映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち撮影ロケ地はどこ?テストジャンパーとは何?

映画

2021年5月7日に映画「ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち」が公開されます。

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちは1998年に行われた長野オリンピックのテストジャンパーを題材としています。

映画のロケ地も気になりますし、テストジャンパーが何なのかも気になるところですね。

今回の記事では
・映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちの撮影ロケ地
・テストジャンパーとは何か
について紹介していきます。

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち出演キャストは監督は?試写会舞台挨拶は?
2021年5月7日から映画「ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち」が劇場公開されます。長野オリンピックがテーマの映画で、ロケ地は長野オリンピックが行われた白馬でした。 あらすじ 1998年の長野オリンピックのスキージャンプ団...
映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちあらすじネタバレは?原作は何?
いよいよ今年、延期となっていた東京オリンピックが開催されますね。今から各種競技を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。日本勢の活躍とメダル獲得についてが1番気になるところですが、それは冬季オリンピックについても変わりありません。 ...
スポンサーリンク

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たち撮影ロケ地はどこ?

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちのロケ地として一番代表的な場所は長野県白馬村にある白馬スキージャンプ競技場です。

白馬ジャンプ競技場では作品内で実際にジャンプするシーンで使用されています。

白馬ジャンプ競技場は平成4年11月に完成した施設で、スタート地点は地上約140mもある事が分かっています。

もともと白馬村は北アルプスのふもとにある事から夏は登山、冬はスキーとして多くの方が訪れています。

今回、白馬ジャンプ競技場の公式SNSでは映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちの撮影に関する投稿もありました。

ちなみに白馬ジャンプ競技場は展望エレベーターを使用してスタート地点まで登る事ができるので、見学したい方はぜひお越しください。

白馬ジャンプ競技場の詳細はこちらです。

所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城
料金:大人460円 子供280円

また、映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちは長野オリンピックを舞台にしているので長野県白馬村での撮影がメインとなっていました。

予告編でも長野県の白馬村が写っていましたね。

紹介した白馬ジャンプ競技場以外にも八方尾根や志賀高原なども使用されています。

しかし現時点ではどのシーンに使用されていたのかは確認できませんでした。

他にも作品の中には都内で撮影した部分があったことも分かっています。

都内で撮影に使われていた場所は「東宝スタジオ」です。

東宝スタジオといえば映画ゴジラシリーズの撮影が行われた場所でもあり、国内では最大規模のスタジオと言われています。

さらにスタジオの外壁には七人の侍やゴジラが描かれていたり、入口にはゴジラの像がある事で有名ですね。

残念ながら東宝スタジオは一般公開がなく、中を見学する事ができません。

しかし不定期で中を見学できるイベントが行われているようです。

タイミングが合えば映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちの撮影場所となったところが見られるかもしれませんね。

また東宝スタジオではゴジラや七人の侍が描かれた壁画は自由に見られるようなので一度足を運んでみるのも良いでしょう。

東宝スタジオの詳細はこちらです。

所在地:東京都世田谷区成城1-4-1
定休日:土曜日、日曜日

スポンサーリンク

テストジャンパーとは何?

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちでは1998年に開催された長野オリンピックでのスキージャンプを支えたテストジャンパーは舞台となっています。

しかしテストジャンパーと聞いても何なのか分からないですよね?

テストジャンパーというのはスキージャンプの競技が行われる際にジャンプ台に危険がないかを確認する方々の事を言います。

テストジャンパーは競技中に雪が積もってしまった時には何回もジャンプ台の雪を踏む事もあり、スキージャンプの競技では欠かせない存在となっています。

またスキージャンパーのほとんどがオリンピックに出場する事ができなかった実力者なんです。

長野オリンピックで金メダルを獲得した時に原田選手も「俺じゃないよ。みんななんだ」と言っていましたよね?

最初は一緒にオリンピックに参加した選手に対して向けた言葉だと思われましたが、実際はテストジャンパーの事も含まれていたんです。

テストジャンパーは選手が競技するにあたって危険性を確かめるだけでなくスタート位置までも決めなければいけません。

そのためテストジャンパーたちへのプレッシャーは実際にジャンプを行う選手と同じくらいだと考えられます。

だって自分たちの匙加減でスキージャンプの距離やスピードが決まってしまうのですもの。

そう考えると知識だけではかないません。

だからテストジャンパーには実力者が多いのかもしれないですね。

実際にジャンプして飛距離や速度を確かめなければいけませんし、選手のクセなども知っておかなければいけませんもの。

実際に長野オリンピックでテストジャンパーをした方の中には突然の負傷によって選手としての参加が叶わなかった方もいました。

その方は西方仁也という方でオリンピックに出場した原田選手とは同期の方だったようです。

西方さんは1994年に開催されたリレハンメルオリンピックに出場し団体で銀メダルを獲得した経験があります。

しかし長野オリンピック前に腰の負傷によって選手から外され、原田選手に声をかけられた事がキッカケでテストジャンパーとして参加していました。

長野オリンピックのスキージャンプの裏側には私たちには分からない裏側がたくさんあったんですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちの撮影ロケ地
・テストジャンパーとは何か
について紹介しました。

映画ヒノマルソウル舞台裏の英雄たちのロケ地として使用されたのは長野県白馬村にある白馬スキージャンプ競技場で都内では東宝スタジオが使用されていた事が分かりました。

また競技が行われる際にジャンプ台に危険がないかを確認する方々の事をテストジャンパーと言います。

今作の舞台となった長野オリンピックでは私たちの知らないスキージャンプの裏側が描かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました