映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち出演キャストは監督は?試写会舞台挨拶は?

映画

2021年5月7日から映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」が劇場公開されます。長野オリンピックがテーマの映画で、ロケ地は長野オリンピックが行われた白馬でした。

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち撮影ロケ地はどこ?テストジャンパーとは何?
2021年5月7日に映画「ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち」が公開されます。 映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちは1998年に行われた長野オリンピックのテストジャンパーを題材としています。 映画のロケ地も気になりますし、テストジャ...
映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちあらすじネタバレは?原作は何?
いよいよ今年、延期となっていた東京オリンピックが開催されますね。今から各種競技を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。日本勢の活躍とメダル獲得についてが1番気になるところですが、それは冬季オリンピックについても変わりありません。 ...
スポンサーリンク

あらすじ

1998年の長野オリンピックのスキージャンプ団体で金メダルを獲得した日本チームのスキージャンプ選手の実話を映画化しました。前回の1994年リレハンメルオリンピックでは、スキージャンプ選手・西方仁也(にしかた じんや)の日本代表は、団体で金メダルを逃し、長野オリンピックで雪辱を誓いました。

前回のリレハンメルオリンピックでは、西方仁也は原田雅彦と共に、代表選手として参加して135mの飛距離を出し貢献しましたが、原田雅彦がジャンプを失敗して銀メダルで終わりました。西方仁也は4年後の長野オリンピックでこの悔しさを晴らすため、練習に励みましたが、腰の故障により代表から落選しました。

西方仁也は、テストジャンパーとして長野オリンピックに参加することになります。テストジャンパーは、競技の前に飛んで、ジャンプ台の安全性を確認する重要な役割です。競技前のジャンプ台を確認するテストジャンパーとして参加する元日本代表・西方仁也は、裏方になった屈辱を感じながら準備に取り掛かります。

ついに長野オリンピックの当日になり、団体戦がはじまりました。日本の1本目は、またも原田雅彦の失敗により4位になります。そこで猛吹雪になり、競技が中断する恐れがありました。ここで試合が中断すると、日本の順位は1本目の4位で確定します。

審判は「テストジャンパー25人全員が、無事に飛べたら競技再開する」と言います。西方らテストジャンパー25人は、日本の金メダルを願って競技再開のため、必死の覚悟でテストジャンプを始めます。

◎スキージャンパーのプロフィール

西方仁也さんは、1968年12月4日生れ、長野県下高井郡野沢温泉出身の元スキージャンプ選手です。明治大学経営学部卒業後雪印乳業に入社しました。2001年にジャンプ選手を引退しました。現在は社業のかたわらジャンパーの卵の育成をしています。

原田雅彦さんは、1968年5月9日生れ、北海道上川郡上川町出身、雪印乳業所属の元スキージャンプ選手です。小学校3年生からスキージャンプをはじめ、東海大学附属第四高等学校を卒業後雪印乳業に入社しました。1994年リレハンメル、1998年長野、2002年ソルトレーク、2006年トリノの5回のオリンピックに出場しました。2006年3月25日に引退しました。2021年4月に雪印メグミルクスキー部総監督に就任しました。

スポンサーリンク

出演キャストは監督は?

映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」の出演キャストは、田中圭(西方仁也)、土屋太鳳(西方幸枝)、濱津隆之(原田雅彦)等で、飯塚健監督の作品です。

田中圭さんは1984年7月10日生れ、東京都出身、トライストーン・エンタテイメント所属の俳優です。2000年、中学3年でホリプロ主催の映画「死者の学園祭」の相手役オーディションに応募し、現事務所に紹介されて芸能界入りしました。2011年女優のさくらさんと結婚しました。2012年2月に長女が生まれました。2021年9月23日公開予定の映画「総理の夫」に出演しています。

土屋太鳳さんは、西方仁也さんを支えた妻・西方幸枝役を演じています。土屋太鳳さんは、1995年2月3日生れ、東京都出身、ソニー・ミュージックアーティスツ所属の女優です。2005年の角川映画、ソニーミュージック、Yahoo Japan合同主催のスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスで審査員特別賞を受賞し芸能界入りしました。2008年に映画「トウキョウソナタ」で映画デビューしました。2021年8月公開予定の映画「鳩の撃退法」に出演しています。

濱津隆之さんは、1981年8月25日生れ、埼玉県川口市出身、アニモプロデュース所属の俳優です。東洋学園大学卒業後、2005年にNSC東京校11期生に入所しました。NSC卒業後、DJに転身しました。エキストラ会社に登録し2011年より役者活動を開始しました。映画「カメラを止めるな!」で主演し、第42回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞しました。2019年2月から現事務所に所属しています。2021年公開予定の映画「二人小町」に出演しています。

飯塚健監督は、1979年1月10日生れ、群馬県渋川市出身の映画監督、脚本家です。2003年に、映画「Summer Nude」で監督デビューしました。2012年5月に女優の井上和香さんと結婚し、2015年7月に長女が生まれました。2021年公開の「FUNNY BUNNY」の監督をしています。

スポンサーリンク

試写会舞台挨拶は?

◎映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」の完成披露試写会は、2021年4月5日(月)16:00開場/16:30開演で、都内某所で開催されます(会場は当選した人に連絡されます)。40組80名を招待していましたが、応募の受付は終わりました。

◎2021年4月22日(木)18:00から、会場:全国のTOHOシネマズ、招待数:58会場4500組9000名、応募資格:auスマートパス会員、応募方法:auスマートパスの応募ページから応募できます。

◎報知映画賞・特選試写会「ヒノマルソウル」を開催
<試写会概要>
日時  4月13日(火)午後6時開場、6時40分開映
会場  一ツ橋ホール(神保町・日本教育会館3階)

【申し込み方法】
はがきに〒住所、氏名、年齢、性別、職業、(携帯)電話番号などをご記入のうえ、〒108-8484 報知新聞社事業部「ヒノマルソウル」係へ。4月5日(月)消印有効。その他募集と合わせて800人をご招待します。★新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で中止になる可能性があります。

◎映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」の舞台挨拶は、2021年3月29日現在は未定です。

まとめ

映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」について、あらすじ、出演キャスト、監督、試写会舞台挨拶について調べました。

映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」が、大ヒットすることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました