ZARA世界的に閉店、日本の店舗も閉店どうなる?

ニュース

ファッションブランドZARA、実際に利用していた方はかなり多いのではないでしょうか?大きなショッピング施設に行くとだいたい有りますね。

2021年にかけて1200店舗を閉店すると発表して話題になっています。親会社もかなり大きい会社ですからね。今回このような発表がありましたが、果たして日本の店舗はどうなんでしょうか?閉店発表について詳しく調べていきます。

ZARA世界的に閉店の理由は?日本店舗はどうなの?

ZARAの親会社である、スペインの大手メーカー「INDITEX」(インディテックス)が2021年にかけて1200店舗を閉店すると発表しました。今、世界中で話題になっています。

INDITEXは、H&Mやユニクロ、GAPを加えた4大SPAの中でも売上高は3兆円を超える、世界最大のファッション小売企業の一つです。そんな大きい会社の店舗が大量閉店ということもあり、日本経済新聞では「新型コロナウイルス感染症の影響で業積不振に陥ったことが原因だと」と報道しています。

しかし、この「減店舗政策」はこれからの為の政策のようです。確かに新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが大幅に減少しました。しかし、4月のオンラインの売り上げは、前年4月に比べて95%の増加だったようです。

INDITEXの最終地点は「店舗とオンラインの完全な統合」です。オンラインの販売強化を図り、総額270億ユーロを投資。2022年までにオンラインでの売り上げが占める割合を25%へ増加させるとのことです。デジタル時代に合う、未来の店舗のあり方を模索。

ネットで注文して店舗で受け取る「クリック&コネクト」等を導入しています。また、「ZARA HOME」を「ZARA」と業態を統合することでオペレーションの効率化、ブランド力の発揮、ライフスタイル提案等につなげているようです。閉店するのは主に、小規模な店舗との事です。

まだどの店舗が閉店するのか発表はされていません。なので、日本の店舗がどうなっていくのかはまだ不明となっています。世界からすべてのZARAの店舗が無くなる訳ではなさそうなので良かったです!安心しました!ただ、オンラインが主流になっていしまうと、試着をしてから買いたい方は困ってしまうかもですね。

とりあえず、小規模店舗の閉店になるのでそれなりに大きい店舗は大丈夫そうですね!

他のファッションブランドも閉店するの?どうなる?

今回の新型コロナウイルス感染症の影響で、閉店に追い込まれたファッションブランドも少なくないようです。他のファッションブランドも調べてみました。

・ビューティーライブラリー
・オンワード
・FLASK
等ですね。調べた感じでは、今の段階で閉店が決まっている店舗はあまりありませんでした。一応、緊急事態宣言が解除され買い物する方も増えてきているので、今後どうなるか状況をみている会社も多いと思います。今後の経済状況により、閉店する。しない。を決めていくのではないでしょうか。

しかし新型コロナウイルス感染症で日本の経済にかなりの影響を与えています。これからのアパレル業界はどうなっていくのでしょうか。誰もが今後の生活に不安を抱えていると思います。沢山のアパレル会社で「会社がいつまで持つのか」を計算し始めています。今回の件で、2021年秋までに日本アパレル企業の半数がなくなると噂されています。

おそらく皆さんも、沢山のメールを受け取っていると思うので気付いている方もいるかもしれませんが、アパレル企業は、今必死の残っている在庫の叩き売りを行っています。中には、70%~80%オフのお店もあります。今の生活では、身なりを着飾っている場合ではない!と洋服を購入する人が減ってきているのが現状です。

かなり大手の会社や、オンラインを積極的に行っている企業は何とかやり過ごせそうな感じですが、どちらも強くない会社となるとなかなか厳しいかもしれません。今後、コロナウイルス感染症が収束していく中で一人一人が日本の経済に貢献し、日本の経済を、元に戻すように回していくことが大切です。

そうすることで助かるアパレル会社も沢山あると思います。外に出るのがまだ怖いなという方はオンラインでOK!だと思います。

【まとめ】

以上、まとめてみました。実際に私自身、緊急事態宣言が解除された後もあまり買い物はしていません。やはり、まだ人が多いところに出向くのは怖いな。という気持ちはありますね。ZARAも全店閉店とかではないので安心しています。

近くの店舗が閉店しないことを望むばかりです。もう少し世間が落ち着いたら、私も買い物に行こうかなとおもいます。大きな商業施設に安心していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました