ストプリなぜ人気?東京ドーム公演中止再開は?

芸能

中高生の間で絶大の人気を誇る、“歌い手”6人組ユニット・すとぷりこと「すとろべりーぷりんす」公式Youtubeのチャンネル登録者数は80万人を超え、動画の総再生回数は4億回を突破しているほか、ニッポン放送で冠ラジオ番組を持つなど、その活躍の場は多岐に渡ります。

人気絶頂のすとぷりですが、先日、東京ドームでの開催が決定していたライブの中止を発表しました。今回は、そんなすとぷりの人気の理由と、ドーム公演中止の背景を調べてみました。

ストプリが人気のわけは?

「すとぷり」は、元々歌やゲーム実況といった様々な内容のネット配信を行っていたメンバーで結成された人気の歌い手6人組ユニットです。

配信活動や、オリジナル楽曲の制作、ライブ活動などを、セルフプロデュースで行ったり、ファンと直接交流するライブなどの活動以外では素顔を見せずに活動していたりと、今までにない、新しい形のアイドルです。今年で結成4年目となりますが、その快進撃は続いています。

はじめてライブを行った2016年頃は、キャパ約300人という小さなライブハウスでの開催でしたが、以降、その人気はぐんぐん上昇し、2018年12月には両国国技館で1万人を超える観客動員数を記録。

さらにその翌年、2019年には、4月30日・5月1日の二日間で「すとろべりーめもりーvol.7」が幕張メッセイベントホールにて行われ、約1万4000人を動員しました。飛ぶ鳥を落とす勢いでその活躍の場を広げているすとぷりですが、人気の理由はなんといっても「リスナー(ファンの名称)想い」であることです。

メンバー1人ひとりがファンを想い、常にファンを楽しませたいという意識を強くもって活動しています。新しい動画やコンテンツを投稿し続け、更にはリレー方式で動画を配信する「24時間リレー生放送」や「100時間リレー生放送」といった、体を張った企画にも自ら挑戦しています。

体力的にも厳しい企画であっても、ファンを楽しませたい一心で、全力で活動する姿に、心を奪われる人が多いようです。また、応援してくれるファンへの感謝の気持ちを忘れない姿勢も、ファンの心をつかんで離さない、すとぷりの魅力の一つです。

ライブのMCで直接ファンに感謝の言葉を伝えたり、生配信終了後など、些細な場面であっても、SNS等を通じてファンに感謝を伝えたりと、常に謙虚です。1stフルアルバムがオリコンデイリーランキングで1位となった際には、ランキング1位となった4日後に、急遽記念のハイタッチ会を開催し、多くのファンに直接感謝の気持ちをつたえました。

このように、エンターテイナーとしての意識が高いだけでなく、常にファンの気持ちを考え、体を張ってでもファンを楽しませることを第一に活動を続けるからこそ、多くの人がその虜になっているようです。

ドーム公演中止の理由は?再開はあるの?

7日に、公式Youtubeチャンネル「すとぷりちゃんねる」にて、生配信で8月開催予定だった東京ドームでのワンマンライブの中止が発表されました。動画内で、リーダーのななもり。さんは「どうやったら、皆が安心して、ライブに来れるか」と、ギリギリまで開催の方向で話し合いを進めてきたといいます。しかし、「今の世の中の状況を踏まえると、やはり今回はやるべきではないと考えた」と、断念した経緯について語りました。

なお、同公演のチケットについては、未発送であった為、中止に伴う手続き等の必要はないということです。同グループの公演については、既に3月21日にナゴヤドームで開催が予定されていた「すとろべりーめもりーVol.Next!!」の開催が中止となっており、こちらも新型コロナウイルス感染拡大が原因となっています。

こちらについては、チケットも発送済みであった為、現在、返金手続きを受け付けているということです。また、ナゴヤドーム公演のチケットを所持するファンに対し、東京ドーム公演で優先当選となる対応を発表していましたが、東京ドーム公演の中止に伴い、この権利もゼロに戻る形となってしまいました。

ななもり。さんは、今回の決断について「問題に向き合って決断できたことは、とても価値のあることだと思っています」と前向きに語ったうえで、「嬉しいお知らせも」と前置きし、グループとしては、2度目となる“無観客ライブ”をこの夏に開催することを発表しました。『奪われたなら』作ればいい。後ろ向きの“悲しい”より、前向きな“楽しい”を皆に届けたい』と無観客ライブの開催について力強い意気込みを語っています。

今回のドーム公演中止については、メンバーのジェルさんも、自身の公式Twitterでコメントしており「正直悔しい気持ちが強い」と心境を述べ、その上で、「逆境だからこそ、全力でがんばりたい」と。ななもり。さん同様、前向きに意気込みを語っています。

無観客ライブについては、日程や内容など、詳細は現時点では未定となっており、後日、公式サイト等で決定次第、発表されるということで、ファンからは、無観客ライブ開催に対する感謝のコメントや、期待の声が多く挙がっています。

まとめ

今回は、「すとぷり」こと、すとろべりーぷりんすの魅力と、中止となってしまった東京ドーム公演についてまとめました。

残念ながら、初のドーム公演は、名古屋に続き、東京での開催も中止となってしまいましたが、ファン想いなうとぷりらしい、誠実で前向きな決断とコメントに、更にファンになってしまった方も多いのではないでしょうか。更に、無観客ライブの開催も発表され、未定となっている詳細も含め、これからの活動に期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました