NETFLIX、映画ドラマ制作者に10万円の支援金支給?給付金より早い?

ニュース

新型コロナウイルスによる感染症の影響は映画・映像業界にも甚大な被害をもたらしています。

いろいろな企業が支援策を打ち出す中、5月22日にNETFLIXが映画・ドラマの制作が出来ず経済的に困窮している日本の制作従事者を対象に、映像産業振興機構(VIPO)を通して1人当たり10万円の支援金が支給されることが発表されました。

日本の制作者に支給される予定額は1億円で、5月28日から申請が開始されます。

NETFLIXが映画ドラマ制作者に10万円支給!対象者は?

気になる映画制作者への10万円の受給条件ですが、以下の方々が対象になっています。

  • 日本国内の映画・またはテレビドラマ制作(アニメは除外)に従事するフリーランスのスタッフ
  • コロナウイルスによる制作延期(もしくは中止)が証明できる人(NETFLIX作品は除外)
  • 制作・技術部門のメインスタッフ・アシスタント、コーディネーター
  • 演出部門(助監督等)
  • 制作部門(制作進行・演技事務・車両担当など)
  • 撮影部門(特撮・特機・視覚効果担当者、アシスタントも可)
  • 照明部門(アシスタントも可)
  • 録音部門(音響・効果担当者、アシスタントも可)
  • 美術部門(衣装・ヘアメイク・メイク担当・装置・装飾担当者、アシスタントも可)
  • 編集・スクリプター部門(アシスタントも可)

 

申請開始日時は、5月28日13時を予定しており、救済基金ページが近日中に公開されます。

10万円の支給可能人数は1,000人程度とされており、応募総数が支給可能額に達した時点で受付は終了となります。応募方法や受給条件に関する詳細の問い合わせはVIPOにて発表されます。

申請期間は、5月28日から6月30日までとなっています。全員がもれなく貰えるわけではなく、先着順となっているので支給総額が1億円に達した時点で終了してしまいます。

いつ頃支給されるの?国の給付金より早い?

国からの特別給付金については、郵送でもまだ申請用紙すら届いていないなんていう地域もある中、NETFLIXのこの給付決定は、映画・映像制作の業界の方にとってはうれしいニュースですね。

申請から支給までは2週間ほどかかるとのことですが、国の特別給付金の支給よりも早いかもしれません。申請してみる価値はありそうです。

国の特別給付金は、早い地域ではオンライン申請してすでに受け取っている方がいるそうです。しかし、マイナンバーカードを作っていない方の割合が高くほとんどの方が郵送での手続きだそうです。

全国の市役所ではコロナでただでさえ忙しい時期に「マイナンバーカードを作りたい」という人であふれかえっていると聞きました。長い人だとカードの発行だけで6~8時間待ちだとか。

NETFLIXの給付金は、先着順なので1,000人という枠にどうにかすれば入れそう、と思ってしまいます。申請の開始期間は5月28日の13時ごろ、ということでサーバーダウンしませんように…と思っていたいところです。

VIPO事務局次長の槙田寿文氏は、「この度のネットフリックス社の救済基金立ち上げに賛同し、給付における事務手続きの代行をすることになりました。困窮している映像スタッフの皆様の助けになれば幸いです。」とコメントしております。

コロナ騒動の中、NETFLIXは他の支援もするの?

ネットフリックス社は、2020年3月、新型コロナウイルスによって突然仕事が無くなってしまったスタッフを支援するため、1億ドル(約111億円)の救済基金を立ち上げたと発表されています。

この発表文の中で、ネットフリックスのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるTed Sarandos(テッド・サランドス)氏は、「新型コロナウイルス感染症により、エンターテインメント業界を含む様々な産業・商業が打撃を受け壊滅状態にあります。

世界中のテレビ番組や映画制作が、中断もしくは中止を余儀なくされる中で、何十万人というスタッフ・キャストが仕事を失いました。その大半が、電気技師や大道具さん、運転手といった作品に合わせられた時間給で働いています。

エンターテインメントは、ネットフリックス社を支えてくれたので、この困難な状況を乗り越えられるように、今度は私たちが救済の手を差し出す番です。」とコメントしています。

世界がコロナウイルスによって甚大な被害を受けている中、ネットフリックス社は2020年3月、今回と同様の救済基金をアメリカでも設立していました。自社の制作従事者のみならず、第三者・非営利団体による緊急支援や俳優の組合団体にも寄付をしており、総額1億ドル(110億円ほど)を投じていました。

この動きもあり、ネットフリックス社の2020年第1四半期(1-3月)の決算発表においては、コロナウイルスにより在宅勤務の需要が増えたことで有料メンバー数が伸びたにもかかわらず、営業利益は予測値を下回りました。NETFLIXと直接の関連がないものでも、あらゆる制作従事者への救済として今回の日本への支援金発表に踏み切ったのはとても心強い救済だと思われます。

まとめ

テレビや映画は、毎日当たり前のように流れているものだと思っていました。

コロナウイルスの影響で再放送の番組が多く流れ、芸能人がリモート出演する日々。新しい形での番組制作に業界はきっと大変かと思われますが、NETFLIXの巨額の支援金はコロナウイルスによって仕事を失った方々の希望になると確信しています。

新型コロナウイルスの1日も早い終息を願い、”いつも通りの日常”がくることを待ち望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました