ぺこぱシュウペイが松陰寺を食い始めた?ツボるポイントは?

芸人

ぺこぱは、松陰時太勇(ツッコミ)とシュウペイ(ボケ)のサンミュージックプロダクション所属のお笑いコンビ。

今よく聞く、お笑い第七世代に数えられている芸人です。このコンビは松陰時がツッコむように見せかけてフォローをする「ノリツッコまないボケ、否定しないツッコミ」が特徴。最

近よくテレビで見るこのコンビですが、ホスト風で一見目を引く松陰時より、「シュウペイの方が最近きている!」という声が多いので、その理由を調べてみました。

ぺこぱシュウペイがなぜじわじわきてる?

最近、ぺこぱの松陰時ではなくシュウペイの方がじわじわきているという声を良く見かけます。見た目のインパクトや芸風では、やはり松陰時の方が印象に残りやすいですが。ネタではなく、バラエティ番組等の出演時のトークやSNS、YouTubeではシュウペイの印象が凄いように感じます。

ここではぺこぱシュウペイがじわじわ来ている理由を探っていきましょう!

1つ目に、シュウペイにはオネエ疑惑が上がっていました。

理由としては、
・ジャニーズやイケメンが大好き
・SNS等、プライベートの写真は男の人ばかり
・約7年間彼女がいない
大きく分けてこの3つが疑惑の理由になると思われます!!

実際のところどうなのでしょうか。ただ、ネットでもシュウペイの検索虫眼鏡にオネエというワードがあったので、結構いろんな方に検索されていますね、、

2つ目に、シュウペイにはギャル男時代があった!

今では少しお顔がふっくらされていますが、ギャル男時代は、ロンゲでお顔も今よりかなりシュッとされています!顔立ちも整っていてかなりモテたんじゃないかなぁと思ってしまうほどです!SNSやネットにもあるので気になる方は見て下さい!!

さらにシュウペイが明かした「新居の家賃」にSNSやネットで心配の声が上がるという前代未聞な状況に。

「オールナイトニッポン0」で初の冠ラジオに挑戦したぺこぱ。そこでシュウペイが現在の家賃を暴露するタイミングがあったのですが、少し前まで、家賃7万円の1Kに住んでいた。先月の給料は12万だった。たが、家賃17万の1LDKの新築賃貸に引っ越したことを明かしました。

さらに、引っ越し前は笹塚に住んでいたことまでわざわざ発表しました。なんとも素直で正直です。
こういうなんでも話しちゃうところもシュウペイの魅力の一つでもありますね。

その後、SNSやネットでは「シュウペイさん、先月の給料12万なのに家賃払えるの?」「コロナで仕事減ってるけど大丈夫?」「頑張ったなぁ、、シュウペイさん」など心配する声が飛び交っていました。

松陰時とは違った魅力があるシュウペイ。シュウペイがじわじわきている理由はエピソードのユニークさや、隠しきれない良い人さなのかもしれませんね。

シュウペイにハマる芸人、芸能人は?

テレビ朝日で放送された「M-1グランプリ2019」では、決勝10組中9組が吉本興業所属の中、唯一のサンミュージック所属のぺこぱ。彼らの特徴、肯定ツッコミ。どんどん肯定して笑いを誘う。

彼らのネタを審査したダウンタウンの松本人志も「ノリツッコまないボケという新しいジャンルを切り開いた。」と評価した。ぺこぱの肯定ツッコミは「誰も傷つけない。嫌な思いにしない。たたかない。」という新しい漫才で、視聴者にもかなりの好印象を与えているようでした。

シュウペイのSNSでは、格闘家の朝倉未来、朝倉海さん。メイプル超合金のカズレーザーさん。デヴィ夫人。小藪一豊さん。等。沢山の芸能人との写真がアップされていました。

こんなに沢山の芸能人が写真を許可するのも彼の人柄の良さが理由でもあるのでしょう!

シュウペイ単体にハマるというより、ぺこぱにハマる芸能人やファンが急増してきています!!ネタでテレビ出演をするほかに、バラエティ番組等でトークをしていく中で彼らの人柄の良さや、雰囲気に皆さん惹かれていくようです。

芸能人やファンからの好感度もかなり高いので、これからも人気はどんどん伸びていくのではないでしょうか。彼らをテレビで見る日がもっともっと増えていくのが楽しみですね!今後の彼らの活躍にも注目しつつ、楽しく見させてもらいます!

松陰時はどうなの?どうなっちゃうの?

今回、シュウペイの人気がどんどんきているということで、松陰時はどうなのかな?と思いましたが、全く心配はなさそうでした。

お互いに違う魅力が沢山ある彼らは、どちらも人気が高くとてもバランスの良いお笑いコンビです。売れ始めるまでに、時間がかかってしまった芸人でもあるのでこれからの飛躍に期待しましょう。

ネットが社会を分断しているせいで、現代人は優しさに飢えています。だからこそ、相手を否定しない「優しいツッコみ」が人々を和ませた。というようなもっともらしい話が出てくるほど社会に影響をもたらせています。

ブレイクまでにかなり長い下積み時代があったぺこぱ。売れるために何度もキャラチェンジをしてきたようです。前向きに肯定するポジティブなツッコミキャラでブレイクするも、本来の自分の性格ではない、あくまでもキャラであるがゆえに「キャラと素の自分」との差に松陰時は悩んでいるそうです。

ぺこぱのネタを見て、ボケ担当よりもツッコミ担当のほうが記憶に残っているという人も少なくないと思います。私もそうでした。

彼らだけの例ではないですが、今お笑い界には「ツッコミ革命」とも呼ばれる変革期が訪れているようですよ!!こういった新しい芸風がこれからのお笑い界に大きな風を吹かせそうですね!!楽しみです。

ネットの記事やSNSを見てみましたがこのコンビはとてもバランスが良く、どちらの人気も衰えることなく上がっていきそうです。

まとめ

私自身、何度かテレビでネタを見ることがありましたが、今回この記事を書くにあたりしっかりネタをみてみました。率直な感想としては、大爆笑!というより、少し遅れてじわじわクスッと笑ってしまう感じのネタです。

和んでみることのできるネタ。これも彼らの魅力の一つですね。これからもテレビで見る回数がどんどん増えていくと嬉しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました