君の膵臓を食べたいタイトルの意味あらすじ?キャスト役柄紹介!

映画

2017年7月28日に公開された青春映画『君の膵臓を食べたい』は、ロックバンドDISH//の北村匠海さんと女優の浜辺美波さんがダブル主演を務めました。

監督は「黒崎くんの言いなりになんてならない」の月川翔さん、脚本は「アオハライド」を担当した吉田智子さんで、キミスイの愛称で親しまれました。

原作は住野よるさんのデビュー作であり、2020年8月時点での累計発行部数は300万部を突破する大人気作品となっています。

「君の膵臓を食べたい」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
「君の膵臓を食べたい」を、U-NEXT お試し登録で今すぐ見る
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

君の膵臓を食べたい(実写)あらすじ、タイトルの意味はなに?

学校の老朽化により図書館の書物整理を任された僕(小栗旬)。教え子と会話する中、山内桜良(浜辺美波)と過ごした数か月間を思い出す僕。

高校時代の僕・志賀春樹(北村匠海)は偶然桜良が描いていた秘密の日記「共病文庫」を拾うことになり、日記の中には膵臓の病気で短命であることが描かれていました。桜良の秘密を知った「僕」は、「桜良が死ぬ前にやりたいこと」に付き合わされることになります。

お互い性格は正反対ですが、お互いに足りないところをカバーしながら意思疎通を図っていきます。
自分の病気と向き合う桜良と、桜良を見て変わろうとする「僕」の不思議な関係の結末は―

ここまでがあらすじとなっております。

昔の人間は体の不調を他の動物の膵臓を食べて治すという迷信のもとタイトルが付けられました。

桜良から春樹へ送られた「君の膵臓をたべたい」について。桜良自身は「自分の魅力は他人との比較によって作られたものだ」と思い込んでおり、その魅力は自分が生きる理由だと思って生きてきました。

春樹は一匹狼で生きていける強さを持っており、桜良は春樹に憧れを抱いていました。

他人とのかかわりを重視しない春樹が桜良を本気で心配することで桜良は春樹に対して「自分自身が必要とされている」ということを知りました。憧れの存在である春樹に対して、「爪の垢を煎じて飲みたい」という気持ちを直接伝えず敢えて「君の膵臓を食べたい」という言葉に変えて共病文庫にのこすことを決めました。

春樹から桜良へ送られた「君の膵臓をたべたい」について。

春樹自身は他人とかかわることに消極的でありましたが、桜良との出会いをきっかけに自分の内面を変えることが出来ました。桜良にふりかかる病を知り、桜良とお出かけをして楽しむことを覚えたこと、そして何より桜良とともに笑うことが出来るようになりました。

春樹から見た桜良は人間としての魅力があふれ、病気になってからも桜良らしい人間性で春樹と接しており、春樹は「桜良に必要とされた」ことに気が付き、桜良と出会った事を誇らしく思って生きてきたことに気が付きます。

映画の最初で「人に膵臓を食べてもらうと食べた人の中に魂が生き続ける」と伝えるシーンがあり、ラストでその発言をしっかりと回収しているので見ごたえのある作品になっております。

君の膵臓を食べたい(実写)キャストを紹介、役柄は?

人と関わることに消極的で一匹狼を貫いてきた高校生時代の「僕」を演じたのは、ロックバンドDISH//のメンバー・北村匠海さんです。

教室では静かに過ごしてきたおとなしい生徒ですが、桜良の病気を知ってからは桜良との時間を大切に過ごすようになります。桜良にとって春樹の存在は大切であることがのちに伝わり、二人の距離はさらに縮んでいきます。

余命1年と宣告される重い膵臓の病気を抱えながらも、よく笑う素敵な少女・山内桜良を演じたのは浜辺美波さんです。

「病気にかかる」という運命を恨まないことを決意した桜良は日記帳のタイトルを「闘病日記」ではなく「共病文庫」という名前にして病気に対して前向きに付き合っていくことを決めます。
膵臓病のことは家族と春樹以外には知られないようにしています。

桜良の親友・滝本恭子を演じたのは大友花恋さんです。

最初は春樹を敵視している女の子で、桜良のことを常に気にかけてきました。しかし、男のセンスが無く、親友である桜良にたいして最悪な男を勧めてしまいます。作中で唯一結婚のシーンが描かれています。

春樹のことを「志賀」と呼び、いつもガムを勧めてくる同級生・ガム君を演じたのは矢本悠馬さんです。

人と関わることをしない春樹が唯一心を許している存在で、何かと春樹のことを助けてくれます。登場シーンは少ないものの登場するたびに春樹に積極的にかかわっています。不器用だけど素直で優しい役どころになっています。

本作の主軸となる12年後の春樹を演じたのは小栗旬さんです。

桜良が残した言葉を思い出し、春樹は最後に図書室で桜良の手紙を読むことで桜良への思いと自分の思いに気が付きます。原作には描かれていない“12年後の姿”を演じた小栗さんは「キャスティングに驚き、原作の純粋さに心が潤った」と話しました。

桜良の親友役・滝本恭子の12年後の姿を演じたのは北川景子さんです。

学生時代に桜良を亡くしたことを胸に留め、大人になってから春樹が現れ桜良からの手紙を受け取ることになります。ウェディングドレスを着こなしメイクもばっちりでこれから式に…というタイミングに手紙を受け取り、メイクがぐしゃぐしゃになってしまうほどの涙を流す滝本恭子に胸がきゅっとなる視聴者も多くいらっしゃいました。

まとめ

「君の膵臓をたべたい」でダブル主演を務めた北村匠海さんと浜辺美波さんは第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

劇場版アニメ「キミスイ」では、春樹役を俳優の高杉真宙さん、桜良役を声優のLynn.さんが務めました。映画版にしかないシーンもあるので、まだ映画を見たことが無い人はアニメ版や小説と見比べながら見ることをお勧めします。

今ある時間を当たり前だとは思わず、今を生きる大切さを噛みしめることができる素敵な作品になっています。

関連記事は、こちら ↓   ↓   ↓

君の膵臓をたべたい実写原作の違い?通り魔犯人は?病死じゃないの?
2017年に浜辺美波さん・北村匠海さん(DISH//)がW主演を務めた映画「君の膵臓をたべたい」。「キミスイ」の略称で親しまれ、興行収入35億円を超えた大ヒット作品です。 この映画は、2020年8月28日公開の映画「青くて痛くて脆い」...
「君の膵臓を食べたい」のアニメは
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
「君の膵臓を食べたい」のアニメを、U-NEXT お試し登録で今すぐ見る
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました