長澤まさみ主演MOTHERあらすじネタバレは?実話なのか?元ネタは?

映画

今回は、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を初受賞した長澤まさみさんが主演を務める。『MOTHER』について紹介していきたいと思います。

難しい役どころに「共感しようと思っても最後まで共感できなかった」と舞台挨拶で語った長澤さんが演じた役はどの様な役だったのでしょうか?

〈ひとつの殺人事件に隠された真相〉

何が原因で歯車が狂ってしまったのか。親子との関係について考えさせられる物語となっています。実話を基に作られているという今作品。どういった内容なのか深く探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

長澤まさみ主演MOTHERあらすじネタバレは?

長澤まさみさん演じるシングルマザーの秋子は、郡司翔さん演じる息子の周平と暮らしていました。秋子は定職に就かず散財ばかりしています。元夫からの養育費も浪費して、両親からも借金ばかりしていたので、愛想を尽かされてしまいます。

ある時いつものようにゲームセンターで飲んだくれていた秋子は、阿部サダヲさん演じるホストの遼と出会います。二人は意気投合して、遼は秋子のアパートに入り浸るように。遼は周平に対して虐待や育児放棄まがいな事ばかり行い、周平は学校にも通わせてもらえず、遼と秋子二人で出かけたまま何週間もアパートを空けてしまう事も・・・。

周平が残された部屋の電気もガスも止められた頃、遊ぶお金がなくなった秋子と遼が帰ってきました。二人は以前から秋子に気があった市役所職員の宇治田(皆川猿時)を脅してお金を手に入れようとします。ですが、遼が誤って宇治田を刺し、一家はラブホテルを転々とする逃亡生活を余儀なくされます。

そんな中、秋子の妊娠が発覚します。遼は自分を父親だとは認めず「堕さない」という秋子と周平に対して暴力を振るい去っていきます。そんな様子を見ていたラブホテルの従業員・赤川(仲野太賀)と関係を持ち、敷地内で居候を続けます。秋子は周平に対して、実家に行きお金を貰ってこさせようとするも、母の雅子(木野花)から今度は絶縁を言い渡されてしまうのです。

ーそして時は経ち5年後。16歳になった周平のそばには妹の冬華(浅田芭路)がいました。相変わらずパチンコ漬けの秋子。周平は学校にも行かず、冬華の面倒を見る生活。住む家もなくなった三人に児童相談所の亜矢(夏帆)が救いの手を差し伸べ、簡易宿泊所での生活が始まりました。亜矢から学ぶことの楽しさを知り自分の世界が開ていくのを感じた周平。

ですが、幸せな時間は長く続きません。遼が再び三人の前に現れたのです。遼は借金取りに追われていて一緒に逃げようとしますが、周平は初めて母に反抗しこの場に居たいと伝えます。ですが、それが気に入らなかった秋子は、亜矢が周平の悪口を言っていたと嘘をつき周平を諦めさせ一緒に逃げることになります。

しかし、遼はこのまま逃げ切ることが不可能だとわかり、秋子や子供達に危害が加わるのを恐れ借金取りのところまで一人で向かう決心をします。残された秋子は周平にすがり「周平しかいないんだからね・・・」とより依存しあった関係に。そして、母と息子は後戻りのできない道へと足を踏み入れるのです。

スポンサーリンク

実話なのか?元ネタは?

今作の元の事件となったのは2014年埼玉県で起きた事件です。17歳の少年が祖父母を殺害した上、キャッシュカードなどを奪うという卑劣な事件。少年は強盗殺人容疑で逮捕され、裁判で懲役15年の判決が出て現在も服役中です。その少年は自治体や学校が存在を把握できない“居所不明児”で、実母や義父に虐待されていたことから当時から話題になっていました。

そして少年を知る多くの人を取材し、関連する裁判をすべて傍聴した山寺記者が、今回の事件に関することを一冊の本にまとめています。山寺香著書の『誰もボクを見ていない』という本。

少年は、父親の違う13歳離れた妹のために食料を調達するなど親のような愛情を妹に注ぎ、自身も学習意欲が高かったため、積極的に学ぼうとしていました。ですが、母親は親戚や児童相談所の人など手を差し伸べてくれる人が悪口を言っていたと嘘をつき、少年を社会から孤立させてしまいます。

客観的に見ると母親はいわゆる“毒親”というのがわかりますが、少年にとっての母親は彼女だけで今回起こした事件に関しても母親は悪くないと庇う場面もあります。映画の最後でも「母親が好きだ」と少年が言葉にするシーンは、非常に考えさせられるものがあります。

ですが、母親は少年に殺人の指示をしたことを認めずに証拠も不十分で強盗罪のみで裁かれました。更には警察に対して開き直る始末。

少年は15年の刑に科され、母親はわずか数年。どうすればこの事件を防ぐことが出来たのでしょうか。何重にも紐がきつく絡み合い簡単に解決できる問題ではないなと感じてしまいます。

著書の中で書かれていた真実の中には、事件前日に少年は都内の駅前の大型ビジョンに映し出された自殺予防相談ダイヤルの番号をメモするところも描かれています。相談して生活保護を受けられれば祖父母を殺さずに済むとはよぎったものの、母親が生活保護を嫌がると思い諦めたと語っていました。一度は助けを求めようとしたものの、今までの彼の中で母親以外の大人は信じられなくなってしまった少年。

どこから歯車が狂ってしまったのか。この少年の幸せは訪れるのか。同じく子を育てる一人の親として深く考えてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は長澤まさみさん主演の『MOTHER』についてお届けしました。

非常に重いお話でしたね。作り話かと疑ってしまう様な内容に胸を強く打たれてしまいます。少年の大人を信じることが出来なかった環境、母親しか見えなかった環境。自らSOSを出せなかった、出す術を知らなかった環境。

少年はもちろん、母親にも手を差し伸べられなかったのが悔しいと感じてしまいます。毒親ですし、救う余地はないのかもしれませんが、ここまでに至った経緯に何か原因があるのではないでしょうか。彼女も何かに苦しんで息子に依存することでしか生きている価値を見出せなくなったとするならば、母親にも罪と向き合い更生してほしいなと願います。

人と人との繋がりが薄くなっていくこの世の中で、誰か一人でも信頼する人を見つけられればと思いますけどこれって意外と難しいんですよね。大人でも弱みを見せたりSOSを出すのが苦手な人もいます。そんな人たちが最悪の選択をしなくて済むような社会になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました