コブクロ黒田不倫いつの話?活動自粛するの?不倫相手が自殺未遂の理由は?

ニュース

2021年5月12日発売の週刊文春で、コブクロ黒田俊介が30代女性と不倫し、その女性が自殺未遂したことについて報じました。コブクロ黒田俊介は、12日発売の週刊文春の出版差し止めを請求する仮処分申立書を東京地裁に提出しましたが、11日に却下されました。

一連の騒動

コブクロ黒田俊介は、公式サイトで「記事に掲載されている女性、ご家族に対して大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」「黒田の不徳のいたすところであり、大変責任を感じております」と謝罪しました。

文春はコブクロ黒田俊介と女性の不倫関係は2019年秋から始まり、2020年に関係が悪化しました。精神的に不安定になった女性は、コブクロ黒田俊介の自宅のポストに、コブクロ黒田俊介とのLINEのやりとりを投函するなどした。

コブクロ黒田俊介は、女性の言動をストーカー行為として、コブクロ黒田俊介の代理人弁護士が警察へ相談するなどしてトラブルに発展し、女性が4月に自殺未遂を図ったと報じています。

コブクロ黒田俊介は、1977年3月18日生れ、大阪府堺市出身、大阪体育大学浪商高等学校卒業、ミノスケオフィスコブクロ所属のミュージシャン、作詞家、作曲家、YouTuberです。

1998年にコブクロ黒田俊介は、小渕健太郎に出会ってコブクロを結成しました。2001年にメジャーデビューを果たし、ファーストシングル「YELL」がヒットしました。2005年に「NAMELESS WORLD」がオリコン1位になり、NHK紅白歌合戦に初出場しました。

コブクロ黒田俊介は、大阪聖徳学園社会体育専門学校へ進学し、その後2005年に同級生の女性と結婚しています。コブクロ黒田俊介は、子供が3人います。

長男は2007年9月8日生れ、次男は2011年4月18日生れ、三男は2016年4月28日生まれです。コブクロ黒田俊介は、ファンから子煩悩パパとして知られています。子供の存在が音楽活動の活力になっています。

コブクロ黒田俊介の嫁さんは、大阪聖徳学園社会体育専門学校の同級生です。2005年、28歳で結婚しました。コブクロの「永遠にともに」は結婚式の定番ソングになっている名曲です。コブクロ黒田俊介の結婚前の2004年に発売されていますが、コブクロ黒田俊介と嫁さんの愛を歌にしたのでしょうか。

コブクロ黒田俊介の嫁さんは、コブクロの下積み時代からコブクロ黒田俊介を支えてきました。1998年にコブクロを結成し、2001年にやっとの思いでメジャーデビューできて、2005年に結婚しました。

コブクロ黒田俊介は子供が生まれた時に、コメントを発表しています。
長男(2007年9月8日生れ)が生まれたとき、
「ファンの皆様やスタッフの方々のおかげで、充実した音楽生活を送らせてもらっています。今後ともより一層、音楽活動に力を注いで参りたいと思います」とコメントしています。

次男(2011年4月18日生れ)が生まれたとき、
「大変な時期ですが、子供はいつの時代も希望の光、守るべき家族が増え頑張りたい」とコメントしています。

三男(2016年4月28日生まれ)が生まれたとき、
「新しい命を授かり、感謝と共に気の引き締まる思いです。これからも音楽活動を頑張りたい」とコメントしています。

コブクロ黒田俊介は、結婚1年目の多忙を極めていたときに、すれ違いにより離婚間近という噂が流れたことがありました。その後、3人の子供が生まれ、離婚することはなく、大阪の豊中市と東京の世田谷区に豪邸を建築しました。

コブクロ黒田俊介の名曲「永遠にともに」のファンは、今回の不倫報道を聞き、不倫相手が自殺未遂したと報じられたことで、ネット上にショックを受けたコメントがあふれています。

レコード関係者は「これで2人ともが不倫と書かれて、また『永遠にともに』は歌いづらいのでは? 白々しい気持ちになるファンもいるでしょうから。前は陣内のせいだったかもしれませんが、今度は本人たちの責任ですね」と語っています。

コブクロ小渕健太郎は、2016年10月に不倫疑惑が報じられていて、二人が不倫したことに、ネット上では驚きの声が続出しています。「コブクロ黒田に不倫報道が出たけど、相方の小渕も何年か前に不倫報道されてますから、もう不倫がテーマの曲とか歌えばいいのに」と皮肉を言う人も現れています。

コブクロ小渕健太郎は、1977年3月13日生れ、宮崎市出身、宮崎県立宮崎工業高等学校卒業、ミノスケオフィスコブクロ所属のミュージシャン、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、YouTuberです。

コブクロ小渕健太郎は、実家が日本民謡を教えていて、小さい頃から音楽に興味を持ちました。高校時代にギターを持ち、文化祭やライブに出ていました。1995年にサニックスに入社し、貝塚営業所に勤務し、1997年に中学時代の同級生の女性と結婚しました。

コブクロ小渕健太郎は、1998年に堺支店に転勤し、ストリートライブを始めました。路上で黒田俊介に出会いました。小渕健太郎がギターを弾き、黒田が歌って名曲「桜」が生まれました。

コブクロ小渕健太郎は、2008年12月9日に双子(長女、長男)が生まれました。2016年10月に、「週刊新潮」が不倫疑惑を報じました。相手の女性は30代のタレントで、2004年に小渕健太郎に出会い、交際に発展しました。女性は、そのとき、小渕健太郎が宮崎出身の有名モデルと肉体関係があるとバラしています。

コブクロ小渕健太郎の不倫の2人目は、大阪北新地の当時38歳のホステスでした。そのとき、音楽業界で小渕健太郎は「セックス依存症ではないか」と噂され、ローカルタレントや女子アナ、番組ADなど無数の女性との関係が噂されました。

スポンサーリンク

まとめ

コブクロ小渕健太郎に続いて、コブクロ黒田俊介の不倫報道と相手女性の自殺未遂が報じられて、コブクロファンは困惑しています。「コブクロの黒田が不倫して相手が自殺未遂って文春砲ですか。

以前は小渕の不倫を新潮が報じてたが、2人揃って不倫好きだったのか」という声が上がっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました