コロナ変異株に現行のワクチンの効果は?変異株ようのワクチンは製作される?どの段階?

ニュース

2021.5.10

2021年6月7日の厚生労働省の発表によると、4日までに新型コロナウイルスの変異株の疑い例が累計1万3836人になりました。都道府県別では、東京都が2789人で大阪府の2472人を上回りました。

コロナウイルス再び蔓延の要因は?第4波は来るのか?緊急事態宣言はGOTOキャンペーンは?
2021.4.5 2021年4月5日から、宮城県、兵庫県、大阪府の3府県において、新型コロナ感染症のまん延防止等重点処置を適用されることが分かりました。適用期間は4月5日から5月5日まで、指定地域では知事が飲食店などに営業時間の短縮を...
コロナワクチン若年層の副反応の可能性は?リスクあるのか接種すべき?
2021.6.7. 現在接種を進めているコロナワクチンは、高齢者に対しても高い発症予防効果があり、副反応は若年層の方が、高齢者より出やすいことが分かりました。 従来のワクチンは、高齢者に対して効果...
コロナウイルス第四波拡大により経済はどうなる?給付金再給付もあるのか?
2021.4.12 2021年4月12日から東京、京都、沖縄の3都府県に対して「まん延防止等重点措置」が適用されています。東京都では5月11日まで、京都と沖縄は5月5日までと正式に適用期間が決定しています。 ...
コロナワクチン一番安全なのは?ファイザーモデルナアストラゼネカ日本で接種可能なのは?
2021.5.24 2021年5月24日午前8時から、東京と大阪において大規模接種センターにおけるコロナワクチン接種が始まりました。東京都千代田区大手町の会場には、午前6時半頃から高齢者が集まっています。 大規模接種センターでは...

変異株現状

関西圏では変異株「N501Y」が主流になり、東京都や愛知県でも屁に株への置き換わりが進んでいます。変異株ウイルスの疑い例が増えている現状に対して、厚生労働省は「今後も注視していく必要がある」と注意喚起しています。

2021年5月8日に、カナダのブリティッシュコロンビア大学の研究チームにより、新型コロナウイルスの変異株「N501Y」がヒト細胞表面の受容体タンパク質へ結合する部分の立体構造の解明結果が発表されました。

変異株は、変位前に比べて結合しやすくなる化学的性質を持つことが確認されました。新型コロナウイルスは、突起状のスパイクタンパク質が、ヒト細胞表面の受容体タンパク質に結合し感染します。

「N501Y」の変異があるスパイクタンパク質をヒトACE2に結合させて、「クライオ電子顕微鏡法」で観察し、N501YのチロシンがACE2アミノ酸のチロシンとリシンの間に結合することが判明しました。

ワクチンの効果を確認するために、N501Yのスパイクタンパク質にワクチンが取り付く様子を確認した。変位前に比較して、1種類のワクチンは変わらなかった。影響を少し受けるワクチンもあった。

2021年5月9日現在、高齢者の新型コロナウイルスのワクチン接種が各地で本格化し、自治体への申し込みが殺到しています。

横浜市では、5月3日から80歳以上の市民約34万人を対象に受付を始めました。横浜市は1分間100万件の申し込みに対応できるようにしていましたが、200万件が集まり、45分で受付を中止するトラブルがありました。

横浜市は、1分間600万件を処理できるようにサーバーを強化して、5月6日までに7万8509回分の予約を受け付けた。横浜市はサーバーの再増強、個別発送日の調整により集中を緩和させる予定です。

名古屋市は、高齢者60万人を対象にコールセンターを100回線で始めました。アクセスが集中し、繋がらなくなり市民が区役所へ詰めかけました。次の7月分の予約では、電話回線を5月に150回線、6月に200回線に増やします。ネット予約やかかりつけ医での個別接種を推奨しています。

神戸市では大学生を「お助け隊」にして区役所で受付けて、高齢者のネット予約の支援を行いました。大型連休中に160人がサービスを利用しました。福島市も、学生サポーターを市役所に配置し、高齢者のスマホ予約を手助けしています。

5月8日に、日本感染症学会は、新型コロナウイルスの感染拡大のなか、横浜市内において「変異株に関する緊急シンポジウム」を開催しました。シンポジウムの中で専門家が「変異株は、従来株より感染力が強く全く別のウイルスと考えていい。ワクチンが十分行き渡るまでは強力な対策を取らざるを得ない」と発表しました。

国立感染症研究所の鈴木基・感染症疫学センター長は、英国型変異株の感染力は従来株の1.5倍であると報告しました。大阪の新規感染者数が下がらないことから「従来と同じ対策では全く立ち行かない新しいウイルスが出てきていると考えなくてはいけない」と述べました。

特に、変位株は40、50代において重症化リスクが高くなる傾向が見られ、危機感を持って対応する必要があります。国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長は「変異株を封じ込めれるチャンスはごくごく初期に限られる」と指摘しています。

変異種のワクチン開発

英国オックスフォード大学とアストロゼネカは、変異株へのワクチンの微調整は比較的早く進めることができて、小規模な臨床試験を行った後、実用化されると報告しました。

既存のワクチンは、変異株にも有効であると言われていますが、ワクチンによっては、有効性がわずかに劣る可能性があります。英国・グラクソ・スミスクライン(GSK)などが変異株に対応するワクチンの開発を急いでいます。

米国・モデルナは、変異株に対応するワクチン候補の開発に、米政府の研究者とともに取り組んでいます。南アフリカ型の変異種は、既存ワクチンに耐性がある可能性があるので、変異株に対応するワクチン候補を選定して、米国立衛生研究所(NIH)へ送って評価しています。

変異種に対応するワクチンの投与方法は、
① 変異株に対応した新たなワクチンの直接接種
② 既存のワクチンとの混合ワクチンとして接種
③ 既存のワクチンを3回接種
が検討されています。
ワクチン未接種者を対象に1回目の接種で、変異株に対応したワクチンや混合ワクチンの接種についても検討します。

日本国内でも、変異株に対応するワクチンの開発を進めています。
アンジェスは、ウイルスの遺伝情報を生かしたDNAワクチンを開発中ですが、現在開発中のワクチンに加えて、南アフリカ型、ブラジル形などの変異株に対応するワクチンを開発中です。

塩野義製薬は、組換えタンパクワクチンを開発中ですが、変異株に対して免疫を付与する物質を調査中です。

今回の緊急事態宣言解除はいつになる?宣言地域追加もあるのか?
2021.5.1. 2021年4月25日から、3回目の緊急事態宣言が始まりました。5月11日までの短期間(2週間余り)の間で、緊急事態宣言を解除する水準まで、感染を抑制できるのか心配されています。 3回目の緊急事態宣言の対象は、...
コロナウイルス変異体各種通常のと症状の違いは?ワクチンは効果ある?
2021.4.10. 2021年4月7日現在、全国的に新型コロナウイルス変位型の感染者数が増加していて、2月末から3月末にかけて全国において1週間当たりの感染者数は14倍に急増したことが分かりま...
コロナワクチン一般接種はいつ始まる?接種予定の順番は? その他ワクチン関係情報
2021.4.1. 各地で満開の桜が見られる季節がやってきましたね。清々しい気持ちで新しい一歩を踏み出す方も多いのではないでしょうか?一昨年までは、より多くの人と別れや新しい出会いに胸を馳せていたと思いますが、今年もそれはまだ出来ない...
GW明けコロナ感染者は増加減少する?緊急事態宣言は予定通り解除される?人の出はどうなる?
2021.5.7. 2021年5月6日のGW開けをむかえ、期限が5月11日までの緊急事態宣言の延長について話題になっています。菅首相は、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の効果について「大きな狙いの一つでありました人流については、間違...

まとめ

英国ではmRNAワクチンの1回接種で、家庭内感染が最大半分になる研究結果が発表されています。ワクチン接種による感染防止効果が認められています。

日本でも高齢者のワクチン接種が本格的に始まり、感染防止に効果があることが期待されています。変異株の出現により既存ワクチンの効果が弱まる可能性があると言われ、変異株に効果があるワクチンの開発が要望されています。

新型コロナウイルスの変異株に対応するワクチンが早期に開発され感染症の収束することを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました