映画 BLUEブルー あらすじネタバレは?出演キャストは?

映画

今回はボクシングの世界を描いた映画『BLUE ブルー』についてお届けします

監督は吉田恵輔さん。『ヒメアノ~ル』や『犬猿』など数多くの作品を生み出してきた実力派監督さんです。監督自身も中学生の頃から現在まで30年近くボクシングを続けて、何箇所もジムを渡り歩き、沢山のボクサーと出会ってきたそうです。吉田監督だからこそ、スクリーンに描くことができた名もなきボクサー達の泥臭くも涙なしでは語れない物語。

いったいどのようなストーリーなのでしょうか?出演キャストも含めて紹介します!!

スポンサーリンク

映画 BLUEブルーあらすじネタバレは?

今回の映画のあらすじを見ていきたいと思います!

ー時に人生は残酷だ。どれだけ努力しても、どれだけ才能があっても、約束された成功なんてない。

主人公は誰よりもボクシングを愛する瓜田信人。努力は惜しまずにボクシングに打ち込むも、試合では負け続きな彼。一方で、ライバルであり後輩でもある小川一樹は、抜群の才能とセンスでチャンピオン目前まで迫っていました。小川は瓜田の幼なじみの千佳とも結婚を控えていて、公使共に順調な様子。千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界に導いてくれた人でもありました。強さも、恋も、瓜田が欲しいものは、全部手にいれていた小川。それでも瓜田はひたむきに努力し、夢へ挑戦し続けます。しかし、ある出来事をきっかけに瓜田は抱え続けていた想いを二人にぶつけます。好きな子のために始めたボクシングで次第にのめり込んでいく新人ボクサー・楢崎剛も加わり3人の男と一人の女の関係が変化していきます。
努力をしたから報われるというわけではない。「流した涙や汗、全ての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」という本作品。成功が約束されていなくても、努力を尽くす挑戦者たちの生き様が描かれていて、3人の男たちの葛藤がリアルでボクシングを知らなくても楽しめる作品となっています。
また、吉田監督が自ら殺陣指導したということで、他の作品に比べてもリアル感を追求。実際に当てている場面も多く、ボクシング経験者から見れば意味のある一発となっているようです。一瞬でもディフェンスが遅れれば顔面直撃してしまうほど危険な技の数々も見どころとなっています。

スポンサーリンク

出演キャストは?

では、次は気になるキャスティングについて見ていきたいと思います!
吉田監督が目指したボクサー版『トキワ荘の青春』にプロデュース陣が賛同し、キャスティングが始まったのはなんと6年も前のこと。

主役の瓜田を演じるのは、松山ケンイチさんです。監督いわく、まるで捨て犬のような表情で、哀愁を出すことができるという理由で決まったそうです。松山さんは「瓜田は、自分が培ってきた全てを他人になんの躊躇もなく差し出すことができる人です。敗者は勝者を作り想いを繋ぎます。またその勝者はいつか敗者となり次の勝者を作り繋ぎます。自分は次の世代に何を繋いでいくのか考えさせられました。」とコメントしています。

チャンピオン独特の華々しさを持つ小川役には、東出昌大さん。吉田監督作品らしい可愛げがあり憎めない楢崎役には柄本時生さんが選ばれ『聖の青春』以来となる3人の共演が実現しました。松山さんはクランクインまでの2年間ジムに通い詰め、東出さんは筋トレによりマッチョな肉体を手に入れるなど時間をかけ役に入り込もうとしていたようです。4人のボクサーの人生が映っていたと語る東出さん。「教訓めいた事も、下手したら感動すらも、お届け出来ないかもしれません。しかし、紛れまない事実として、人生をかけて戦う人々が映っていたこの映画を、私は愛おしく思います。」とコメント。

柄本さんも「肉体を使う仕事をほとんどしたことが無かったので楽しかったです。ここまでボクサーを描かれた本はないのかなと・・・。ボクシング以外無いんだと言われる感じがしました。静かに起きる衝動を是非。」と今回の映画について語ってくれました。

そして、ヒロインの千佳には木村文乃さんが演じます。木村文乃さんは、吉田監督作品への出演を熱望していて、見事ヒロインに抜擢されました。千佳の揺れる女心に関して事前に綿密な打ち合わせをしていたという監督と木村文乃さん。ボクサーの恋人から妻として応援したい気持ちと100%理解できない気持ちの共存。そして、あえて答えを出さずに曖昧な気持ちで演じてほしいとお願いされた木村さん。そんな3人の男たちに翻弄されながらも応援を続ける役どころにも注目です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『BLUE ブルー』についてお送りしました。ボクシングに関しては、ほとんど無知なので専門的なことはわかりませんが、〈努力すれば報われる〉なんて綺麗事は、ごく僅かなことなのかなと感じます。もちろん、努力をしなければ今以上のものは出せないと思いますが、スポーツに限らず色々なところで言えることだなあと感じます。

ひたむきに頑張りながらも、小川に向かってずっと負けてほしいと思っていた。そんな負の感情と共にボクシングで答えを出そうとしている姿に、ボクシングはわからなくても心動かされるものがあります。公開日は4月9日となっています!皆さんお楽しみに

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました