TENETテネットタイトル意味は?imax/4D放映映画館は?

映画

「インセプション」や「ダークナイト」などで知られるクリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET』が、ついに日本でも9月18日より全国で公開されます。約1ヶ月半遅れで公開となった全米では、オープニング興行収入が約2000万ドル(日本円で20億円)を突破し、首位でのデビューとなりました。

今回は、映画タイトルにもなっている“TENET”の意味や、IMAX及び4D X対応劇場の情報についてまとめました。

TENETテネットタイトル意味は?

『TENET』は“時間の逆行”を利用して、未来の第3次世界対戦を未然に防ぐべく奮闘する主人公やその相棒の奮闘を描いたスパイアクション。

満席で賑わうウクライナのオペラハウスで、突然テロ事件が発生。現場に特殊部隊として突入した主人公・名もなき男は、大量虐殺を阻止することに成功します。

しかし、男は仲間を救うために身代わりで捕らえられてしまい、更に自害用の毒を飲まされてしまいます。しかし、何者かによって毒薬は鎮静剤にすり替えられており、一命を取り止めました。

目を覚ました男のもとに、フェイと名乗る人物が現れ、未来の装置「時間の逆行」を使って第3次世界大戦を未然に防ぐという謎のミッションを命じます。ミッションの鍵となるのは“TENET”という謎の言葉。男はフェイに「この言葉を忘れるな」と告げられます。

この“TENET”という言葉、(個人または集団が信奉する)主義、教義、信条、原則などという意味があります。作品内でのこの言葉の意味について、インターネット上では様々な憶測が飛び交っていますが、中でも“SATOR式”というラテン語の回文が関係している、という説が有力視されています。

SATOR式とは、正方形の方陣にアルファベット5文字が縦横いずれでも5単語sator,arepo,tenet,opera,rotasとなるように並べられています。

前から読んでも後ろから読んでも同じ言葉になるように構成されていますが、tenet以外の4単語は、逆から読むと別の単語になるように構成されていますが(satorとrotas,aperoとopera)tenetだけは逆から読んでも同じtenetとなります。

上下左右どこから読んでも同じであるこの言葉、「時間の逆行」つまり「時間の反転」が鍵となる今作との繋がりがあると考えられます。

作中には、「落ちている銃が手元に吸い寄せられる」「横転していた車が元どおりになって走り出す」など時間が反転しているように見えるシーンが数多くあります。このようなシーンが「TENET」なのではないかと言われています。

imax/4D放映映画館は?

ノーラン監督は、今作について、構想の段階からIMAXでの公開を前提に製作しています。

そもそも「IMAX」とは、カナダのIMAX社が開発した動画フィルムの規格とその映写システムのことを言います。“ファーストクラスの映像体験”がキャッチコピーとなっており、映画を構成する映像、音響、空間、そして作品の水準全てを最高レベルに高めたシステムです。

上下左右いっぱいに広がる大型スクリーンを駆使し、従来の規格では実現不可能だった高画質、高音質、迫力満点の一体感を生み出します。この IMAXにこだわり、IMAXカメラで撮影、ポストプロダクションをIMAXシアターで行うことで、IMAXシアターで上映した際に魅力を最大限に引き出せるように製作されています。

今作は日本でもimaxで楽しむことができるということで、話題となっています。109シネマズでは、IMAX鑑賞券を通常より4日早い11日から先行販売を開始することを発表していましたが、先行販売は中止に。

しかし、通常販売は行うとのことで、IMAXで楽しむことは可能とのこと。IMAXレーザーの対象劇場は大阪エキスポシティ、IMAXレーザーの対象劇場は菖蒲、二子玉川、グランベリーパーク、川崎、名古屋、IMAXデジタルシアターは木場、湘南、箕面となっています。

また、TOHOシネマズ公式サイトでもIMAX導入劇場での上映が発表されており、IMAXレーザー対象劇場が新宿、流山おおたかの森、IMAXデジタルシアター対象が日比谷、立川立飛、仙台、ららぽーと横浜、二条、なんばとなっています。

グランドシネマサンシャインも公式サイトでIMAXでの上映を発表している他、今年7月に行われた「ダークナイト」のIMAX&4DX版が放映された劇場の多くも、IMAXや4DXでの上映を予定しています。

現在上映が予定されているのは、上記劇場他、ユナイテッドシネマ、シネプレックス、MOVIE ON、USシネマ、HUMAXシネマズ、イオンシネマ系列等のIMAX対応劇場となっています。

映画TENETテネットネタバレあらすじは?キャスト監督は?
SF映画の巨匠と呼ばれる監督クリストファー・ノーランがおよそ3年振りに新作を公開しました。「国際スパイ」をテーマにしており監督を含めキャストにも注目が集まっています。 ジョン・デヴィット・ワシントン主演でTENETでは名前のないスパイ...

まとめ

海外ではわざわざ遠くの劇場に足を運んででも「IMAXで見たい!」というファンが続出しているという今作品。対応劇場での鑑賞に期待が高まります。

「華麗なるギャツビー」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ視聴!無料お試し!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました