今ここにある危機とぼくの好感度について第1話ロケ地真が勤務するキャンパスや新聞部部室、みのり見かけた路地は?

ドラマ

2021年4月よりNHK「土曜ドラマ」枠では、朝の連続テレビ小説「カーネーション」などを手掛けた脚本家・渡辺あやさんが脚本を務めるオリジナルドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」が放送されます。

主演の松坂桃李さんが大学の広報室を舞台に、人が現代社会で生きていく上で直面するとされる様々な問題に、時にブラックな笑いを織り交ぜながら迫る物語。

そこに待っていたのはどんな問題だったのか、まずは第1話の内容について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

今ここにある危機とぼくの好感度について 第1話公式あらすじ

イケメンアナウンサー・真(松坂桃李)は当たり障りのない発言だけを心掛けて来たが人気が低迷。恩師・三芳(松重豊)の誘いで大学の広報マンに転身する。石田(渡辺いっけい)率いる広報課に着任早々、須田(國村隼)、鬼頭(岩松了)ら理事たちに呼び出された真は、スター教授・岸谷(辰巳琢郎)の論文不正を告発した非正規研究者・みのり(鈴木杏)に接触するよう命じられる。彼女は大学でほんの一時期付き合った元カノだった。

<引用>今ここにある危機とぼくの好感度について 公式

スポンサーリンク

今ここにある危機とぼくの好感度について 第1話に登場したロケ地・撮影場所

日本大学文理学部 東京都世田谷区桜上水3-25-40

真が広報として勤務することになる帝都大学キャンパス

公式HP:

日本大学文理学部 | アクセス
日本大学文理学部は、「文」と「理」の融合を特色とした教育と研究を行っています。人文系・社会系・理学系の3系統18学科の複合学部のメリットを活かし、総合的・学際的な教育を基礎として、教養教育と専門教育を有機的に結びつける教育を実現しています。

自由学園明日館 東京都豊島区西池袋2-31-3

広報の会議が行われていた部屋

公式HP:

重要文化財 自由学園 明日館
東京池袋にある重要文化財「明日館」のホームページ。建物のほか、催事情報などをご案内しております。

国立天文台 第一赤道儀室 東京都三鷹市大沢2-21-1

地下に帝都大学新聞部の部室がある建物外観

公式HP:

国立天文台(NAOJ)
国立天文台は、世界最先端の観測施設を擁する日本の天文学のナショナルセンターです。大学共同利用機関として全国の研究者の共同利用を進めるとともに、共同研究を含む観測・研究・開発を広く推進し、また国際協力の窓口として、天文学および関連分野の発展のために活動しています。

珈琲亭ルアンの前 東京都大田区大森北1-36-2

喫茶店から出てきた神崎がコウスケとみのりを目撃した場所

スポンサーリンク

今ここにある危機とぼくの好感度について 第1話撮影協力(エンドロール)

日本大学文理学部 城西大学 国立天文台

今ここにある危機とぼくの好感度について 第1話感想

元キャスターの神崎真が引き受けた大学広報という仕事。炎上を避け、当たり障りないだけでなく、中身も伴わないコメントで世の中を渡ってきたという彼には、ピッタリの役職のようでしたね。

そんな真に、任された論文不正問題のもみ消し。非正規雇用の研究員(ポスドク)・木嶋みのりが告発したというこの問題。真の元カノなのだから、その関係でうまく処理してくれということだったようですが、そもそもみのりの存在自体が真の記憶にないという事態。

みのりの名前を聞いて女性の顔を多数思い浮かべる時点で、おそらく深い付き合いではなかったのでしょうし、3か月くらいというのも適当に言っただけなのでしょう。

でも、それを十分な長さだと判断し、煽るかのような大学側の行動に、事態が収まりさえすればいいという自分勝手な都合を見た気がしました。

真もまた、あくまでも自分が不利にならないように、そして、自分の行動が原因で交渉が失敗したと思われることがないようにという、保身のためだけの行動というところにズルさを感じましたね。

それに比べて、みのりの行動は、覚悟を決めた告発という潔さを感じました。最後に新聞部のコウスケと会っていたところを見ると、記事へのリークもみのり自らの行動なのかもしれないですね。

真が必死に火消しに走らされたのに、結局は三芳総長がみのりの話に心動かされてしまい、不正を認めるという方向になってしまった帝都大学。この状況にどう対抗していくのか、第2話の展開が楽しみですね。

今ここにある危機とぼくの好感度について 第2話公式予告

真(松坂桃李)の説得が失敗し、元カノで非正規研究者のみのり(鈴木杏)は、岸谷教授(辰巳琢郎)の論文不正を世間に告発。大学当局は本調査に乗り出すことを余儀なくされる。だが、理事の須田(國村隼)らから過小報告のプレッシャーを受けた調査委員・上田教授(国広富之)が倒れてしまい、みのりもなぜか調査への協力を拒み始める。そんな中、大学で一、二を争う変人・澤田教授(池田成志)が調査委員を継ぎ、真を訪ねてくる。

<引用>今ここにある危機とぼくの好感度について 公式

今ここにある危機とぼくの好感度について 今すぐ無料で見る

今ここにある危機とぼくの好感度について」は
動画配信サービス「U-NEXT」でフル動画で
第1話から最新話まで配信中。
今すぐ 無料おためし
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました