BLACKPINKメンバー詐欺にあった手口は?

音楽

韓国発の人気女性グループ、BLACKPINKのメンバーが巨額詐欺被害に遭いました。日本でも詐欺が横行していますが、その魔の手はK-POP歌手にも及んでいました。

日本や海外で大人気のBLACKPINK。なぜ詐欺被害に遭ってしまったのでしょうか。今回はどんな詐欺被害に遭ったのかを詳しく調べました。

BLACKPINK誰がどんな手口で被害に?

BLACKPINKのタイ人メンバー・LISA(リサ)さんは、元マネージャーから10億ウォン(約8800万円)近くの詐欺に遭ってしまいました。

どんな詐欺かというと、なんと「代わりに不動産を調べる」といってお金を受け取り、実際は不動産ではなくギャンブルに使うという驚きの内容でした。人の良心につけこんだ悪質な詐欺に、「優しいLISAが被害に遭うのが本当に悲しい」とファンからはLISAさんを心配する声があがっています。

デビュー当時から担当マネージャーを務め、売れない時期からずっと一緒に寄り添ってきた元マネージャー。元マネージャーはとても優しくまじめな性格で、LISAさんが新人として過ごしていた時代から信頼してきた人物でした。

一緒にやってきたパートナーが苦しんでいると聞いて、LISAさんは見過ごせなかったのでしょう。
信頼しきっていたこともあり、お金を渡してしまったとのことです。ですが、元マネージャーの悪行は周囲の人には全く知られていなかったそうです。

LISAさん本人やグループの活動に支障をきたす可能性があるため、この事実はLISAさんとしても外部に知られたくない状況でした。しかし、このお金はすべて不動産ではなくギャンブルに使われてしまいました。LISAさんとしては長年の信頼関係もお金も失う結末になってしまいました。

「LISAは外国人メンバーですが幼少の頃から韓国で過ごしてきたこともあり、経済観念をはじめ生活に関わる事に詳しくなかった」「国内マネジメントイメージにひびが入りかねない極めて深刻な状況です」とグループ関係者は心境を語っています。

BLACKPINKメンバー&事務所の声明は?

「信頼してきた人なので円満に解決したいというLISAの意向により、元マネージャーは一部は返済し、残金は返済計画を立てることに合意。現在は退社しています」と所属事務所のYGエンターテインメントはコメントしました。

また、「アーティストとマネージャーという信頼関係を悪用したマネージャーに対して困惑する一方で、管理しきれなかった責任を痛感しており、二度とこのようなことが起きないように再発防止策を講じていきたい」と述べました。

BLACKPINKの他メンバーは詐欺被害報道へのコメントはされておらず、BLACKPINKのことを良く知るLISAさんの知人は「BLACKPINKがデビューする前から共にしてきたマネージャーは他のメンバーもLISAも特に信頼を寄せていました」「プロデューサーの次に信用を置き、頻繁な海外への活動スケジュールをこなす中で味方になっていてくれた」「家族のように信じていただけに裏切られたショックも大きく心身ともに傷ついている」とインタビューに答えました。

BLACKPINKは世界規模で人気があり、去年は初めてのワールドツアーも開催。メンバーは海外の慣れない環境で過ごす事が多かったこともあり、どんな時も支えてもらっていただけに元マネージャーとはビジネスパートナー以上の関係性になっていたと思います。

また、BLACKPINKは6月に活動目標を立てて準備中とされており、9月にはアルバムを発売する予定もあります。そんな中でのLISAさんの詐欺被害の報道。活動に携わる関係者の間では緊張感が漂っています。

詐欺被害にあった著名人は誰?どんな被害にあった?

過去にタレントの山口もえさんは、通販詐欺を特集したテレビ番組に出演した際、詐欺に遭った経験を番組で話しました。お試し商品として取り寄せた健康食品を「半年間の定期購入契約」に勝手にされており、夫の田中裕二さんと健康食品を飲み続けていました。期間が半年間と短期間だったこと・詐欺被害額が少額だった為に気が付かず、知らず知らずのうちに詐欺被害に遭ってしまったというケースです。

教育評論家の尾木ママと、芸人のキンタロー。さんは同じ手口の詐欺被害に遭ったことを告白。詐欺の内容はネット上でのウイルス感染詐欺でした。パソコンがウイルスに感染しましたというポップアップ通知が表示され、ウイルス駆除をしたい旨の電話をかけると料金を請求されるという形の詐欺でした。

尾木ママの場合は、カード払いを拒否しましたがアマゾンギフトでお金を払ってしまい、キンタロー。さんの場合はカードで支払いをしてしまいました。アマゾンギフトは詐欺によく使われやすいので、支払いをアマゾンギフトで要求された場合には注意が必要です。キンタロー。さんのようにカードで支払いをした場合は、相手側にカード番号が知られてしまうので、二次被害の心配も懸念されます。

この詐欺の共通点は、電話の相手が日本語が喋れない外国人が対応していたという点です。
ウイルス感染はよくあることなので、電話をする前に自分でウイルスを駆除できるソフトをパソコンに入れることが先決です。

過去に莫大な金額の詐欺に遭った人で有名なのは、元阪神タイガース監督の金本知憲さんが投資詐欺に遭ったことが挙げられます。知人に架空の農業法人を設立する旨の話を持ちかけられ、引退後の収入になると考えた金本さんは投資をしてしまいました。1度だけではなく、6年の間に何度も高額投資を繰り返していき、最終的に詐欺被害に遭ってしまいました。総額は8億円ともいわれています。

まとめ

「自分は詐欺には引っかからないから大丈夫」と思っていても、詐欺に遭ってしまう可能性があります。電話で大切な人や家族がケガをした・させてしまった、事故に遭って病院に…なんて言われたら動揺してしまいます。

動揺したところや気持ちの弱っているところに入り込んでくるのが詐欺です。詐欺はどんな時も発生します。気を引き締めて生活していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました