Bestiaベスティア最新話あらすじネタバレ情報は?

漫画

今回みなさんにご紹介するのは、月刊少年エースAで連載中の『Bestia』です。原作は羊太郎さん。原作は三田誠さん。構成はみやこかしわさん。作画は有坂あこさんです。

幻獣と幻獣使いのお話のようです。色々な能力みたいなものが出てくるので面白そうですよ!

さておき、以下からネタバレ等していきますね。まだ見ていないよ!という方は、書店やネットで漫画をご覧下さい。

Bestiaベスティア 最新話 あらすじ?

最新話はエースA10月号です。

いざ決戦!から始まりました。ロドニーとバジリスクがニーズヘグに挑むところから始まりましたね。邪毒の王最大奥義、穢らわしき腐敗の剣!をニーズヘグに打ちます。ニーズヘグは「この程度の毒でボクをどうにか出来るとでも?」と余裕の表情を見せているところ、ロドニーはもう一つ策を練っていたようです。

ドローンが出てきて、緊急事態への備えはしてあるといって、ニーズヘグに向けて飛ばします。ニーズヘグはすっと空に逃げますが、これもロドニーは読んでいたようです。

爆発したときに出た煙はバジリスクの毒に反応するように出来てるようです。
ニーズヘグを捕らえたかと思ったところ、ある幻獣属性がでてくる。

神鳥のガルータの赫奕たる神鳥の炎翼だ。ニーズヘグの寄生は吸収した幻獣の能力を使うことが出来るようです。そのため、ユニコーンの神聖なる一角獣の癒やしも使いこなせてしまうようです。ニーズヘグは毒で溶けてしまった腕を再生して見せていました。

ロドニーとバジリスクはもう戦えるような状況ではありません。

幻獣と幻獣使いの絆をみたニーズヘグは「つまらない意地や感傷が死より重いなんて理解できない」と言って神鳥のガルータの赫奕たる神鳥の炎翼をロドニーたちに向けて放ちます。

そこに大きな鉄?のような塊が現れます。ファーヴニルと呼ばれた女の子のようです。

Bestiaベスティア 最新話の感想?

ロドニーとバジリスクがニーズヘグに挑むところから始まりましたね!
どうなるのかなって見ていましたが最初は、いい感じで押していましたね。
最終奥義を出して、毒を受けさせ、腕を溶かすことに成功していました。
また、念には念をということで、ドローンを駆使したり、ドローンの爆発からの煙を駆使したりして追い込んでいましたね。色々なことを想定していたようで、流れるように決まっていましたね。しかし、ニーズヘグの幻獣属性の寄生で、炎を出されてしまいました。
ニーズヘグの寄生は端から見たら強いですよね。取り込んだ幻獣の幻獣属性を使えるなんてすごいですよね。
一気に立場は逆になってしまいました。ニーズヘグは幻獣と幻獣使いの絆を見るのが不快だったようで、ロドニーとバジリスクに向けて炎をまた放ちました。そこに!
女の子が登場するというところで終わってしまいました!
次回は、ニーズヘグと女の子との戦いですかね。どこまで押していけるのでしょう。

Bestiaベスティア 次号ネタバレ考察?

次回は11月号ですね。

次回は、ニーズヘグと女の子との戦いから始まりますね。
今回でロドニーとバジリスクはこてんぱんにされてしまいました。
ニーズヘグの寄生は強いです。こちらの攻撃に遭わせて対抗できる幻獣属性を出してくるでしょう。なので次回も女の子はぎりぎりの戦いになることでしょう。
死ぬことはないかと思いますが、ロドニーとバジリスクと同じように戦闘不能まで追い込まれると思います。
アスカたちは儀式を完遂するために動いているはずなので、次回で儀式が完遂出来るかなんですよね。
たぶん、次回は戦闘シーンと儀式の途中経過でお話が次になってしまうのではないでしょうか。
女の子も倒されてしまい、万事休す!というところで終わり、その次に邪魔もはりながらも儀式が完遂できるのではないでしょうか。

出来ることなら、負けないで、女の子で倒してほしいですけど、そこまで簡単な敵でもないはずです。儀式はどんな感じで行われるのでしょうか。準備が必要となると大がかりかも知れませんね。

まとめ

今回は、『Bestia』を取り上げました。

幻獣と幻獣使いのお話面白いですね。幻獣を使っている題材というので、わくわくしますね。

さあ見たことがない方も、これを読んで興味を持った方は読んでみて下さいね。

『Bestiaベスティア』をお得に読む方法

『Bestiaベスティア』は、コミックで読むだけでなく、U-NEXTでも読むことが出来ます。

U-NEXTでは、お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。これで約1冊分無料で読むことができます。

また、月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、毎月マンガ約2冊分を無料で読むことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました