アイドルの握手会・イベント中止延期再開は?影響は? 

女性芸能人

新型コロナウイルスの影響により、多くのアイドルの握手会やイベントが中止または延期となってしまいました。これらのイベントは、普段は至近距離で会うことのできないアイドルとファンの交流の場として、とても大切なものです。

果たして今後、これらに再開の目処はたつのでしょうか。

握手会延期中止したアイドル、タレントは?

まずは、男女ともにファンが多い人気女性アイドルグループの乃木坂46。今年の3月末から開始される予定だった全国握手会、個別握手会、イベントが中止、一部が延期されることになりました。

これらのイベントは、乃木坂46のエース・白石麻衣さんの卒業シングルの発売を記念して催される極めて特別なものだったこともあり、中止・延期を悲しむ声は非常に多かったです。

次に、いま大活躍している人気女性アイドルグループの日向坂46。今年の3月初めに開催する予定だった握手会が延期となりました。この握手会は、すでに応募が締め切られ当落が分かっている状態だったので、メンバーに会うことができると分かっていた方はより一層ショックだったと思います。

次に、クールな曲調で音楽的にも高評価を受けている欅坂46。今年の4月初めに公開予定だった映画『僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46』の上映が延期となりました。このドキュメンタリー映画には脱退したメンバーも映っているので、ファンの間でとても話題となっており、悲しむ声が多かったです。

男性アイドルグループでは、ジャニーズ事務所所属の人気アイドルグループ、嵐のライブは開催延期に、NEWS、Kiss-My-Ft2、Sexy Zone、亀と山Pのライブは全公演中止となりました。振替公演の有無についてはチケットを持つファンに向けて随時発表されるようです。

上記の他にも、AKB48グループの握手会やイベント、ももいろクローバーZのライブ、またメディア露出の少ない地下アイドルやご当地アイドルのライブなど、様々なアイドルのイベントに影響が出ています。

収束したら今後の握手会・イベントはどうなる?再開か?

コロナウイルスが収束し始めた今日この頃ですが、イベントの開催予定日や場所はもう詳しく分かっているのでしょうか。これに関しては、延期したイベントをいつ開催するのかを公表しているアイドルはほとんどいません。

また、中止となっているイベントが開催されることになるというのは、会場確保の問題などを考慮するとあまり現実的ではないと言えるでしょう。コロナウイルス収束後でも、第二波の到来を阻止するために延期とされているイベントもすぐには開催されないのではないかと言われています。特に人気アイドルのイベントは規模が大きく人が密集し、それが握手会となるとアイドルとファンが直接触れ合うことになるので、開催は難しいようです。

そんな中、過去に行う予定だったイベントのチケット所有者やアイドルのファンクラブに入っている人のみが見ることができる動画の配信やオンラインでの交流イベントなどが行われることになるのではないかとも言われています。オンライン開催に関しては、見ることのできる対象となる人が対象とならない人にURLを送ってしまったりSNS上に動画を上げてしまったりしないかなど、セキュリティ面を個人のモラルに頼ってしまうことになるので実現は厳しいのではないかという声も、一部の人から上がっている状況です。

握手会・イベント延期中止の影響は?

数々の握手会・イベントが中止または延期となったことを受けて、主催者であるアイドル事務所やアイドル本人以外にも多くの人たちに影響が出ています。

まずは、そのイベントを開催される予定だった会場のオーナーです。何ヶ月も前からそのイベントを行うことが予定されており、多額のお金が支払われるはずであったと思うので、会場の維持費などに当てられるそれらがほとんどなくなってしまうというのは、経済的な負担が大きいと思われます。

次に、イベント会場の近くにあるお店です。イベントには、開催場所から遠く離れたところに住んでいる人が訪れることも多いです。なので、イベント会場の最寄り駅にあるホテルや近くにある飲食店では、イベント期間はファンの人で賑わうことも多くあります。見込んでいたような利益が出ない事態となってしまったことによって、経済的損失が大きいと言えるでしょう。

これらの他にも、イベントのスタッフや出店する予定だった飲食店など、非常に多くの人たちが影響を受けています。

 

まとめ

今回は『アイドルの握手会・イベント中止延期続出!再開するのか?影響は?』についてまとめてきました。イベントを楽しみにしている人はたくさんいるので、新型コロナウイルスが収束したのちはなるべく早くイベントが再開されると良いなと思います。また、今回の中止や延期により経済的に大きな負担を負ったイベント関係者も多くいるので、その人たちへの支援にも力を入れていけると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました