映画ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼きあらすじ?監督の過去の代表作は?

映画

映画「ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼き」が8月14日に劇場公開となりました。
本作品は偕成社より発行され、日本の児童小説として高い人気を誇っています。そんな本作品が待望の映画化となり、昔からのファンたちにとっては喜ばしいニュースとなっています。

今回は、そんな注目を集めているこの映画のストーリーや映画制作を担当した監督についてまで徹底追及していきます。

ふしぎ駄菓子屋銭天堂の原作はU-NEXTだと100ポイントで1冊読むことができます。
お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。これで一気に無料で読むことができます。月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、全部読むことができますね。
登録はこちらから可能です。  今すぐクリック 31日間無料お試し

映画ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼きどんな話?

はじめに、映画「ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼き」はどのような話なのかという点に触れておきましょう。「つりたい焼き」というのはあくまでサブタイトルで、この映画はふしぎ駄菓子屋銭天堂シリーズの映画化となります。

物語は店の女主人である紅子が駄菓子屋に訪れるお客の悩みを解決してくれる駄菓子をすすめるという、あらすじになっています。さまざまな人の悩みを解決してくれる駄菓子たちですが、その使い方を間違えてしまうと大変なことになってしまうというストーリーで展開されていきます。

今回ふしぎ駄菓子屋銭天堂シリーズの中で映画化されたのは、「つりたい焼き」という不思議な駄菓子を巡った物語が展開されます。釣りが大好きな8歳の男の子が、駄菓子「つりたい焼き」を手に入れて釣りを始めるところから話は広がっていきます。

原作のシリーズ累計は100万部を突破しており、今回待望の映画化となります。本編自体は9分間の作品となるため、他のアニメ映画3作品と組み合わされての映画公開となります。

人気マンガ作品を集めて映画する「東海まんがまつり2020」にて映画化が決定しました。当初は20年4月に公開予定だったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、公開時期が延期となっていました。

しかし、緊急事態宣言が解除されたことに伴い、8月にようやく公開に至っています。2020年の今年、映画化だけではなくテレビアニメ化も決定しており、とても勢いがある作品です。

著者は小説家であり児童文作家である廣嶋 玲子(ひろしま れいこ)さんです。過去に児童文学ファンタジー大賞奨励賞なども受賞しており、独特の世界観で子供も大人も楽しめる作品を世に排出しています。

この駄菓子屋銭天堂シリーズも非常にユニークな駄菓子が繰り広げるストーリー展開となっており、著者である廣嶋さんの魅力が最大限に引き出されている作品となっています。

どんな監督が制作?監督の過去作品は?

次に今回の映画化にともない、監督を担当した人物にもスポットライトを当てていきます。本映画の監督は、富岡 聡(とみおか さとし)さんという方が抜擢されています。

富岡さんは、監督という一面以外に、CGデザイナーという顔を持っており、有限会社カナバングラフィックスというアニメーション制作会社の社長でもあります。そんなCGを専門領域にもつ富岡さんは、これまで数多くのアニメーション作品の制作に携わってきています。

近年の有名作品でいけば、CGアニメ「ウサビッチ」の監督・脚本・絵コンテを手がけています。そんな実力と実績をあわせ持つ富岡さんが、駄菓子屋銭天堂シリーズの独特の世界を巧みな映像で表現してくれることは間違いありません。

富岡さんの経歴を紐解いていくと、大学は東京農工大学大学院を卒業し、株式会社ドリーム・ピクチャーズ・スタジオに3DCGデザイナーとして入社しています。その約2年後にはフリーランスとして独立し、CGアニメーション作品を個人で制作し発表するようになります。

初めて発表したアニメーション作品「SiNK」はテレビ朝日系列の番組でも取り上げられ早速注目を集めます。その後も活躍を続け、発表するCG作品は業界から高い評価を集め、数々のCG・メディア関連の賞を受賞していきます。

2002年にはゲームの業界にも進出し、エンターテイメント向けの作品も手がけるようになります。活躍の場をさらに広げ、2004年には有限会社カナパングラフィックスを設立します。

代表作品には、先ほどもご紹介した「ウサビッチ」をはじめ「バブルマン(サントリーCM)」「イナズマデリバリー(スペースシャワーTV)」など各方面のメディア作品に幅広く貢献しています。そんな富岡監督が映画「ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼き」をどのように映像化するかは劇場でぜひ一度確認してみたいものです。

まとめ

今回は、映画「ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼き」について掘り下げてきました。
有名児童文学とCGクリエイター監督のタッグにより、どのような映画作品に仕上がっているかはぜひ劇場に足を運んで、その目で確かめてみてください。

単に映画を観に行くよりも、作品のバックボーンや携わっている監督の経歴などにも注目すると映画をさらに楽しめるかと思います。

以上、映画「ふしぎ駄菓子屋銭天堂つりたい焼き」についてのまとめ解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました