風の谷のナウシカ原作漫画と映画の違いは?漫画の結末は?

映画

現在映画館にて期間限定で公開されているジブリ映画「風の谷のナウシカ」。1984年に制作され、企画・監督ともに宮崎駿が行った今なお高い人気を誇る映画です。

実は原作漫画があるということをご存知でしょうか?この作品は、原作の漫画が未完成の段階で映画の製作が始まり、映画公開後に漫画が完結したので、原作と映画ではストーリーの違いがあります。映画は原作2巻途中までの内容です。今回は原作漫画と映画の違いについてまとめてみました!

風の谷のナウシカ 原作漫画と映画の違いは?

漫画「風の谷のナウシカ」は宮崎駿が1982年より雑誌「アニメージュ」より連載し、1994年に完結しました。この漫画版全7巻のうち、1巻~2巻途中までの内容を映画にしたものが映画「風の谷のナウシカ」です。映画が製作されたとき、漫画はまだストーリー序盤で、完結するのは実に10年後でした。

それでは原作漫画と映画の違いはどのようなものなのでしょうか?

原作漫画に登場するが、映画にはいない土鬼国(ドルク)

原作漫画には「土鬼(ドルク)諸侯国連合」という部族国家が登場します。「土鬼」と「トルメキア」の2大国家が戦争を始めるという流れになっています。「風の谷」はトルメキアと同盟を結んでいたので出征を強要され、ナウシカは戦争に巻き込まれていきます。

映画は「トルメキア」と「ペジテ」の2大勢力の争いに「風の谷」の村とナウシカが巻き込まれていきます。

巨神兵の描かれ方

原作漫画では人型で知性のない生体兵器として描かれています。映画ではクシャナ率いるトルメキア軍が巨神兵を目覚めさせますが、原作ではナウシカが巨神兵を目覚めさせ、「オーマ」という名づけるのです。

オーマは秘石を持っていたナウシカを「ママ」と呼び、慕います。秘石とはオーマが発見されたときに一緒に発掘されたもので、巨神兵の復活には欠かせないものです。最初、オーマは知能が低いですが、秘石を体に取り込み、ナウシカと接することで、真の力を発揮するようになり、会話や自分の意志で物事を判断できるまでに成長していきます。

映画の「巨神兵」は、生体兵器で未完成な状態として描かれています。巨神兵を復活させたトルメキア皇女クシャナは、王蟲に向かって「焼き払え!」と指示を出し巨神兵はビームを出しますが、未熟のまま卵から孵化したため、すぐに腐って死に絶えます。

腐海の発生理由

原作漫画では。1000年前の旧人類が大地を浄化するため人工的に作り出したシステムとして描かれています。

映画では、腐海は自然発生し、汚染された世界を浄化してくれるシステムとして自然にできたと、描かれています。

クシャナの詳細が描かれていない

原作ではクシャナの過去についても明かされいます。幼い頃から実の父、兄から命を狙われ、毒を盛られそうになりますが、母親が代わりに毒を飲み、頭がおかしくなってしまいます。そんなクシャナに関する様々な話があり、多角的に非常に魅力的かつ人間として、王の資質を持っている人物だと描かれています。

さらに、優れた判断力のある部下想いのカリスマとしての一面を有り、ある部下の一人のクロトワは「全トルメキア軍の中でもこれほど兵に支持される奴はひとりもいねぇ」と述べています。

原作ではナウシカに次ぐ重要人物という位置づけといっても過言ではありません。

映画では、クシャナな悪役として描かれています。実際に「焼き払え!」と巨神兵に命令したり、人道的でなく冷酷かつ残虐なイメージが強く描かれています。ナウシカとは対照的な悪役です。

また過去についても原作とは違います。「風の谷」に捕まった際も、蟲に体の一部を食べられ、義手、義足をしており、蟲への恨みから腐海を焼き尽くして蟲を抹殺しようと考えた旨を述べています。

風の谷のナウシカ 結末はこんなことになってたの?

原作でナウシカは、古代人が大気汚染を浄化するために意図的に腐海を作ったこと、ナウシカたちは古代人がこの汚染された環境でも生きられるように作った人造人間であること、古代人が目指す浄化された世界では今生きている生物は生きていけないことを知ります。

ナウシカは人造人間の存在意義に納得ができず、古代人が眠る場所を探し当て、オーマを使って全てを破壊してしまいます。戦争が終わり、平和が訪れたように見える世界ですが、ナウシカの決断はこれからの地球に生命が生きのびる道を失くしてしまうものでした。

なぜなら、ナウシカが古代人の眠る場所を破壊したため、完全に浄化された世界で生き延びる生命体が失われてしまったからです。ナウシカは古代人の計画より、今ある自然とともに生きることを選択しました。

映画では、「風の谷」に向かってくる王蟲の大群を止めようと、ナウシカは一人で王蟲の群れの前に立ちはだかります。しかし、群れは止まらず、轢き殺されてしまいますが、子王蟲を助けたナウシカに気づいた王蟲の群れは静まり、金色の触手でナウシカを再び生き返らせました。そして、争いは終わり、トルメキア軍は国へ、王蟲たちは森へ帰りました。風の谷は平和を取り戻しました。

まとめ

いかがでしたか?映画と原作でここまで違いがあったことは衝撃でした!

原作版のラストは賛否両論あるらしいのですが、どう思いましたか?原作の方が、映画よりも今の我々にも通じる科学と自然に関する、宮崎駿の思慮に触れることが出来るのではと感じました。

これを機会にぜひ原作も手にとって欲しいと思いますまたもし映画を見ていない、または見たことない!という方はぜひ見てみてくださいね!

ジブリ関連記事は、こちら ↓   ↓   ↓

借りぐらしのアリエッティ結末ネタバレ?アリエッティ、翔のその後を考察?
8月28日の金曜ロードショーで「借りぐらしのアリエッティ」が放送されることになりました。 本作は2017年に公開された映画「メアリと魔女の花」で話題となった米林宏昌監督が初めてメガホンをとった作品であり、1952年にカーネギー賞を受賞...
コクリコ坂から(映画)舞台はどこの坂?モデルとなった街は横浜、長崎?建物は?
5週連続金曜ロードショウで放送中の夏アニで8月21日放送予定の「コクリコ坂から」見たことあるという方も多いのではないでしょうか。 2011年、宮崎駿さんが企画・脚本、宮崎吾朗さんが監督を務めた作品です。 舞台は、1963年、主人...

スタジオジブリ作品を無料視聴する方法

「スタジオジブリ作品」は
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」
無料DVDレンタルされています。
今すぐ 無料お試し登録
「TSUTAYA DISCAS」は、30日間間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました