ディズニープラス デラックスとなにが違う?おすすめ作品は?

ニュース

2019年3月に配信がスタートした、Disney DELUXE(ディズニー デラックス)。NTTとディズニーが共同で配信するサービスで、国内では唯一のディズニー公式の動画サービスとして人気を集めていましたが、この度、Disney +(ディズニー プラス)という新たなサービスが日本で展開されることとなりました。

一見、似たようなこの二つのサービスですが、では、いったいどのような違いがあるのでしょうか?サービスの相違点や、ディズニープラスで観ることのできるオススメ作品について、調べてみました。

ディズニープラスとは?ディズニーデラックスと何が違う?

Disney +(ディズニー プラス)は、ディズニーが世界中で展開している、定額制の公式動画配信サービスのことです。

サービス内容は、ディズニーは勿論のこと、ピクサーやマーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの作品が、見放題で楽しむことができる、というものです。月額使用料は、デラックスと変わらず、700円(税抜き)となっています。

では、具体的に何が今までのディズニーデラックスと異なるのでしょうか?

まず1つ目の違いとしては、プラスのみで配信されている「オリジナル作品」が観られることが挙げられます。

ディズニーデラックスの段階でも、「マンダロリアン」等が放送されていましたが、プラスに移行した事で、このオリジナル作品の数が増えたようです。

「マンダロリアン」の他、トイストーリーからは「フォーキーのコレって何?」など、この他にも、ここでしか見られない、人気作品のオリジナルストーリーが多く製作・配信されています。

このオリジナル作品、「マンダロリアン」は日本のデラックスでは1ヶ月遅れの配信となっていたこともあり、「プラスに移行すれば、海外とのタイムラグなしでオリジナル作品が観られるのでは?」といった期待の声も挙がっていましたが、蓋を開けてみると、従来のデラックスと変わらず、日本でのオリジナル作品の配信は遅れているのが現状のようです。

次に、デラックスでは対応していなかった「4KHDR」に対応しているところも、デラックスとの違いです。

これにより、より解像度の高い映像を楽しむ事が可能になり、オリジナルの数作品、そして大人気「スター・ウォーズ」シリーズの、初代3部作が、4KHDR対応で配信されています。
4K対応テレビをお持ちの方には、魅力的な変化と言えそうですね。

とは言え、タブレットや4K以外のテレビでサービスを楽しむ方にとっては、この違いは関係のない話になってしまいます。

他にもいろいろ調べてみましたが、デラックスとプラスの日本版の違いは、これ以外には特にありませんでした。日本のサービスの配信が、デラックス同様「ドコモとの共同運営」である事が、海外のプラスとの違いをうみ、結果として、デラックスと殆どかわりないサービスとなっているようです。

ディズニープラスおすすめ、注目作品は?

国内唯一のディズニー公式定額動画サイトという事もあり、先にも記述しましたが、ここでしかみられないオリジナル作品も多くあります。

ここで、ディズニープラスに加入したら観るべきオススメ、注目作品をご紹介します!

【スターウォーズ シリーズ】
スターウォーズシリーズの人気については言わずもがなですが、ディズニープラスでは、オリジナルのスピンオフ作品が観られる事が最大の魅力です。

初の実写ドラマシリーズである「マンダロリアン」は、過去作品に登場している賞金稼ぎ(バウンティハンター)・『マンダロリアン』を主人公とした物語が展開されています。

「エピソード6/ジェダイの帰還」から5年後の世界を描いており、本編シリーズでは描かれない、「銀河史の空白」を埋める作品として、ファンから絶大な人気を得ています。

また、スターウォーズシリーズからは、「クローンウォーズ」とうのアニメ作品が「オビワン=ケノービ」「キャシアン・アンドー」の配信が順次予定されている他、アニメシリーズも配信されています。

【ハイスクール・ミュージカル】
高校生の青春を描いた、こちらも超人気作品「ハイスクール・ミュージカル」。ファン待望の続編が、ディズニープラスで独占配信が、今月より開始されました。

こちらの配信ドラマシリーズには、オリジナル版のキャストや、人気曲も登場しており、オリジナル版ファンには嬉しい内容となっています。

更に、舞台裏にスポットを当てた「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル 特別版」や、アメリカで開催されたライブパフォーマンス映像も見る事ができます。

【アナと雪の女王】
世界的大ヒットを巻き起こした「アナと雪の女王」は、映画2本が配信されている他、短編アニメ「エルサのサプライズ」「家族の思い出」、さらに、ドキュメンタリーや、ディズニー・オン・クラシックでのオリジナル曲の演奏や、LEGOの短編も配信されています。

7月には新たなドキュメンタリーの配信も予定されており、これにより、アナ雪シリーズの総数は、全18作品、55話となり、こちらも豊富なラインナップとなります。

まとめ

上記でご紹介した作品以外にも、ディズニープラス先行・独占配信作品が多くあり、見逃せない内容となっています。ディズニーファンの方には一度はチェックしていただきたいラインナップとなっていました。

ディズニーデラックスとの違いとしては、日本で展開されるサービスは、プラスでも変わらず、NTTとの共同運営であることから、良くも悪くも大きな違いはなかったようです。

短編アニメ作品の内容や、今後のオリジナル作品からは、特に目が離せませんね。今後の動向にもぜひ注目していきたいです。

Disney+日本配信決定!既存のDisneyデラックスは廃止されるの?
Disney+が日本でも配信開始されますね!楽しみに待っていた方が多いのではないでしょうか?実は私もその一人です!2020年6月より日本での配信が始まります!! 誰もが知る名作、最新の大ヒット作、さらにオリジナルの長編映画やシリーズ作...

コメント

タイトルとURLをコピーしました