ブラッククローバー【263話】最新話ネタバレ考察|影の情報

漫画

ヤミが死ぬまでにはまだ時間があることがナハトから伝えられた。アスタがどうして時間があることが分かるかと問うと、ずっとスペード王国に潜入していたからだと答えた。

ナハトのことを疑心暗鬼に思っていたアスタだったが、ナハトに縋るしかないと思い、悪魔の力の使い方を教えてほしいと頼み込んだ。アスタはナハトから教えてあげても良いがまずは休息が必要と促された。

団長会議でフエゴレオン団長から世界と冥府が繋がろうとしているかもしれないという言葉が出ると他団長からも色んな憶測が飛び交った。

そのようなやり取りをみて、ジャック団長はやってられないと言い、会議から抜け出し黙って一人でスペード王国に攻め入ろうとするが、シルヴァやシャーロットなどはそれに気づき、ジャック団長に皮肉を言うことで止めに入ると口論になり、会議はめちゃくちゃな雰囲気になった。

そんなところにナハトが突然現れ、会議もろくにできない人たちは嫌いだと団長たちに伝えるのであった。

ブラッククローバー【263話】最新話ネタバレあらすじ

突然現れたナハトの存在に侵入者かと戦闘態勢を取る団長たちをナハトは悪魔4体で抑えた。魔法帝ユリウスはナハトが黒の暴牛の副団長ということ伝える。

他団長は黒の暴牛だからどんな奴が出てきてもおかしくはないと納得はするが、ジャック団長だけは記憶を辿り、ヤミとナハトが一緒にいたシーンを思い出す。そしてナハトにお前の魔法はという問いに対し、すかさずナハトからそいつはもういないと一言伝えられた。

ナハトから状況について説明が行われる。スペード王国で冥府の門が開かれること、”クリフォト降臨の儀”の準備が進んでいること、そしてヤミとヴァンジャンスがその儀の核として生贄に捧げられることが伝えられた。

またクリフォトは今から7日間かけて降臨し始め、7つの階層にあるそれぞれの門が徐々に開かれていくこと、クリフォトには整合する悪魔が10体点在しており階層が深くなれば悪魔も強くなること、その強さは階層が上の方でダークトライアドの力と同等、下の方の悪魔はそれ以上、そして最後の悪魔ルチフェロが出てきたらこの世界は終わりであることが伝えられた。

ルチフェロが降臨するための触媒となっているヤミとヴァンジャンスは降臨すれば死ぬことから、逆に言えばそれまでは生きていることも伝えられた。ナハトは自分の限界を知っているからこそ、ルチフェロなどのスペード王国に自分じゃ敵わないことを分かっている為、アンチ魔法として可能性のあるアスタを最強にすると団長たちの前で言って見せた。

ブラッククローバー【263話】最新話ネタバレ 感想

今回はナハトからの状況説明がメインだったので、バトルシーンなどもなく面白い展開は無かったように感じました。あと、個人的に思っていることですが、ナハトという存在が団長たちのパワーバランスをぶち壊し始めたなと思いました。

悪魔4体で団長たちを抑えることで、悪魔という力の存在が他の魔法よりもはるかに強いことを知らしめる回になってしまったなと思いました。団長たちが今までに活躍するシーンがあまりにも無いので、恐らくほとんどの読者が団長たちはめちゃくちゃ弱いのではと感じているのではないでしょうか。話の展開として存在価値を上げるために活躍するシーンを設けた方が良いのではないでしょうか。

クリフォトについては、7つの階層という段階分けされた悪魔という話なのでそれぞれの階層による戦いが誰と誰がどのようにして戦うのかなという期待があります。ここで、今まで活躍してこなかった団長が5割程度の力で倒すというシーンを創ってくれればこれからのブラッククローバーにもより一層期待ができるなと思います。

ブラッククローバー【263話】最新話ネタバレ 次号の考察

ナハトからの説明により、今後の動きについてユリウスからあるのではないでしょうか。まずは、目先のアスタを最強にするという宣言の通り、アスタはナハトのもとで修業に入ると思っています。

修行期間もヤミとヴァンジャンスが死ぬまで7日しかないという状況からアスタはギリギリの6日間修行すると思っています。なので、6つの階層は解放されてしまいますので、その対応に団長たち、ユノ、ノエルなどが活躍するのではないでしょうか。

また、アスタにはアンチ魔法から生まれる新たな技が出てくると思いますので、次回の戦闘シーンはそれを十二分に発揮してくれると思っています。

『ブラッククローバー』をお得に読む方法

『ブラッククローバー』は、コミックで読むだけでなく、U-NEXTでも読むことが出来ます。

U-NEXTでは、お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。これで約1冊分無料で読むことができます。

また、月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、毎月マンガ約2冊分を無料で読むことができます。

登録はこちら、今すぐクリック! → U-NEXT<ユーネクスト>

コメント

タイトルとURLをコピーしました