映画明日の食卓あらすじネタバレは?原作は?犯人は?ラストはどうなる?

映画

現代の日本において、決して他人事にできない”母と子”をテーマにした衝撃作『明日の食卓』が2021年5月28日に公開されることが発表されました。

同名小説を原作にし、出演者には女優の菅野美穂さん、尾野真千子さん、高畑充希さんといった豪華な顔ぶれが揃っています。

母子のリアルで衝撃的なストーリーを、社会派エンタテイメントとして作り上げ、誰もが”もし自分だったら”と考えさせられる作品になっているようです。

今回は、そんな映画『明日の食卓』について、あらすじや原作、ネタバレなどもご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画明日の食卓あらすじネタバレは?

この作品では、別々の人生を歩んでいる3人の母親が同姓同名の息子『石橋ユウ』という子供を通して、誰にでも起こりうる育児の問題と向き合うことになるストーリーとなっているようです。

〈あらすじ〉

神奈川県でフリーライターとして働く石橋留美子は、フリーカメラマンの夫と2人の息子と幸せに暮らしていました。

そしてやんちゃ盛りの小学3年生・悠宇と小学1年生の弟に、振り回されながらも充実な毎日を過ごしてたのです。

その頃、静岡県で専業主婦として暮らす石橋あすみは、夫と10歳の息子・優と過ごしています。そして一方、大阪ではシングルマザーの石橋加奈が1人息子の勇を育てながら朝から晩まで必死に働いていました。

そんな、別々の場所で息子『ユウ』を育てる3人。そしてある日、ニュースで『石橋ユウ』という子供が母親から虐待を受け死亡したという報道が流れます。

それぞれの子育てと子供との接し方に向き合い始めた3人の母親。果たして、『石橋ユウ』を殺したのは誰なのか?!

<ネタバレ>

留美子の夫は仕事が激減し、自宅で過ごすことが増えたにも関わらず仕事と家事、育児に追われる留美子の手伝いを全くしようとしません。身勝手な夫は、留美子に手をあげ始めますが、そこへ長男の悠宇が止めに入ります。

そんな悠宇にまでも暴力をふるった夫に、家を出ていくように言い放った留美子は自身の仕事部屋へとはいりますが、疲れ切った留美子が入った仕事部屋は子どもたちによって荒らされていたのでした。その部屋を見た留美子は、思わず悠宇に暴力を奮ってしまい悠宇の頭を床に打ち付けてしまうのでした。

その頃、あすみはというと、聞き分けがいいと思っていた優が実はクラスでイジメをしていたという事が発覚し、優に友達に謝るように説得していました。しかし、聞き分けのいいと思っていた優は、心なく謝るだけで全く悪気が感じられなかったのです。

そんなある日、優が義母に向けた言葉で優と夫が喧嘩になり、夫が優に手をあげるのでした。そして大阪では、朝から晩まで必死に働く母親・加奈の姿を見ていた勇は、少しづつ料理を覚え、1人で台所に立つ時間が増えていました。

そんな時、カップラーメンにお湯を入れようとして、誤ってお湯をこぼしてしまった勇は大やけどをおってしまいます。診察した病院から虐待を疑われた加奈でしたが、母親のせいではないという必死の勇の訴えによって、加奈の疑いはれるのでした。

3人が、それぞれの子育てに悩みを抱える中、ニュースで”小学3年生の石橋ユウ”が虐待によって死亡したという報道が流れます。その母親の名前は石橋耀子。

彼女は、兄弟喧嘩をしていたユウと弟の仲裁に入った際、口答えをしてきたユウに怒り狂いユウの頭を強く打ち付けてしまったのでした。

そのニュースを耳にした3人は、自分だったかもしれないという耀子の人生と亡くなった「ユウ」の存在に思いを馳せるのでした。

スポンサーリンク

原作は?犯人は?ラストはどうなる?ネタバレ

<原作>

今回の映画『明日の食卓』の原作は、椰月美智子さんによる長編同名小説です。
2016年に単行本が刊行されると、その衝撃的な内容に注目が集まりました。

<犯人・ネタバレ>

原作では、冒頭で「ユウ」という子どもが殺されたという情報が書かれているだけで、いったい3人のどの「ユウ」なのかが明かされていません。

最後まで読み進めると、その「ユウ」とは登場する3人の「ユウ」の誰でもなく、別の「ユウ」という事が分かり、殺した母親も留美子・あすみ・加奈の誰でもないことが分かります。

”犯人は誰なのか!?””どの「ユウ」が殺されたのか”という一番知りたい情報が、最後まで明かされないのは、読み手としてはハラハラ・ドキドキと楽しみながら読むことができますね。

原作小説の「明日の食卓」は
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
無料お試し!今すぐクリック!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック
スポンサーリンク

まとめ

現在日本でも、社会問題となっている子どもへの虐待。

親が子どもを虐待するといういうことはプライベートな生活に踏み込む事となる為、なかなか入り込めない問題となっています。そんな難しい問題だからこそ、母親は子育てに悩み、子どもと向き合いながら手探りで毎日を過ごしているのです。

そんな問題を他人事とするのではく、もし自分だったらと置き換えながら、真摯に向き合うことのできる作品になっているように感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました