鬼滅の刃連載終了なぜ続編や映画は?

漫画

大人気漫画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が2020年5月18日で発売の週刊少年ジャンプ24号で最終回を迎えた。現在、人気絶頂期であり単行本の累計発行部数は電子版も含むと6000万部超え、2019年4月から半年間アニメ放送もされており主題歌でもある紅蓮華はYOUTUBEの再生回数4300万超えのメガヒット曲でもある。

また、2020年10月には映画の公開も決まっていおり社会現象を巻き起こしている作品であることは言うまでもない。

そのような「鬼滅の刃」の今後の動向について迫っていこうと思う!

鬼滅の刃はなぜ連載終了になった?

人気絶頂の中、連載終了のニュースは鬼滅ファンから驚きと終了を惜しむ声が続出している。それはTwitterで世界トレンド入りするほどのビッグニュースだ。

ジャンプ作品では珍しく人気絶頂時に引き延ばしがなく終了。週刊少年ジャンプの看板作品は日本を代表する作品と言っても大げさではなく、その人気のあまり連載終了が容易ではないとされている。代表的なものでいうと「ドラゴンボール」が上げられる。完結と思いきやそこからさらに長期連載にいたったこともある。

予告なくの連載終了ともあり毎週の楽しみがなくなった人やまだ読み足りないなど連載終了に対しての心の準備ができていなかった声も多く寄せられるが、今回のように最高潮のタイミングで終わらせるの気持ちがいいというような前向きな意見も多く寄せられる。

「スラムダンク」のように作品として絶頂のタイミングで終わる、音楽界で例えるなら人気絶頂時に活動休止した「Hi-STANDARD」。まさに有終の美を飾ったと言えるだろう。

しかし何と言おうとも「鬼滅の刃」は連載終了はゆるぎない事実である。

それには作者である吾峠呼世晴先生の家庭の事情が関係している。吾峠呼世晴先生は福岡出身でもあり、家庭の事情で長く東京で漫画生活を送ることはできず、連載終了のタイミングで実家へ帰るのではないかとも囁かれている。さすがの週刊少年ジャンプも止めることはできなっかたのであろう。

鬼滅の刃今後の展開はどうなる? 続編はない?

連載終了を迎えた「鬼滅の刃」。続編を期待し待ちわびている読者も少なくない。SNSや芸能等ありとあらゆるところから「鬼滅の刃」に対する声が飛び交っている。

しかし、吾峠呼世晴先生が連載を辞める理由である家庭の事情というのが理由としては重く、それを考慮するとやはり続編の可能性としてはないに等しいと思われる。もし、続編を作るのであれば人気絶頂期の今続けることが適切だと考える。

週刊連載が難しくなるのであれば連載雑誌を移行し、月刊での連載があればと個人的に淡い期待を抱いているが期待も空しく終わるのであろうと感じている。「鬼滅の刃」の時代背景としては大正時代である為、仮に続編があるとした場合、現代に近づくような時代背景での連載があると2次ブレイクが約束されていると考えるがそれも難しいと思われる。

今後映画の公開が決まっている為、続編の連載はなくともスピンオフとしての作品は大いに期待していいだろう。連載終了をしてもしばらくはこの鬼滅ブームが収束することはない。

グッズ販売やコスプレ産業等、根強いファンが燃え上がる「鬼滅の刃」の火を絶やすことなく待つことで吾峠呼世晴先生から家庭の事情が落ち着いた頃に良い知らせが来ることを願うばかりである。その間はアニメ版「鬼滅の刃」、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編がしっかりと穴埋めをしてくれるはずです。期待しましょう!

鬼滅ロス のファンはどこに向かう?

鬼滅ロスとの言葉が生まれるほどの社会現象。アニメ版や劇場版が控えているとはいえ、連載終了をきっかけに鬼滅ファンは新しい作品を求める動向になるでしょう。

週刊少年ジャンプは男性向け雑誌であるが、女性読者を大きく取り入れたのが人気作品となった要因の一つでもある。今までの作品であると「テニスの王子様」や「黒子のバスケ」が上げられる。

その共通点としては魅力溢れる男性キャラクター。様々なキャラクターがいることで自分の推しがで決められるのは作品として強い点でもある。「鬼滅の刃」は女性作者ともあってその点は抜け目ない。キャラクター全員が主人公でも成り立ちそうな魅力っぷり、デザイン性にも長けておりコスプレイヤーもこぞって「鬼滅の刃」を取り入れたくなるほどだ。

ここ最近ではそのような作品で目立った作品は「鬼滅の刃」を除くと現れていない。鬼滅ロスのファンは行く先はなく、鬼滅ロスを受け入れつつ待つか、過去作に戻る傾向である。

その中でもキャラデザインが優れており、連載不定期でもありながら根強い人気がある「HUNTER×HUNTER」は連載が再開すれば新規ファンも獲得できるほどの魅力を持っている。または「鬼滅の刃」の陰で息を潜めていたダークホースの漫画家が出現もあると思われる。

まとめ

「鬼滅の刃」続編の可能性はほぼないとみています。

しかし、スピンオフ作品は大いに期待したい。今後もアニメ版や劇場版の公開がある為、私たち読者をまだまだ楽しませてくれるはずだ。近いうちの続編はないが、作者・吾峠呼世晴先生の家庭の事情が落ち着いた頃にポンと続編が始まるのを期待し私たち読者はゆっくりと待つとしよう。

鬼滅の刃人気のきっかけは何、ハマる人続出の理由は?
「鬼滅の刃」、アニメをよく見る人も、そうでない人も最近1度は耳にしたことのあるフレーズではないでしょうか。 週刊少年ジャンプにより連載され、現在ではシリーズ累計発行部数が6000万部を突破している超人気漫画です。しかも、この漫画のすご...

コメント

タイトルとURLをコピーしました