HUAWEI新作イヤホンAirPodsと比較おすすめ?注目の機能は?

ニュース

現在、世界中で多くの人が使用し、普及しているスマートフォン。スマートフォンを通して、電話をしたり、音楽を聞いたり、動画を見たりすることって、みなさんもありますよね?

そんな時に、スマートフォンと併用するのが、イヤホンです。近頃のイヤホンは、特にワイヤレスのものが、流行っていますよね!多くのワイヤレスイヤホンが発売されていますが、最近、HUAWEIが新作のワイヤレスイヤホンを発売しました。

今日は、そのHUAWEIの新作ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds3i」の性能についてや、「AirPods」と比較して、どのような差があるのか、調べていきたいと思います!

HUAWEI新作 FreeBuds3i の詳細は?

2020年6月12日に発売された、HUAWEIの新作のワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds3i」。デザインはシンプルで、洗練されています。

価格は1万4,800円(税別)

カラーバリエーションは、セラミックホワイトが発売されており、カーボンブラックも2020年7月以降に発売予定とのこと。

そして、どうしても気になってしまうのが、その性能です。いったい、どのような性能なのでしょう。

現在も発売されている上位モデルである「HUAWEI FreeBuds3」

これは、海外メディアより「Best of IFA Awards」を、受賞しています。HUAWEIの完全ワイヤレスイヤホンとして発売された「HUAWEI FreeBuds3i」は、その流れを汲む、エントリーモデルです。

上位モデル同様、アクティブノイズキャンセリング機能が搭載されています。アクティブノイズキャンセリングとは、不要なバックグラウンドノイズを減らしてくれる技術のことです。

これによって、周りの騒がしい音を抑えてくれますので、静かな状態で、音楽を楽しむことができますね!この機能は、オンオフの切り替えができるので、静かな場所ではオフにしたり、人が多い場所ではオンにしたり、使い分けも可能です。

また、上位モデルは、インナーイヤー型を採用したワイヤレスイヤホンでした。しかし「HUAWEI FreeBuds3i」では、シリコン製のイヤーチップを備えた、カナル型を採用したワイヤレスイヤホンになっています。

これによって、アクティブノイズキャンセリング機能が苦手とする、中高域のノイズをシャットアウトしてくれます。

さらに、「HUAWEI FreeBuds3i」には、インイヤーマイクが搭載されており、雑音を抑えたクリアな音声で人と話すことができ、その他にも今後のアップデートで、外音取り込み機能もアップデートされます。これによって、イヤホンを装着したままでも、隣りにいる友人や恋人と、会話することができるようになります。

こんなにすごい性能で、1万4,800円ですから、お手頃価格ですよね!
この価格で、これだけの性能ですから、オススメです。

大人気AirPods(AirPodsPro)と比べてどうなの?

さて、気になる「AirPods」と、「HUAWEI FreeBuds3i」、それぞれのワイヤレスイヤホンの差。どのような差があるのでしょう?

いくつかの項目にわけて、比べていってみましょう!

・カラーバリエーション

「AirPods」は、ホワイトのみ。

それに対して、「HUAWEI FreeBuds3i」は、セラミックホワイトと、今後発売予定のカーボンブラックの2種類があります。

この点では、「HUAWEI FreeBuds3i」のほうが選択肢があります。ただし、ColorWareによって、「AirPods」を好みのカラーに塗装してくれるサービスが提供されています。

・イヤホンのデザイン

さて、それぞれのデザインの違いについても触れていきましょう。

「HUAWEI FreeBuds3i」は、カナル型のイヤホン。上位モデルでは、インナーイヤー型のイヤホンになっています。

これに対して、「AirPods」は、インナーイヤー型のイヤホンです。上位モデルでは、インイヤー型という、カナル型に似た型を採用しています。

・アクティブノイズキャンセリング機能

「HUAWEI FreeBuds3i」と上位モデルである「HUAWEI FreeBuds」には、この機能が搭載されています。

対して、「AirPods」ですが、残念ながらこの機能がありません。

ただし、「AirPods Pro」には、この機能が搭載されています。

・外部音取り込み機能

「AirPods」には、この機能はありませんが、「AirPods Pro」には、この機能が搭載されています。

これに対して、「HUAWEI FreeBuds3i」は、今後搭載がされる予定です。また、上位モデルには、この機能が搭載されています。

・バッテリーの駆動時間

「HUAWEI FreeBuds3i」は、イヤホンのみで最大約3.5時間。充電ケースと併用すれば、最大約14.5時間の使用が可能とのこと。

一方、「AirPods」は、イヤホンのみで最大約5時間。充電ケースと併用すれば、最大約24時間の使用が可能です。

まとめ

今日は、HUAWEIの新作ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds3i」について、調べてみました!急に、外で自分の好きな音楽を聞きたくなることって、ありますよね。

また、勉強中や仕事中に作業をしながら通話することや、人を待っている間の暇つぶしに動画配信サービスを利用したり、それぞれ何かをしながらイヤホンをつけることって、何かと多いと思います。

有線のイヤホンって、意外と邪魔に感じたり、絡まったりして、煩わしいものです。

そういった時に、ワイヤレスイヤホンがあると、何かと便利なのではないでしょうか?

マイクロソフト完全ワイヤレスイヤホン発売!AirPods Proがライバル?
ついに、話題のMicrosoft製完全ワイヤレスイヤホンが発売された。 2019年10月2日に発表され、2020年5月12日に発売されたSurfaceシリーズの完全ワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」。価格は23,98...

コメント

タイトルとURLをコピーしました