伊勢谷友介力石徹役出演映画あしたのジョー身体づくりに使用か?

映画

人気ボクシング漫画「あしたのジョー」が2011年2月より実写映画で全国公開。
主人公の丈は山下智久さん。力石徹を伊勢谷友介さんが演じます。

物語は昭40年代、東京下町で生活を送る矢吹丈。彼の持つ天性の身のこなしから、元ボクサー・丹下段平にボクサーになることを誘われます。が、問題を起こしてしまった丈は少年院に送られてしまいます。

そこでチャンピオン並みの実力を持つボクサー・力石徹と出会います。お互いの力を認め合い、ライバルとして惹かれあう二人。一足先に少年院を出た徹は圧倒的な強さでエリート街道を進みます。一方、丈はオンボロジムで段平と特訓。クロスカウンターパンチを得意とする人気ボクサーへと成長します。ですが丈と徹の決戦には壁が多すぎました。

キャリア、実力の差、実践の差。そしてボクシングでは決定的なウエイトの差がありました。二人の決戦の前に立ちはだかる壁はかなり大きく高いですがここから二人は自分たちの決戦の為に命を削り、困難を乗り越えていきます。

本当に手に汗握る展開が繰り返され、期待以上の作品です作り上げられた二人の肉体にも注目して見てほしいです!

原作を見ていないという方も楽しんでいただけると思いますよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました