桜の塔第4話ロケ地上條の父が勤務していた交番や権藤と会っていた神社、優愛ドレス選ぶショップは?

ドラマ

玉木宏さんが父の無念を晴らし、警察トップを目指す上條漣を演じるドラマ「桜の塔」。

拳銃横流し事件に際し、情報を入手するためにとゆさぶりをかけた結果、自身が関わる裏金問題を苦に、馳が自殺を図ってしまうという事態に。

一命こそとりとめたものの、仲間を巻き込んでしまったことに心を痛める上條。更に、拳銃横流し事件を裏で誘導していたのは、自身の身近な人間ではないかと疑いの目を向けます。

真相に近づき始める中、第4話ではどんな事実が明らかになっていったのか、ロケ地情報と共に、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

桜の塔 第4話公式あらすじ予告

 昇進に伴う異動で、警視庁警務部の監察官となった上條漣(玉木宏)は、借金返済のために押収品を横流しして依願退職処分となった元警視庁捜査一課の刑事・高杉賢剛(長谷川朝晴)を裏で操っていた人物を突き止める。その人物とは…漣の父親代わりであり、情報屋としても暗躍する元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)だった!刈谷はどんな目的があって、高杉に横流しのノウハウを教え、事件を起こさせたのか――。理由を問いただす漣に、刈谷は警察官だった漣の父・勇仁(岡部たかし)が派出所で“自殺”した23年前の事件を警視庁の上層部に思い出させるためだ、と告白。勇仁は“自殺”ではなく、派出所を訪れた何者かに首を括るよう強要されたのだ、と衝撃の言葉を続ける。しかも勇仁は死ぬ直前まで、当時後輩だった小宮志歩(高岡早紀)が嗅ぎつけた、今回と同じ手口の押収品横流し事件の真相を追っていたというのだ!
刈谷と志歩から、すべては警視庁内で幅を利かせる「薩摩派」派閥によって仕組まれた可能性が高いと聞いた漣は、必ずや父を死に追いやった犯人を突き止めることを決意。幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)に協力を仰ぐことに。漣を囲っている「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は自らの派閥への悪影響を危惧し、復讐をやめさせようとするが、漣は聞く耳を持たず…。

<引用>桜の塔 公式

スポンサーリンク

桜の塔 第4話ロケ地

小仙波町地域自主防犯ステーション(ら館) 埼玉県川越市小仙波町2-11-3

死の前、上條の父が勤務していた西反一丁目派出所

浦和斎場 埼玉県さいたま市桜区大字下大久保1523-1

上條の父の葬儀が行われていた祭場

公式HP:

【公認】浦和斎場ホームページ
浦和斎場はさいたま市の市営斎場です。通夜...

目黒区役所 東京都目黒区上目黒2-19-15

晴海総合病院の屋上

公式HP:

目黒区公式ホームページ

アクア・グラツィエ 表参道 グランドサロン 東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル2F・3F

優愛と上條がドレス選びを行っていたドレスショップ

公式HP:

表参道グランドサロン | SHOP | アクア・グラツィエ | ACQUA GRAZIE
アクア・グラツィエの表参道グランドサロンについてご案内いたします。

並木橋OLDHAUS 東京都渋谷区東1-26-32

父の形見のスキットルに刻まれていた住所にあった古民家

公式HP:

渋谷唯一の一軒家(庭付き)撮影スタジオ【オールドハウス】
渋谷の並木橋にある貸しスタジオ。伝統的な和の雰囲気と、西洋のモダンな様式が混在し、昭和初期にタイムスリップしたかのような空間です。敷地には煉瓦造の蔵や緑豊かな庭が楽しめます。

渋谷氷川神社 東京都渋谷区東2-5-6

23年前、権藤が上條の父に対し、告発を諦めるように説得した神社

公式HP:

氷川神社【渋谷氷川神社】 - 東京都神社庁

スポンサーリンク

桜の塔 第4話撮影協力一覧(エンドロール)

銀座ウォータータワー STUDIO STANDARD デイナイト 川越フィルムコミッション
bisser六本木店 浅草 中華 太陽 華飾スタジオ 目黒区役所 アパートプラザグループ
さいたま市ロケーションサービス 株式会社天極 稲城市 稲城ロケーションサービス
稲城市立病院 アクア・グラツィエ 表参道 グランドサロン 公共建物株式会社

桜の塔 第4話の感想

高杉の拳銃横流し事件、その黒幕は、父のように慕っていた刈谷でした。上條には衝撃的すぎる事実ではありましたが、その理由は、23年前の上條の父の死の真相をあぶり出すためというもの。

上條の父の死が自らの意志ではなく、強要されたのではという疑惑に、薩摩派が怪しいと睨んだ上條。偶然も重なり、次々と集まってきた手がかりによって、辿り着いた1人の人物こそが権藤でした。

問いただす上條に、自分は横流しの実行役ではない。上司と部下という関係から、告発しようとする上條の父を止めるように説得を委ねられ、息子を路頭に迷わせないようにするためにも、告発をやめるように話しただけだとの告白。

認識していた時点で明らかに同罪であるのに、自分の非を認めようとしない権藤を突き動かしたのは、尊敬している父に、それは真実かと問う権藤の息子の言葉でした。

かつて上條の父がそうしたように、息子と正しく向き合い続けるために、勇気がなかったかつての自分を詫びた権藤。

それならばなぜ、拳銃を突きつけて父に自殺を強要したのかと、証拠の映像を突きつけるも、それは自分ではないとの答え。言い逃れのように思えるこの証言に偽りはなく、上條の父の死を見届けていた人物の正体こそ、上條が属する派閥のトップ・千堂でした。

信頼していた人物こそが黒幕だったという展開は、この手の作品によくある展開のようにもいます。ただ、千堂があまりにもあっさりと認めているところに、このまま解決へと向かうわけではないような気がしてなりません。

次回で第1部が完結編を迎えるとのこと。この放送は見逃せませんね。

桜の塔 第5話公式予告


今から23年前に、警視庁で幅を利かせる「薩摩派」派閥の幹部が中心となり、組織ぐるみで行っていた押収品の横流し事件――。その真相を告発しようとしていた警察官の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”に追い込んだのが、自らが所属する「外様派」派閥のトップである刑事部長・千堂大善(椎名桔平)だと知った警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木宏)。追及された千堂は、勇仁に告発させないよう卑怯な脅しをかけ、“自殺”へ誘導したことを認める。だが、唯一の証拠である防犯カメラのビデオテープは画像が粗く、たとえ科捜研でも居合わせたのが千堂本人だと特定するのは不可能…。千堂は不気味なまでの自信をにじませながら、「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」と言い放つ。
前途を絶たれ、怒りと悔しさに身を震わせる漣。だが、彼は諦めなかった。狡猾な千堂のことだから、ほかの事件でも不正や汚職に手を染めているはずだ。――そう考えた漣は、殺された父の復讐を心に誓う!
漣は告発材料をあぶり出すため、千堂らと次期警視総監の座を争っている「東大派」派閥の警務部長・吉永晴樹(光石研)に相談。千堂の失脚を望みつつも、漣と手を組むのは危険だと判断した吉永は協力を拒否するが、ふと独り言のように「5年前の傷害事件でなぜ犯人が捕まらないのか不思議でならない」と漏らし…!?
これは何かのヒントだと察した漣は、幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)と共に、傷害事件の資料を精査。千堂が事件捜査の指揮をとっていたことを知る。そんな中、漣は婚約者である千堂の娘・優愛(仲里依紗)の何気ない話が引っかかり…。

<引用>桜の塔 公式

テレビ朝日木曜ドラマ桜の塔あらすじネタバレは?出演キャストは?
さて、今回は新作ドラマについての話題です!最近ではドラマを見る人が減り視聴率が減少しがちですが、そんな中でも高い視聴率で話題となるドラマがいくつかありますよね。その中でも2019年に放送された『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』では、ネ...
桜の塔第1話ロケ地?上條が訪れたカフェや高級クラブ、立てこもり事件の現場は?
2021年4月期、テレビ朝日が木曜の夜にお届けするのはドラマ「桜の塔」です。 大ヒットドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」を手掛けた脚本家・武藤将吾さんが、警察を舞台に描く完全オリジナルストーリーなるこの作品。 主演の...
桜の塔第2話ロケ地?連続ボーガン事件の現場や水樹父営むラーメン店、上條大善と話す射撃場は?
4月15日よりテレビ朝日系で放送中のドラマ「桜の塔」。 警察組織のトップを目指す、玉木宏さんが演じる上條が見せる表の顔と裏の顔。その二面性に見事に騙された第1話は、世帯平均視聴率13.5%を記録する好スタートとなりました。 続く...
桜の塔第3話ロケ地優愛と食事するレストランや馳が入院する病院、水樹班が捜査する廃工場は?
4月15日よりテレビ朝日で放送中の玉木宏さん主演のドラマ「桜の塔」。 これまでも様々な役どころをこなしてきた玉木さん。このドラマで演じる野心に満ちた上條という役どころが視聴者の心をつかみ、第2話の視聴率も2桁をキープしています。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました