AppleTV+お得?どんなサービス料金、他のサービスとの違いは?

話題

2019年11月2日にアメリカのApple社が日本でもサービスをスタートした<AppleTV+>についてご紹介したいと思います。動画配信サービスがたくさんある中で、それぞれとの違いや良さなど詳しくお伝え出来たらと思います。

AppleTV+ってどんなサービス?料金は?

まずは<AppleTV+>のサービスは上記にも記した通り昨年11月より日本でサービスがスタートしました。音楽は聴き放題プランがあるAppleの<iTunes>ですが、ドラマや映画を見放題という媒体を持っておらず、ネット上での購入やレンタルのみの利用でした。

それを見放題プランを作り、更にオリジナル作品を作って配信することが可能になる<AppleTV+>を新サービスとしてスタートさせました。昨年11月の時点ではサービスがあるだけで、アプリとしては無かったのですが、今は専用のアプリもあります。

またAmazonの<Fire TV Stick>に2020年4月7日から対応できるようにもなりテレビで見ることができるようになった上、アマゾンプライム会員が使いやすくやりました。

そして料金設定ですが、月額600円で年払いをすれば6000円になります。初回加入時は7日間無料で、期間内に解約すればもちろん料金はかかりません。そのまま利用したい方は自動更新なので何も手続きは必要なしです。

2019年9月11日以降に<iPhone、iPad、AppleTV、Mac、iPod touch>のいずれかを新規購入した方には1年間無料でついてきます。先日買ったiPadに1年無料と何度も出てきた理由が今回ようやく分かりました。さらにApple musicの学生プランの方は追加料金が無いとのことです。

支払い方法ですがサブスクリプションを利用する場合はキャリア決済かクレジットカード決済になるとのことです。

AppleTV+他の動画サービスとの違いは?おすすめは?

まずAppleTV+がスタートした時、視聴可能な動画は8本でした。量より質というイメージでかなり脚本などにも力を入れて、無料期間が過ぎても有料会員として残ってもらう狙いがあるように感じるということです。

他の動画作品と金額を比較してみると

U-NEXT(1,990円)

Hulu(1,050円)

Paravi(925円)

FODプレミアム(888円)

Netflix(800円)

Apple TV+(600円)

Amazon Prime Video(500円)

このように金額は今のところ安い部類に入ると言えます。

その中で、値段こそ高いものの同じ無料期間でも、しっかり満喫できるのはU-NEXTがかなりオススメと言われてます。その理由が31日間無理期間があり、その間に約14万本の対象動画を見ることが出来るのでかなり満足のいく31日間を体験できそうです。さらに国産の動画配信サービスという意味でも使いやすいという声が多いです。

Huluは海外ドラマや洋画が豊富に見れますし、ParaviやFODは国内のドラマなどにやはり強いイメージです。アメリカのイメージではNetflixがよく出てきますが、オリジナル作品が豊富という意味での人気の高さといえます。

Amazon Prime VideoはCMでも話題の日本向けのオリジナル作品が人気で、プライム会員であれば自動的についてくるサービスなのでAmazonユーザーならあって損のないサービスと言えます。

Apple TV+の操作ですが、検索のしやすさや字幕、吹き替えの変換が出来たり、ダウンロードができるという意味では基本的に他との差はほとんどないと言えます。

どんな人に向いてる?向いてない?

我が家ではAmazonプライムに登録してます。Fire TV Stickも使っており、元々映画が好きでしたが子どもが出来てからは全く映画をゆっくり見ずに休日も過ごしてしまい、動画配信という意味では500円のサブスクリクションをただ払い続けている状況です。

やはり家にいる時間が長い人や常に映画のある、ドラマのある生活をする人にはこの様な動画配信サービスは良いサービスと言えます。何か1つの作品を見たいので有れば、その都度レンタルや購入で良いと思います。生活スタイルとして毎月2作品3作品必ずみる方にはとてもお得で魅力的なサービスなので良いと思います。

また見たいもの、好きなジャンルで本当にサービスの種類が変わるので是非ともご自身の目で確かめてから使用していただきたいと思います。

そして本題の今回のAppleTV+ですが、まだまだ作品数が非常に少ないため、何か本当に気に入った作品が有れば良いのですが、そうで無ければ新しいApple製品を購入した人が1年間の無料期間を利用して1年間通して様子を見てみるのが良いと言えます。

つまりApple TV+の利用に向いてる方は

・新しくApple製品を買った方

・無料期間でご自身で600円毎月払ってでも見たい!と思う作品があった

・Apple musicで学生プランに加入している

という方だと思います。

まとめ

今はあまりお勧めしないという言い方をしましたがあくまで「あの」Appleがつくるものです。大量のレコードを下げて、もっとスマートに音楽を聴く方法は無いのか?といったスティーブ・ジョブズが作ったiPadのように、何か生活や経済ごと変えてしまうようなサービスとなり、数年後には恐らくみんなが当たり前のように手にしている時代が来る可能性は十分あるのかな?と思うと今から少し楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました