第七世代芸人かが屋加賀復帰へ休業の理由は?今後の出演番組は?

芸人

2021年3月5日に、ラジオ番組「かが屋の鶴の間」(RCCラジオ)の生放送に、昨年8月より体調不良で休養していたかが屋・加賀が復帰し、「本日から戻ってまいりました」「本当に元気なりました!」と報告しました。

お笑いコンビ「かが屋」は、加賀翔(かが しょう)と賀屋壮也(がや そうや)の2人の名字を合わせたコンビ名で、2015年に結成しマセキ芸能社に所属しています。加賀翔と賀屋壮也は、2013年頃に、コンビニのアルバイト先で知り合い、2人とも、お笑い好きで意気投合し2015年にコンビを結成しました。

コンビ「かが屋」はキングオブコント2018年で準決勝に進出し、キングオブコント2019年で決勝進出し6位になり期待されていました。2019年のお笑い統一王座グランプリで準優勝しました。かが屋・加賀が2020年8月から休養し、休養の理由として病名は発表されていません。2020年6月頃から眠れない日が続き、ストレスによる脳波の異常が生じだと言っています。

加賀翔は、1993年5月16日生れ、岡山県備前市出身、最終学歴は備前市立備前中学校卒業の芸人です。小学4年生のときに両親が離婚しました。大阪NSC35期に入学しましたが中退して上京しました。

賀屋壮也は、1993年2月19日生れ、広島県呉市出身、東京学芸大学卒業の芸人です。両親が離婚し、幼稚園の頃は母方の実家で暮らしました。東京藝術大学へ通っていた弟がいて、ルームシェアをしていたこともあります。

スポンサーリンク

かが屋加賀復帰へ休業の理由は?

2021年3月5日のラジオ番組「かが屋の鶴の間」(RCCラジオ)の中で、「本当に元気なりました!」と報告し、病気から復帰したことを報告しましたかが屋は「お笑い第七世代」として期待されているお笑いコンビです。復帰に対して、ファンから喜びの声が届いています。

2021年3月21日放送の「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞」(テレビ朝日・ABCテレビ系)のテーマが「かが屋復活SP」でした。仕事復帰したかが屋・加賀が相方・賀屋と出演しました。復帰の準備を2月末から始めていた2人の密着VTRが放送されました。

加賀が休養中に、賀屋がピンで奮闘している姿、加賀の休養を賀屋が支えていた様子、ネタ合わせの様子などのコンビ愛に感動した爆傷問題・太田光さんが「いいコンビだよ!」と番組中で言いました。

体調が好ましくないとして2020年8月から休業していましたが、加賀翔さんの病名は、本人が真面目な性格で、プレッシャーによるウツ病なのではと言われています。ウツ病と考えられたのは、身体がやせすぎていた、プレッシャーが多かった、仕事に対してストイックで落ち込んでいたなどの理由があげられています。

加賀翔さんは、毎月100シチュエーションのコントを考えることを目標にしています。99シチュエーションしか考えられないときは、次の月に101シチュエーションを目標にするほどストイックな性格です。

加賀翔さんは、「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞」の中で、休養について「去年の6月くらいに…忙しくさせてもらっていたんですけど、寝れない日が続いていました。おかしいなと思って、それで脳を見てもらう病院に行った」と言いました。さらに「脳波を検査するとグラフの波が平らなままで、異常がみられました」と説明しました。ウツ病の症状だと思います。

医師から「無理しなくていいです」「(仕事は)すぐ休んで下さい」と言われて、休養に入ったと説明しました。脳波が異常なのは、ストレスによるものと思われます。加賀は「自分を責めすぎて」とストイックな性格からの病気であったことを告白しました。

スポンサーリンク

今後の出演番組は?

かが屋は、2021年3月5日のラジオ番組「かが屋の鶴の間」(RCCラジオ)に続いて、3月21日放送の「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞」(テレビ朝日系)に出演しました。3月28日放送の「東京BABY BOYS9かが屋・加賀が選んだ傑作選」再放送に出ます。

テレビ朝日のユニットコント番組「東京BABY BOYS9」のリアルコントライブに、29日夜、30日昼・夜の3公演で出演することが発表されました。第7世代のハナコ、ゾフィー、かが屋、ザ・マミィなどが出演します。

ZAIKOで、配信トークライブ「「みんなのかが屋 加賀復帰SP」加賀が休んでいた間の楽屋ニュースをお届けします」が、2021年3月13日(土)20:00~21:30まで配信されました。アーカイブは3月21日23:59まで視聴可能。

かが屋は、テレビ、ラジオ、コントライブなどにおける今後の出演が増えると思うので、動向に注目したいと考えています。

スポンサーリンク

まとめ

2020年8月に休養する前のかが屋は、Huluで配信される日本テレビ制作のドラマ「恋、ランドリー。」で初のドラマ脚本に挑戦しました。脚本を書いた加賀は、「普段のコントは台本をほとんど無いので、めちゃくちゃ大変でした」と言っていました。

その脚本に荒牧慶彦さんが「すごく面白くて、本当に初脚本だと思えないくらいでした」と絶賛していました。かが屋・加賀は、復帰後はドラマの脚本にも期待されています。

かが屋・加賀さんの今後の活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました