嵐リモート紙芝居のマンガラングリーンベクーってなんなの?

男性芸能人

皆さまこんにちは。本日は今話題の嵐が公式YouTubeチャンネルで配信しているリモート紙芝居の内容です。

そちらで配信された紙芝居「おとうさん」の中で出てきて、子ども達にも話題になっているマンガラン・グリーン・べクーについてお話ししたいと思います。外出自粛中に少しでもエンターテイメントを!という嵐の意気込みも含めてお伝え出来たらと思います。

嵐リモート紙芝居ではどんなことしているの?

嵐の公式YouTubeチャンネルがあり6月3日現在でチャンネル登録者数は292万人となっております。ジャニーズ事務所の今までベールに包まれていたタレントたちですが、今回の新型コロナウイルスの新しい取り組みとしてSNSでの配信を積極的に行ってます。

そんな中4月25日に初回の配信がスタートしたのが、嵐のYouTubeチャンネルによるリモート紙芝居です。初回は「さんびきのこぶた」をしており、櫻井くんが作ったあみだくじで他のメンバーが線を足していき、配役を決めてからスタートするという内容で進められるリモート紙芝居です。

その時の配役は

ナレーション 櫻井翔

おかあさんと狼  松本潤

おおぶた 二宮和也

中ぶた 大野智

ちいぶた 相葉雅紀

となっており、紙芝居の内容はもちろんですが、紙芝居を読み終えた後のメンバー同士のやりとりを見ていても微笑ましく、メンバーの仲良ささが伝わってくる内容でした。

その後、「そんごくうだいかつやく」や「ジャックと豆の木」、「赤ずきんちゃん」、「おとうさん」、「かにむかし」の合計6つの作品をYouTube上に配信してくれてます。

嵐の5人がそれぞれの役に合わせて演技をするのを見るのは大人の私でも思わず笑いながら見てしまうような内容で、櫻井くんがこの紙芝居を始めるきっかけを「おうちで過ごしている子どもたちのために。

そしてお子様がいてなかなか時間の取れないお父さん、お母さんがこの配信を子どもたちが見ている間にお料理やお仕事をして、ご自身の時間になるように」というメッセージを込めて配信をスタートさせたとおっしゃってました。

年内に活動を休止してしまう嵐ですが、さすがは国民的アイドル!内容もさることながら、コンセプトも素晴らしいなと感じずにはいられませんでした。

マンガラン・グリーン・ベクーとはなに?

そして今回の本題であるこのマンガラン・グリーン・べクーですが、まるで早口言葉のようなこの言葉は、紙芝居の「おとうさん」の中に出てくる魔物の名前です。上記に書きましたが、嵐のリモート紙芝居では5番目に配信されていたものです。

その「おとうさん」のお話ですが、ネタバレになってしまいますが、少しストーリーをお話しします。

南の島にひとりぼっちで住んでいた、魔物のマンガラン・グリーン・ベクーは寂しさをかんじてまにした。川で水あびをして遊んでいたお父さんとぼうやをみて、二人がうらやましくなります。ふしぎな呪文をとなえてお父さんそっくりに化けたマンガラン・グリーン・ベクーは、自分が本当のお父さんだとぼうやに伝えて連れていこうとします。どちらが本物のお父さんか見分けがつかないので、島の王様に相談をしたところ裁判になりました。王様はお父さん二人に、交代でぼうやをたいこに入れて山のぼりをするよう命じます。その時の対応で。といったストーリーです。

この中で出てきた、ひとりぼっちで寂しさをかんじねいた魔物ということが、マンガラン・グリーン・べクーとなります。紙芝居としてのストーリーはこのようなかたちですが、今回の嵐によるリモート紙芝居ではどうだったかをお伝えしたいと思います。

まずは配役は、以下の通りとなっております。

ナレーション 相葉雅紀

マンガラン・グリーン・ベクー  大野智

ぼうや 櫻井翔

おとうさん 松本潤

王様 二宮和也

タイトルが「おとうさん」ですが、ナレーションがかなり重要な紙芝居らしく、相葉くんの力の見せ所ですが「マンガラン・グリーン・ベクー」と言うところがとても見もので、私も思わず声を出して笑ってしまいました。

メンバーそれぞれのキャラクターもでており、このお話に目を通してきた松本潤やぶっつけ本番の二宮和也など、紙芝居以外のところも毎回楽しみになるポイントです。

まとめ

今回改めて思ったことは嵐はメンバーそれぞれがキャラクターがあるからこそ、私たちを楽しませてもらえるんだなと感じました。メンバーの仲の良い雰囲気も、今のストレスが溜まる自粛生活に穏やかな気持ちにしてもらえました。

そしてこの「おとうさん」の内容も私自身親として子どもへの思いや感じること、親にならないとわからない感覚があったので、親の心子知らずと言いますが父親は偉大だなと改めて感じられるお話しでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました