映画くれなずめあらすじネタバレは?結末は?成田凌の役は死ぬのか?

映画

今回は4月29日(木)から公開予定の映画『くれなずめ』について紹介していきたいと思います!
タイトルは『暮れなずむ』を変化させ、命令形にした松居監督自身による造語となっています。日が暮れそうで暮れないでいる状態を表す言葉となっていて、前へ進もうとしても障害があってうまく進めないでいる状態をアラサー男子6人それぞれの視点で描かれた物語です。

一体どんなストーリーになっているのでしょうか?詳しい内容を見て行きたいと思います

スポンサーリンク

映画 くれなずめあらすじネタバレは?

場所は結婚式の披露宴会場。意気消沈して披露宴の会場を後にする6人の男たち。高校時代の帰宅部仲間6人組は、友人の結婚式を機に久しぶりの再会を果たしていました。ではなぜ、重い空気が彼らをまとっているのか?その理由は、わずか数十分前の出来事が原因でした。

それは余興での一コマ、ウルフルズの楽曲「それが答えだ!」をバックに全員赤いふんどし衣装を身に付けたダンスを披露します。しかし、会場は大スベリしてしまい、招待客から一斉にドン引きされてしまったのです。

6人組のうちのひとりで、今は会社員務めでグループの中では後輩気質な大成(藤原季節)が「あれやって二次会行けます?」と動揺した様子で一言。それに対して心優しい吉尾(成田凌)は「俺ら素人なんだしさ、一生懸命やったんだからそれで良くない?」と何も気にしてない素振りで答えます。
余興後、披露宴会場の裏口にたむろする彼らは、このなんとも言えないやるせない〈2次会が始まるまでの微妙な狭間の時間〉を持て余していました。

そして誰からともなく、学生時代に思いをはせます。でも思い出すのはしょーもないことばかり。12年前の高校生だった頃、「真剣に掃除してよ!」と清掃委員長(前田敦子)に怒鳴られたり、カラオケ店で不良に絡まれたり、はたまた落ち込んだときに、わざとふざけて変顔していた吉尾の姿だったり・・・。

そして現在、アラサーになった彼ら。余興の練習をするためにみんなで集まっていたカラオケボックスで「ずっと気になっていたんだけど、もしかして俺って・・・」と言い出す吉尾と、それを大声で遮る男たち。

時はまた遡り、卒業して大人になった彼らが過ごしてきた吉尾との何気ない時間が、またスクリーンに写し出されます。吉尾は一体何者なのか?披露宴と2次会の間の〈今〉と、過ぎ去った〈過去〉の時間が交差する中、それぞれの人生に立ちはだかり、目を背けていた現実に6人が立ち向かって行きます。

スポンサーリンク

成田凌の役は死ぬのか?

公式ホームページにはこんな言葉が記されていました。

懐かしき学生時代に思いを馳せていた時「それにしても吉尾、お前ほんとに変わってねーよな。なんでそんなに変わらねーんだ?まいっか、どうでも。」〈ある日突然、友人が死んだ。僕らはそれを認めなかった〉

というなんとも意味深な終わり方をしていますよね。6人の内誰かが死んだとういう事は確実です。吉尾以外の5人だけのシーンもいくつかあるので、おそらく成田凌さんが演じる吉尾が亡くなっているというのは、ほぼ確実のような気もします。ですが、なぜ死んでしまったのかという理由は劇場に足を運ばないと謎のままですね。

記憶にしがみつく、6人の男たちの痩せ我慢という表記もされているので、吉尾自身も予期せぬタイミングで命を落とし、成仏出来ずに仲間の中に入ろうとしているのかもしれませんね。

私自身も、高校の同級生が不慮の事故で命を落としてしまった時、なんとも言えない気持ちになりました。私の友達の友達だったので直接的な関わりは少なかったですが、同級生として優しく接してくれていたのを思い出すと、この世の中に居ないというのが不思議な感覚でまだどこかで生きているんじゃないかという錯覚を覚えます。

きっと残された彼らも時間は過ぎ去るけど、大人になっても気持ち的には高校生でどこか止まっているのかもしれませんね。

結婚式をきっかけにまた集まったメンバー達。久しぶりの再会ということは吉尾の死から全員で集まる事はなかったのかもしれませんね。みんなが再集結したからこそ、少しずつ動き出す時間。披露宴後から2次会までのたった3時間で、彼らはどのように歩みを進めるのでしょうか?

成田凌さん、高良健吾さん、若葉竜也さん、浜野謙太さん、藤原季節さん、目次立樹さん、6人の実力派俳優さんとともに生み出す今回の物語。脇を固める俳優陣にも、城田優さん、前田敦子さん、滝藤賢一さんなど豪華な顔ぶれが並びます。一体、どんな結末を迎えるのか。非常に楽しみです!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は『くれなずめ』という映画を紹介しました。日が暮れそうで暮れないあの時間。なんだか感傷に浸りたくなってしまいます。進まないようで進む時間。彼らも長い時間かけゆっくりと前に進んでいくのでしょう。

松居監督がしょうもない友達に向けて作ったという今作品。男たちのくだらなさにクスッと笑いが溢れたかと思えば涙が流れてしまうシーンも。公開は4月29日となっています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました