ファーストサマーウイカ本名や経歴、旦那、人気の理由を調査?

芸能

少しきつい大阪のおばちゃん感の強いファーストサマーウイカさん。その見た目からは想像つきませんが、なんとアイドル活動もしていたという過去を持つ異色の経歴を持つ彼女。最近さまざまな番組で見る事が増えましたよね。

なぜ彼女がここまで人気になったのでしょうか。今回は彼女の事について深掘りしたいと思います。

ファーストサマーウイカの経歴は?旦那さんはだれ?

1990年生まれの30歳、出身はもちろん大阪府大阪市のコテコテの大阪人です。

元々は声優を目指して専門学校に入学したものの、1年で中退してしまいます。その後演劇に興味を持ちはじめ、2009年に劇団レトルト内閣に入団。その年には『哀願ソワレ~ハーフビューティーな彼女に愛の薔薇一票~』で女優デビューを果たします。

2012年秋には『ファンファーレ』という舞台に出演。東京への遠征も増えていく中で東京での仕事にも興味を持ちはじめ、2013年に上京します。

その後『ファンファーレ』で共演した村田シゲさんのUstream番組を見て興味を持っていたアイドルグループBiSのオーディション開催をTwitterで発見し、応募。見事合格しアイドルへの道を歩みます。

本人は「アイドルに憧れも興味もなかったが破天荒なアイドルだったので逆に性に合っていた」と話しています。この時に“ファーストサマーウイカ”と言う芸名が誕生します。本名は「初夏」で劇団当時はこの名前で活動していました。

BiS加入時に初夏の英語はなんだろうと言う話になったそうで本来であれば、「アーリーサマー」ですが、この世にまだ存在していない造語がいいと言う本人の希望で「ファーストサマー」になったそうです。

ですが、BiSは2014年7月8日に解散してしまいました。アイドルグループが解散し女優一本に絞ろうと思っていた所、プロデューサーにもう一度やってみないかと誘われて2015年にBILLIE IDLEを結成するも、2019年12月28日に解散してしまいます。その後は女優としての活動を再開することになりました。

私生活では、2015年に一般男性と結婚しています。「今後どこからか自分発信ではない形で、私ごとが公になることがあるかもしれない。それならば応援してくださる皆様に自分の言葉でしっかりお伝えしておきたい」と2020年の1月1日に自身のTwitterとInstagramで発表しています。

ファーストサマーウイカ番組出演が多い、人気の理由は?

ブレイクのきっかけとなったのは、2019年1月に日本テレビで放送された『女が女に怒る夜』ではないでしょうか。オーディションを勝ち抜いて見事スタジオ収録の座を勝ち取ったファーストサマーウイカさん。

若槻千夏さんやMEGUMIさん、いとうあさこさんなどかなりインパクトの強いタレントさんばかりにも関わらず、負けずにコテコテの大阪弁でスタジオの笑いを誘っていました。アイドルと言う異色の経歴にも視聴者はかなり驚いたはずです。

「2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング」では見事1位に輝き「次世代バラエティークイーン」として脚光を浴びるようになったのです。

その年のTBSでの放送ドラマ「凪のお暇」では連続ドラマに初レギュラー出演を果たし、ファミリマートのCM「お母さん食堂」シリーズで香取慎吾さんと共演。幅広い世代に知られるようになりました。また、12月に公開されていた『ジュマンジ/ネクスト・レベル』で日本語吹き替えを担当し、幼少期に描いていた夢を叶えています。

かなり順調に知名度を上げていますが、ここまで人気に火がついたのは何故なのでしょうか。

SNSなどでも多く目にするのが、美人なのに飾らない性格がいいと言う声が多く上がってきているように感じます。ハキハキと喋る姿に視聴者も安心して見れますよね。そして何よりトークが面白い!なぜあそこまで面白く話ができるのかとても気になります。

趣味も元アイドルとしては珍しく、アダルトビデオ観賞なんだとか。他にも麻雀やプロレスなど男っぽさがさらに人気のポイントかもしれないですね。さらにアイドル時代からも歌には定評があったようで、かなり上手なんだとか。美人で話が面白くて歌が上手くて、その上飾らない性格…。人気が出るのも納得ですよね。沢山の魅力があり羨ましい限りです。

まとめ

いかがでしたが。人気急上昇中のファーストサマーウイカさん。女優業からバラエティまでマルチに活躍する彼女。今後どういった活躍を見せるのか非常に楽しみですね。元アイドルなんて驚きですよね。アイドル時代の彼女の姿も見て見たかったです。今後の活躍に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました