ドラゴン桜2ネタバレ?原作漫画とドラマの違いは?2005年ドラマとの違いは?

ドラマ

「ドラゴン桜」といえば、2005年に放送された阿部寛さん、新垣結衣さん、山下智久さん等、豪華キャストが出演した人気ドラマですね。

「ドラゴン桜」が2021年4月から、「ドラゴン桜2」になって帰ってきました。

前作の「ドラゴン桜」でも、子供だけでなく、大人からも支持される話題のドラマとなったため、今回も人気が出ること間違いなしでしょう。

今回は、「ドラゴン桜2」のドラマと漫画の違いや、2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」と「ドラゴン桜2」の違いについて調査してみました。

ドラゴン桜(2021)第1話ロケ地龍海学園体育館や天野が落ちた海辺、坂本オフィス、水野弁護士事務所は?
2005年放送の第1シリーズ最終回では、視聴率20%越えを達成するほどの人気となったドラマ「ドラゴン桜」。その続編となる新たなる「ドラゴン桜(2021)」の放送が、2021年4月期TBS新日曜ドラマ枠でスタートしました。 原作は三田紀...
ドラゴン桜2桜木先生の敵、黒幕は誰?東大専科には誰が何人所属?原作ネタバレ
今回は帰ってきたあの人気ドラマ!「ドラゴン桜2」についてまとめていきます!1作目は2005年の7月から9月まで放送された人気作品です。三田紀房の漫画作品「ドラゴン桜」を原作に作られました。 そして、2021年4月25日から前作の15年...
スポンサーリンク

ドラゴン桜2 ネタバレ?ドラマと漫画の違いは?

「ドラゴン桜2」は、週刊漫画誌「モーニング」で、2018年から連載されており、2021年3月18日で最終回を迎えました。

進学校までなった高校は、理事長が変わり理事長代理として龍野が就任しており、そこから学校内の雰囲気が一気に変わっていってしまうのです。

東大合格者は年々減少しついには0人、しかし一方で、有名私立校への進学率は上昇傾向にあるという現状を聞いた、東大を卒業し桜木健二と一緒に弁護士をしている水野直美が、高校を改革することを計画します。

改革を決めた桜木健二がのちに理事長になり、水野直美は東大専門コースの担当になるというストーリーです。

ドラマと漫画の違いはあるのか調べてみましたが、ドラマ「ドラゴン桜2」には、原作の漫画にはいないオリジナルメンバーの原健太、瀬戸輝、岩崎楓が加わります。

以下、ネタバレを含みます。

原作の漫画では、天野晃一郎、早瀬菜緒、小杉麻里、藤井遼が見事東大に合格します。

ドラマ「ドラゴン桜2」では、天野晃一郎役を加藤清史郎さん、早瀬菜緒役を南沙良さん、小杉麻里を志田彩良さん、。藤井遼を鈴鹿央士さんが演じます。

原作の漫画にいないオリジナルメンバーたちが東大合格なるのか、気になるところですね。

ネットでは、オリジナルメンバーの合否を予想する人たちが続出しているようです。

また、漫画では「ドラゴン桜」から10年後のストーリーですが、ドラマ「ドラゴン桜2」では、16年後の2021年の設定というなっているという点も違いますね。

2019年度で、センター試験が廃止になり、2020年度から新たに大学入学共通テストが行われています。

舞台が2015年設定の漫画と2021年が舞台になっているドラマとでは、SNSやネットを駆使した勉強法を取り入れていたり、テスト内容も違ってきそうですね。

スポンサーリンク

ドラゴン桜2 2005年ドラマとの違いは?

「ドラゴン桜」と「ドラゴン桜2」は、時代設定が違うのはもちろん、「ドラゴン桜」では、当時とても荒れて、廃坑になりそうな偏差値36の龍山高校に、弁護士である桜木健二(阿部寛さん)が改革を起こし、東京大学の合学者を出す有名人学校へと育て上げるというストーリーでした。

しかし、「ドラゴン桜2」では、東大合格者は出していないものの、有名私立大学の合格者は増加している進学校であるという点が違いますね。

また、桜木健二とともに一緒に弁護士をしている水野直美(長澤まさみさん)も学校の改革に加わるという点が違います。

また、2005年の「ドラゴン桜」では、新垣結衣さん、山下智久さん、紗栄子さん、小池徹平さん、中尾明慶さんが生徒役を演じ、理事長は野際陽子さん、東大クラスの担当は長谷川京子さんが演じていました。

しかし、「ドラゴン桜2」では、高橋海斗さん(King&Prince)、平手友梨奈さん、加藤清史郎さん、鈴鹿央士さん、志田彩良さん、細田佳央太さん、佐野勇斗さんが生徒役を演じ、理事長は江口のりこさん、東大クラスの担任を長澤まさみさんが演じます。

江口のりこさんは、前作「ドラゴン桜」では、新垣結衣さん演じる香坂よしのを惑わす暴走族役として出演していましたね。

前作で出演していたメインキャストは、阿部寛さん、長澤まさみさん以外は「ドラゴン桜2」には出演しないということですね。

2005年に放送された「ドラゴン桜」は、長澤まさみさんや山下智久さん等、すでにブレイクしている方ばかりでしたが、2021年4月から放送される「ドラゴン桜2」は、これからブレイクしていくだろうと思われる方がたくさん出演していますね。

「ドラゴン桜2」の生徒役には、ドラマ初出演のメンバーもいるので、ネットでは演技が見られるのが楽しみだと話題になっています。

スポンサーリンク

まとめ

2005年に放送された人気ドラマ「ドラゴン桜」と2021年4月から放送される「ドラゴン桜2」の違い、漫画とドラマの違いについてご紹介しました。

「ドラゴン桜2」は、原作の漫画にはいないオリジナルメンバーも加わっているということで、オリジナルメンバーが東大に合格できるのかが注目されています。

また、「ドラゴン桜2」に生徒役で出演するキャストたちは、これからブレイクしそうな芸能人ばかりで、ドラマ初出演のメンバーもいます。

その点も見どころですね。放送が楽しみです。

ドラゴン桜2005を、今すぐ無料で見る

2005年に放送された「ドラゴン桜」は、
動画配信サービス「Paravi」で
第1話から最終話まで配信されています。
今すぐ おためし無料
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。

「ドラゴン桜」の原作漫画をお得に読む方法

「ドラゴン桜」の原作漫画は、三田紀房による漫画作品。『モーニング』(講談社)で連載されました。
2003年から2007年まで、講談社の漫画雑誌『モーニング』にて連載された。単行本は全21巻、話数は全194話。

続編である『ドラゴン桜2』が2018年から2021年まで連載された。話数は全139話。

U-NEXTだと2冊無料で読むことができます。お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、全部読むことができますね。

今すぐ 無料おためし

コメント

タイトルとURLをコピーしました