吉沢亮青くて痛くて脆いどんなストーリー?撮影ロケ地はどこ?

映画

イケメン俳優として人気の吉沢亮さん。そんな吉沢さんが出演する映画『青くて痛くて脆い』が8月28日に公開することが話題になっています。

また、この映画は『君の膵臓をたべたい』で大ヒットした住野よるさんによる小説が原作となっているので、期待値も高いです。今回はこの映画について紹介していきます。

「君の膵臓をたべたい」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐクリック31日間無料お試し
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。
映画青くて痛くて脆いあらすじネタバレ?出演・監督過去代表作は?
「君の膵臓をたべたい」でも知られる人気小説家、住野よる原作の「青くて痛くて脆い」が2020年8月28日に映画公開となりました。主演は吉沢亮と杉咲花がキャスティングされ、人気小説の実写映画化に注目が集まっています。 「君の膵臓をたべたい」は...

青くて痛くて脆いどんなストーリー?

物語の主役となるのは、人付き合いが苦手な大学生、田端楓(吉沢亮)と空気が読めず浮いている秋好寿乃(杉咲花)の2人です。孤独な彼らは互いに惹かれあい、秘密結社サークル「モアイ」を作ります。

彼らは「モアイ」でボランティアやフリースクールなどの慈善活動をしていました。周囲からは、モアイの活動は理想論であると馬鹿にされていましたが、2人はそれを気にしません。モアイはいつからか孤独な彼らの大切な居場所となりました。

しかし秋好はある時突然“この世界“から消えてしまいます。秋好がいなくなった後、モアイは当初のような慈善活動をする団体ではなく、社会人とのコネを作ったり企業へ媚を売ったりする下劣な団体へと変化してしまいました。

取り残されてしまった楓は、変化してしまったモアイを恨むようになり歪んだ感情を持ち始め、こんな堕落した世界を変えようと親友や後輩と手を組んで「モアイ奪還計画」を始めます。

楓はどこへ向かうのか、モアイはどうなるのか、秋好はどこへ行ったのか…謎に満ち溢れる衝撃の青春ストーリーです。先ほど述べたように、この映画は住野よるさんの小説が基となっています。住野さんといえば、『君の膵臓をたべたい』(略してキミスイ)で一躍有名になりました。

『君の膵臓をたべたい』は心温まる感動作でしたが、今回の作品は同じ人が書いたとは思うことのできないような衝撃的な作品となっています。青春+ミステリーという、誰もがワクワクする要素を詰め込んだ映画です。

つづいて豪華なキャストの紹介です。

主人公である田端楓は吉沢亮さん、秋好寿乃は杉咲花さんが演じます。楓の親友の前川董介役は岡山天音さん、董介のゼミの後輩でモアイの幽霊部員である本田朝美役は松本穂香さんです。この2人は楓の「モアイ奪還計画」を手伝う2人です。

その他にも、清水尋也さん、森七菜さん、柄本祐さんなど、有名な俳優が数多く出演します。

撮影ロケ地はどこ?撮影時期はいつ?

では、この映画はどこで撮影されているのでしょう。楓と秋好が通う大学は全て千葉県にある国公立大学、千葉大学で撮影されています。

次にこの2人が笹を持って街を駆けるシーンです。これは神奈川県で有数のお寺である川崎大師の仲見世通りで撮影されています。

川崎大師の仲見世通りは有名な上にドラマの撮影スポットとしてよく使われる場所なので、予告を見てどこの場所かピンと来た方もいると思います。

他にも2人がモアイの活動の一環として海でゴミ拾いをするシーンはおそ
らく千葉県にある『いなげの浜』で撮影されていたり、堕落したサークルへと変化したモアイに所属する学生たちが全員で賑やかなバーベキューをしているシーンは、東京都葛飾区にある水元公園で撮影されています。

以上から、この映画は東京付近を行き来して撮影をしていたことは間違い無いようです。

今判明しているロケ地はどこも行きづらい場所ではないので、ロケ地巡りをするには回りやすいロケーションであると言えます。

また、この映画の撮影は昨年2019年の7月16日から8月20日にかけて行われました。
映画の撮影は後悔予定日の一年前に撮影が終わっているのが一般的であるので、妥当な時期だと言えるでしょう。

新型コロナウイルスの流行前に撮影が終わっていたことによって映画の公開が延期になることはなかったので、キャストやスタッフ、そして原作や俳優の
ファンはとても安心したかと思います。

まとめ

今回は、「吉沢亮青くて痛くて脆いどんなストーリー?撮影ロケ地はどこ?
」についてまとめていきました。

ただの恋愛映画ではなく、ミステリー要素も含んでいるので、若い人だけではなく幅広い年齢の方が楽しめると思います。

また、最後まで結末がわからないストーリー構成となっているようなので、どこに伏線が張られているのかに注目して鑑賞するのもこの映画の見方として面白そうです。

内容が面白そうな上にキャストが豪華なので、公開が待ち遠しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました