映画甘いお酒でうがい出演者監督は?シソンヌじろうや出演者監督の過去作は何?

映画

小説「甘いお酒でうがい」が実写映画化され、9月25日に公開が決定しました。9月26日には公開記念のオンライン舞台挨拶の開催も決定し、話題となっています。

「甘いお酒でうがい」は、2015年に発売された小説。お笑いコンビ・シソンヌのじろうさんが長年コントで演じている架空のOL・川嶋佳子名義で執筆、出版したものです。
今回はその豪華な出演者や監督、脚本家などの詳細をまとめました。

原作「甘いお酒でうがい」は
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ読む!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。
映画甘いお酒でうがい舞台挨拶や試写会の情報は?シソンヌじろうは出る?
みなさんは、『甘いお酒でうがい』という作品をご存知でしょうか?『甘いお酒でうがい』は、吉本興業に所属しているお笑いコンビであるシソンヌのじろうが、架空のOLである川嶋佳子の名前で書いた、日本の小説です。 そんな小説『甘いお酒でうがい』...
映画甘いお酒でうがいあらすじネタバレは?結末はどうなる?
芸人のシソンヌさんをご存知でしょうか?2014年のキングオブコントの王者であり、今やバラエティ番組のみならずコンビ揃って俳優さんとしても活躍なさっている売れっ子お笑い芸人さんです。シソンヌさんのコントといえば、じろうさんのクセが強い女性キャ...

映画甘いお酒でうがい出演者監督は?

新型コロナウイルスの影響で公開が延期となっていた映画「甘いお酒でうがい」が、9月25日(金)より公開となります。

芸人のみならず、脚本家や俳優もこなし、多方面に活躍するお笑いコンビ・シソンヌのじろうさんが原作小説を著しています。

物語の主人公は、平凡な40代のOL・川嶋佳子。佳子はある会社で派遣社員として働いており、その平凡な日常を日記につけています。撤去された自転車と再会したことや変化を求めて反対方向の自転車に乗ってみたことなど、日々の小さな幸せを綴っていました。

そんな佳子の1番の幸せが、会社の後輩の“若林ちゃん”と過ごす時間でしたが、ある日、年下の男性“岡本くん”と恋に落ちます。

平凡なOL・佳子を映画「フラガール」やテレビドラマ「Mother」で知られる大女優・松雪泰子さんが演じています。

後輩の若林ちゃんを演じるのは映画「舟を編む」やテレビドラマ「西郷どん」「凪のお暇」に出演し、演技は女優として有名な黒木華さん。佳子の二回り年下の恋人・岡本くんを、俳優の清水尋也さんが演じています。

清水さんは、2012年に俳優デビューし、その後テレビドラマ「高校入試」や映画「陽だまりの彼女」などに出演。2014年公開の映画「渇き。」で主人公の娘に恋をする少年・ボクの役をオーディションを勝ち抜いて獲得し、脚光を浴びました。この後、映画「ちはやふる」やテレビドラマ「anone」などの人気作品に次々と出演している、注目の演技派若手俳優です。

このほか共演に、古舘寛治さん、前野朋哉さん、渡辺大知さん、さらに芸人のレイザーラモンRGさんら、個性豊かな役者が勢揃いしています。

そして、監督を務めるのは、独特な経歴を持ち、近年話題作を連発している大九明子さん。

大九さんは、明治大学出身の52歳。大学在学時にはコント集団に所属し、卒業後は官庁の外郭集団で秘書として働きましたが、わずか4ヶ月ほどで退職してしまいます。退職後は芸人養成スクールへ入学し、お笑い芸人、そして女優として活動しました。

その後、制作者を志すようになり映画美学校へ入学。学内のシナリオコンテストで脚本が選出され、この時の作品「意外と死なない」で監督デビューしました。2017年に映画「勝手にふるえてろ」で監督と脚本を担当し、東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を受賞するなど、快進撃が続いています。

シソンヌじろう出演者監督の過去作は何?

2018年に日本テレビ深夜ドラマ「卒業バカメンタリー」で脚本家デビューして以降、テレビ東京「四月一日さん家の」やテレビバ配信「寝ないの?小山内三兄弟」シーズン1〜3、同作スピンオフドラマ「働かないの?唯一兄ちゃん」、テレビ朝日と吉本興業の共同制作映画「美人が婚活してみたら」と、この3年間で、6作品に携わっています。

監督である大九明子さんは、「勝手にふるえてろ」の他にも多くの話題作を世に送り出しています。

2007年の「恋するマドリ」で長編劇場作品デビュー。「東京無印女子物語」や「ただいま、ジャクリーン」「でーれーガールズ」などで監督を務めた他、「怪談新耳袋 百物語」や「ああ、ラブホテル」などのテレビドラマ作品では、演出家としても活躍しています。

主演の松雪泰子さんは、「フラガール」「Mother」などの代表作の他にも、多くの人気作品に出演している他、2007年公開の劇場アニメ「ベクシル 2077日本鎖国」2011年公開の「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」で声優を、そして2012年の映画「ボーン・レガシー」2018年の「リメンバー・ミー」で吹き替えを担当するなど、声の演技でも手腕を発揮しています。

若林ちゃん役の黒木華さんは、2013年に、ブレークのきっかけとなったNHK連続テレビ小説「純と愛」や「リーガル・ハイ」第2シリーズ、映画「シャニダールの花」「舟を編む」での演技が評価され、その年のキネマ旬報ベストテン、日本アカデミー賞など、日本の主要な映画賞の新人賞を7つも受賞しました。

今年10月公開予定の映画「浅田家!」にも出演しており、早くも話題となっています。

注目の若手である岡本くん役の清水尋也さんは、今年だけですでに3作の映画に出演。8月公開の「青くて脆くて痛い」9月11日公開の「妖怪人間ベラ」に出演しています。

また、人気バンドBUNP OF CHICKENの新曲「Gravity」のミュージックビデオにも出演しており、着々と活躍の場を広げています。

まとめ

今回は、シソンヌじろうさん原作で話題の映画「甘いお酒でうがい」の出演者や監督、そして過去作品についてまとめました。

今年の4月に公開予定だった作品が、約5ヶ月の延期を経てついに公開ということで、その期待値は高まっています。

予告動画には見ない日はないほどの人気お笑いトリオ・3時のヒロインがナレーションとして出演。本編のみならず、予告や出演者の経歴もチェックしてから観たい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました