ミスターパーカージュニア、ドクタータートルネック音楽セリフはなに?

芸能

みなさんは、お笑いは好きですか?毎年、その年の流行のネタがあったりして、これまでにも多くのネタが私たちを笑わせてくれています。

最近流行っているのが、人気お笑いコンビのチョコレートプラネットの新キャラクターである「ミスターパーカージュニア」と「ドクタータートルネック」です!

チョコレートプラネットといえば、「T&T兄弟」なんかもお馴染みですよね!

そんなチョコレートプラネットの「ミスターパーカージュニア」と「ドクタータートルネック」のセリフや、使われている音楽について、調べていきましょう!

ミスターパーカージュニア、ドクタータートルネックの音楽はなに?

いま話題の、チョコレートプラネットの「ミスターパーカージュニア」と「ドクタータートルネック」。

ネタの中で、決めセリフと共に、流れてくるBGMが印象的です。使われている曲は、なんという名前の曲なのでしょう?気になりますよね!

調べたところ、「ミスターパーカージュニア」のBGMは、レニー・クラヴィッツの『Are You Gonna Go My Way』という曲でした。

レニー・クラヴィッツは、1964年生まれのアメリカのロックミュージシャン、シンガー・ソングライターです。1989年にデビューして以来、数々の名作を発表してきました。レニー・クラヴィッツを敬愛する有名人も多く、リビングレジェンドなどと称されるほど、彼は称賛されています。

また、俳優もやっており、2012年公開の映画『ハンガー・ゲーム』などに出演されています。本名は、レナード・アルバート・クラヴィッツ。

音楽好きな両親の下に生まれたレニー・クラヴィッツは、幼い頃から音楽に親しむ生活を送っていました。ジェームス・ブラウンやジャクソン5、ジョン・レノン、ジミ・ヘンドリックス、などが少年時代は好きだったとのこと。

レニー・クラヴィッツの『Are You Gonna Go My Way』は、1993年に発表した3作目のスタジオ・アルバムです。邦題は『自由への疾走』。この曲で、レニー・クラヴィッツは世界的にブレイクします。

そして、『Are You Gonna Go My Way』で、レニー・クラヴィッツは、ザ・レコーディング・アカデミー主催の音楽賞であるグラミー賞の2部門。最優秀ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞と、最優秀ロック楽曲賞に、初めてノミネートされています。また、ブリット・アワードでは、最優秀インターナショナル男性ソロ・アーティスト賞を受賞しました。

「ドクタータートルネック」で使われているBGMですが、ネット上で調べ、探してみましたが、曲名などの情報は公開されていないようです。長田が作ったのか、だれかに作らせたのか、謎です。

ミスターパーカージュニア、ドクタータートルネックのセリフはなんて言ってる?

お馴染みのネタ「T&T兄弟」に続く、チョコレートプラネットの新たなネタ「ミスターパーカージュニア」と「ドクタータートルネック」。

「ミスターパーカージュニア」は、Youtubeで動画が公開されると、2日で27万回も再生されていました。これだけの反響があると、ヒットしていることは間違いないですね!

そして、今年の6月に入ってから、日本テレビで放送されている『有吉の壁』で披露されたのが、「ドクタータートルネック」です。これにも、チョコレートプラネットを絶賛する声が多数ありました!

YouTubeに投稿された「ドクタータートルネック」の動画も、現在25万回の再生回数を記録しています。

「ミスターパーカージュニア」と「ドクタータートルネック」ですが、ネタの中でのセリフは、なんて言っているのでしょう?

「ミスターパーカージュニア」は、困っている人の悩みを、「ミスターパーカージュニア」が解決してくれるという内容のネタです。

ネタの中では、雨が降ってきたことや、リンゴの入った袋が破けてしまって困ってる人を演じる、松尾駿。そこに「ミスターパーカージュニア」に扮する長田庄平が、「傘なんていらないYO!」、「袋なんていらないYO!」と言いながら、登場してきます。

そして、「パーカーの可能性は無限大」ということで、「傘がない?傘がないんなら、かぶれ!!」などと、パーカーを使った様々なアドバイスを「ミスターパーカージュニア」が教えてくれます。

次に、チョコレートプラネットの最新のネタである「ドクタータートルネック」です。それまで、多くの悩みを解決してきた「ミスターパーカージュニア」でしたが、今回はそうはいきませんでした。

「ナプキンなんていらないYO!」と登場する、長田庄平扮する「ミスターパーカージュニア」。
「パスタを食べていて口の周りが汚れた」という悩みを、「なら、かぶれ!」と解決しようとします。

しかし、口周りをパーカーでは隠せないため、「ミスターパーカージュニア」はこの問題を解決できませんでした。すると、「今日はどうされました?」という掛け声とともに、松尾駿が扮する「ドクタータートルネック」が登場。

悩みを相談すると、「ドクタータートルネック」が、「じゃあ今日はあげときましょうか」と解決してくれます。

まとめ

今日は、チョコレートプラネットの「ミスターパーカージュニア」と「ドクタータートルネック」について、調べてみました。

チョコレートプラネットは、「T&T兄弟」などのネタといい、松尾駿のIKKOさんや、長田庄平の和泉元彌のモノマネといい、面白いですよね!

まさにネタの発明家と言っても過言ではない、チョコレートプラネット。『有吉の壁』以外にも多数のレギュラー番組を持っている彼らの、今後の活躍にも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました