオワ州ウインスロップ出身です。シカゴのコロンビア・カレッジ・シカゴで在学中にモデルとして働きました。1999年に同大学を中退しニューヨークに移りました。

ミッシェル・モナハンの過去作品には、ボーン・スプレマシー(2004年)、ミッションインポッシブルIII(2006年)、ミッションインポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年)、ミッションインポッシブル/フォールアウト(2018年)などがあります。

 

映画「ピクセル」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐクリック31日間無料お試し
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

まとめ

2015年の映画ピクセルには、初期のアーケードゲームのキャラクターが、総動員されていて、日本で公開されたときは、観客動員数と興行収入がランキング1位を獲得しました。

80年代のゲームに熱中したゲームオタク達が、エイリアンから地球を守るという奇想天外な内容に共感して、映画を見に行き、興行成績が良かったと思われます。

映画ピクセルは、その後に公開された「ジュマンジ」のようなゲーム関係の映画の先駆けとなった、記念碑的な映画だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました