海賊版ダウンロード著作権法成立影響は?ダウンロードどうなる? 

話題

改正著作権法が2020年6月5日に、参議院本会議で可決・成立しました。違法ダウンロードの規制対象が、これまでの音楽と映像のみから、漫画、書籍、新聞、論文、ソフトウエアのプログラムなど全ての著作物に広げられました。

施行は2021年1月1日からで、Webサイトのスクリーンショットやライブ配信などの映像に移りこんだ著作物、漫画の数コマなどの「軽微なもの」や「特別な事情がある場合」などを対象外としています。

改正著作権法のポイントと影響、過去の海賊版サイトの判例などについて調べました。

改正された著作権法のポイントは?

改正著作権法のポイントは、違法の対象が、従来の音楽や映像であったのに対して、漫画、書籍、論文、ソフトウエアのプログラムなど広範囲な対象に及ぶことです。

対象外として、「軽微なもの」と著作権者の利益を不当に害しないと認められる「特別な事情がある場合」の二点があります。

争いとなった場合は、個別事情を考慮して、裁判所で判断するとなっています。

◎「軽微なもの」の代表例

  1. 数ページにわたる漫画の中の1コマ~数コマのダウンロード
  2. 長文で構成される書籍、論文、新聞記事の1行~数行のダウンロード
  3. 長文の小説の1ページから数ページのダウンロード

漫画、論文、新聞記事のかなりの部分とか、ヒトコマ漫画、絵画、写真など1枚で1作品になるもののダウンロードは、「軽微なもの」には当たりません。

◎「特別な事情」の代表例

  1. 詐欺集団が作ったマニュアルを被害者救済団体のサイトにダウンロード
  2. 自分や家族を守るためのダウンロード

二次創作物やパロディー作品も対象から除外されます(インターネットを使った情報収集を萎縮させないため)海賊版サイトにネット利用者を誘導する「リーチサイト」や「リーチアプリ」も規制されます。

この「リーチサイト」規制の施行は、2020年10月1日からです。リーチサイトでリンクを提供する場合は、3年以下の懲役か300万円以下の罰金、サイトを運営する行為は、5年以下の懲役か500万円以下の罰金になります。

著作物のダウンロードが有罪の場合は、2年以下の懲役か200万円以下の罰金になります。今回の著作権法の改正により、情報関連産業、教育、障害者向け、美術館などの著作物利用を円滑に行えるようになります。

過去話題となった海賊版の判例は?

◎海賊版サイト「漫画村」の判決

人気漫画を無断掲載していた海賊版サイト「漫画村」をめぐる著作権法違反事件で、判決が出ています。漫画村は、3200億円の損害額を与えたと推定されています。

「漫画村」は、運営者・星野路実(27)、指示役・安達亙(38)、アップロード役・藤崎孝太(26)、他に男女2人が起訴されました。漫画村は2016年1月に開設され、2018年4月に閉鎖しました。

スエーデンのプロバイダを経由し、ウクライナのサイバー上に開設されていました。「キングダム」、「ワンピース」などの人気漫画を違法コピーし、インターネットプラウザ上で誰でも無料で読めるようにしていました。

2019年11月7日に、アップロード実行役の飲食店従業員・藤崎孝太被告(26)の判決公判があり、懲役1年6ケ月執行猶予3年、罰金50万円(求刑1年6ケ月、罰金50万円)が言い渡されました。

2019年12月5日に、アップロード実行役のイベントコンパニオン・伊藤志穂(24)に、懲役1年2ケ月執行猶予3年、罰金30万円(求刑懲役1年6ケ月、罰金50万円)が言い渡されました。

2020年3月18日に、指示役の無職安達亙(38)に、懲役1年執行猶予3年、罰金100万円(求刑懲役3年、罰金300万円)が言い渡されました。安達被告は、「犯行で重要な役割を果たし、刑事責任は軽視できない」と指摘されました。

運営者・星野路実は、フィリッピンへ逃亡していましたが、2019年7月7日に、フィリッピン入国管理局によりマニラ国際空港で拘束されました。9月24日に日本に強制送還されました。星野路実は、刑事裁判と民事訴訟があり、公判中で、刑罰と賠償金は出ていません。損害額から考えて、星野路実の払う賠償金は、億単位になると思います。

◎海賊版サイト「はるか夢の址(あと)」の判決

2019年1月17日、講談社が訴えた、ネット上で漫画を無料で読める海賊版サイト「はるか夢の址」の運営に関係した3人の被告に判決が言い渡されました。

運営した和宇慶真(うけいまこと)(23)に懲役3年6ケ月、成合彰(なりあいたかあき)(24)に懲役3年、投稿記事の編集などサイト管理の吉井雄一(39)に懲役2年4ケ月の実刑が言い渡されました。

2019年11月18日に、講談社が、海賊版サイト「はるか夢の址」の運営者に対する損害賠償で、大阪地裁が、運営者らに、総額1億6000万円の支払いを命じたと報告しました。

以上の他にも、海賊版サイトがインターネット上にあり、被害が拡大しています。海賊版サイトの増加により、電子コミック市場の売り上げが激減していました。そんな状況を打破するために、改正著作権法が制定されました。

まとめ

改正著作権法の制定により、海賊版サイトを取り締まりやすくなります。2020年10月1日から、海賊版の「リーチサイト」、「リーチアプリ」の対策が、さらに強化されます。

新型コロナウイルス感染症のために、教育機関の臨時休校があり、遠隔指導や児童生徒のタブレット端末での学習機会が増えています。教育現場で、適切な著作権管理を行う必要があります。今回の改正著作権法により、違法な海賊版サイトや著作権の侵害を排除して、正しい著作物が流通することを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました